So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

(1)教育ノートから「教師」 ③ (2)私の「夜間中学」教師体験記・命の光がいっぱいの教室 いっぱいの学校 ① 夜間中学校教論・松崎運之助 『致知』2004.3【再掲載】

今回は、1月19日に続いて、要約した教育ノートから、
キーワード「教師」3回目の紹介です。


30年以上前からキーワード「教師」でまとめてきたものの紹介です。


今回も、著名な実践家・齋藤喜博さんの言葉です。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「見る(藪医者) と見える(名医)」


・「とにかく藪医者になって一歩一歩自分を築く」
- とにかく子どもたちをよく見ていくことから、ということでしょう。


・「教師の働きかけ → 自分が変わる しなやかな美しい姿(に)」
- 子どもにも教師にも「しなやかさ」を求めています。
  子どもに変わることを期待するだけでなく、まず教師自身が変わらなければならない
 ということ、今さらながらそうだなあと強く思います。 


・「 百失敗して2つ身につける -  あらゆる手だてをつくす」
- まず手数を工夫して出し続けなければならないということですね。




もう一つ、6年前の記事の再掲載ですが、松崎運之助さんの、
「私の『夜間中学』教師体験記・命の光がいっぱいの教室 いっぱいの学校 ①」
本当の学びの姿とは何かについて考えさせてくれます。
友人が前川喜平さんの講演を聴いたと言います。前川さんも、夜間中学に関わっていると
のこと。そこに求めるものがあるからでしょうか。










<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







(1)教育ノートから「教師」 ③

◇課題づくり 斉藤喜博

 そのときどきの課題をつくって突破させていく

    大きな課題と小さな課題





◇授業 斉藤喜博

 授業という教師の本来の仕事の中でどれだけ子どもの持っている可能性を引き出し得る


○「見る」 と  「見える」
藪医者 と 名医


○教師の表現力 = 子どもの前では必死になる




◇授業 斉藤喜博
 
 ① 優れた教材を選ぶ 
  
    栄養のあるいいものを


 ② 教師の働きかけ 

    自分が変わる 

    しなやかな美しい姿


 ③ 教師の教材解釈


④ 授業の流れ


⑤ 見る力  

    いいところを見つける


⑥ 教師の豊かな表情

    ゲラゲラ 

    フーン 

    ウーン

    「ああいいね」-表情


○同一教材を繰り返してやる大切さ


○一生懸命

百失敗して2つ身につける
   -  あらゆる手だてをつくす





◇授業 斉藤喜博

 ① 子どもの事実の中から課題をつくる
    絶えず子どもに働きかける


② 一人の子どもも見落とさない


③ 働きかけ診察し治療する

とにかく藪医者になって一歩一歩自分を築く


④ 原則と実践


⑤ 技術  

    技術を身につける努力を - 手にとって教えてもらう


⑥ 授業は楽しいものでなくてはならない
    本質的なことで緊張・集中


⑦ 平押しでない授業

ポイント - 核になるものをポンポンと











(2)私の「夜間中学」教師体験記・命の光がいっぱいの教室 いっぱいの学校 ① 夜間中学校教論・松崎運之助 『致知』2004.3【再掲載】

cover11-07.jpg

◇夜間中学校教論・松崎運之助(まつざき・みちのすけ)
 昭和20年中国東北部(旧満州)生まれ。中学卒業後、三菱長崎造船技術学校・長崎市立
高校(定時制)を経て、明治大学第二文学部卒業。。夜間中学の教諭になり、現在に至る。
著書『学校』は山田洋次監督の映画『学校』の原作になった。他に『夜間中学の歴史』『青
春』『母からの贈りもの』など多数ある。




◇小さな明かりを目指しやってくる生徒たち

 夕日が沈み、夜の帳が下りる頃、大きな校舎にいくつかの小さな明かりが灯ります。

 世の人々が家路に急ぐなか、その明かりを目指しやってくる生徒たち。

彼らは夜間中学に通う生徒です。


 生徒といっても、上は81歳から下は15歳と年齢層は幅広く、国籍も日本はもちろん
中国や韓国、最近はタイやベトナムの人も多くいます。


 多くの生徒さんが昼間は仕事をしながら通っていますが、休む人はほとんどいません。


 早朝から働きに出かけ、夕方17時半から21時まで学校で勉強。それから家に帰り、
また翌朝から仕事へ行く。なんて大変なんだろうと思いますが、


「この教室の明かりが故郷の家の明かりに見える。学校に来ると、仕事場でいやなことが
 あっても忘れられるんだ」


とおっしゃる方もいらっしゃいます。



 特に年配の方々の「学校」に対する憧れは並々ならぬものがあります。学齢の頃は戦争
や貧困から学校どころではなく、昼夜を問わず働かなければ生きていけなかった。


 働き盛りの3、40代になると、日本にも学歴社会が根付き、小学校もろくに行ってい
ないと言うことでどれだけ辛い思いをしたことか。それは日本人だけでなく、在日朝鮮人
や中国から引き揚げてきた残留孤児の方々も同じです。


 学校へ行ってみたい、勉強してみたいと願い続け、通える環境が整ったのが、60代や
70代だったのです。


 また、外国から日本へ働きに来た人たちも必死です。


 彼らも祖国にいた頃は、4、5歳からわずかな現金収入を得るために働いています。身
を粉にして働いてもなお生活苦は解消されず、意を決して日本へ渡ってきたのです。


 何としてでも日本語を覚え、仕事をし、生きていかなければなりません。



 一方、15、6歳の生徒たちは「学校」に対し、一種幻滅を抱いています。

 小中学校に通っている頃、辛いことがあって学校へ行けなくなってしまった。その理由
が何であるかなど、私は興味がないし、知る必要もありません。


 ただ、それでも彼らが「夜間中学になら行ってもいい」と思って入ってきたのです。



 年齢も違う、国籍も適う、職業も生活習慣も違う。しかしここに集う生徒は、その時代
時代の日本社会の問題を色濃くく反映しています。


「学校」の枠から弾き飛ばされ、たどり着いた小さな教室で机を寄せ合い学ぶ生徒たち。
この狭く小さな教室は、「それでも学校へ行きたい、学びたい」という熱意や希望で溢れ
ています。





◇愛から始まるあいうえお

 ある日、教室へ行ったら机の上に饅頭が載っていました。


 生徒の皆さんも「これどうしたの?」と不思議そう。すると年配の生徒さんが、


「きょうは娘の命日でさ、お墓参りに行ってきたのよ」


とおっしゃいました。娘さんを亡くされて以来、一人暮らし。おそらく誰かに自分の思い
を伝えたく、饅頭を買って配ってくれたのでしょう。


「どんな娘さんだったの?」


「何歳で亡くなったの?」


とクラスのみんなが質問すると、お母さんの顔になって一つひとつ嬉しそうに答えていま
した。


 その時、教室は″ほわ-つ″とした雰囲気に包まれていました。人は皆、過去を重ねて
生きています。特に夜間中学にいらっしゃる方々は人よりも幸い過去がちょっと多い。


 饅頭一個がきっかけとなって、何かがきっかけとなって、自分が抱えている辛い過去の
十分の一を話す。すると他の誰かも自分の過去の十分の一を話す。この教室の中では自分
の過去を話していいんだ。


 ここにいる人たちには、自分の辛い過去を分かってもらえる。一人ひとりが、ちょっと
ずつ自分を出し、他の人を受け入れていく。その営みが実に穏やかに、自然のなかで行わ
れていきます。


 生徒の皆さんはこれまで学校に行っていないため、夜間中学で初めてひらがなを覚える
人が多くいらっしゃいます。


 ギュッと鉛筆を握り、次のページに裏写りしそうなくらい力強く、ノートに、「あいう
えお」を何度も何度も書いていく。その時の表情はまるで怒っているかのように真剣です。


 黙々と「あいうえお」を書く中で、ある時突然、


「あのさ、気づいたんだけどさ、あいうえおって素敵よね」


と言い出した方がいました。40歳くらいで、小さなお子さんのいる女性です。


「あいうえおって″あい″から始まるじゃない。やっぱり愛が一事なのよ。なんでも愛か
 ら始まるのよ!」


 きりきりと書いていた生徒さんが、


「ああ、愛か」


「そう言われればそうだね」


「愛は地球を救う」

と口々に言い出し、教室には″ほわ-つ″とした空気が流れました。


 ひとしきり皆さんが「愛」について書きが始まりました。するとしばらくしてから、


「ああ、そうか。愛か」


という声がしました。声の主はいつも感動のテンポが人より遅い60代のおじさんです。


 クラスのみんなは「また始まったよ」というように、


「もう、その話は終わったよ!」


「だいたい、あんたに愛なんて分かりっこない」


とさんざんな言いようです。するとおじさん、


「俺にだって愛は分かる」


と応戦します。失礼ながら、その方は下町のドヤ街に住み、一年中洗ったことのないよう
な作業者を着ていて、およそ「愛」などからはかけ離れている。私も興味深く聞いている
と、


「あいうえおは″あい″から始まり、いろはにほへとは色気の″いろ″から始まる。文字
 っつうもんは、人間にとって一番大事なものから始まるのよ」

 
と誇らしげに答えるのです。みんなは「ああ、そうか」と感心しました。



 いま、昼間の学校ではこのおじさんが「ああ、そうか」と言い出すまで待つことができ
ません。


 皆が足並みそろえて先を急ぐ時代、ついてこられない人は置いていくしかない。効率、
能率を追求した結果、同じような経済状態の、同じような学歴の、同じような感性の人た
ちが小さく小さくまとまっている。それがいまの社会です。


 足を止め、待っていれば出合えるのです。新しい発見に、新しい感性に。より深く学べ、
より深い感動につながるのです。





nice!(81)  コメント(0) 

(1)「総合的な学習とこれからの学校・授業作り」 北俊夫 光文書院 2000年 ⑥  (2)「信長の欠点が長所になって、あれだけの仕事をやった」松下幸之助 1963年【再掲載】 [読書記録 教育]

今回は1月20日に続いて北俊夫さんの
「総合的な学習とこれからの学校・授業作り」6回目の紹介です。


およそ20年前に出版された本です。
平成10年版の学習指導要領が最新だった頃です。



「教師の創意工夫と子ども一人ひとりのぶつかり合い  教師の力量に」


 創意工夫の時間の確保は自分たちで工夫して、できないのは現場の教員の力がないから
だということなのでしょうか。

 今は、小学校の外国語科と道徳科。

 多忙化解消を図ると言っているにもかかわらず、時間的裏打ち、経済的裏打ちもなく、
次から次へと新しいことを取り入れていこうとする文科省。

 総合的な学習の効果はどうだったのでしょうか。


 もう一つ、5年前の記事の再掲載となりますが、松下幸之助さんの
「信長の欠点が長所になって、あれだけの仕事をやった」を紹介します。

おもしろい説だなと感心するのですが、
「あなた達はわたしに合わせて精一杯頑張ればいいのだよ。」
と言っているのだろうかと勘ぐるのはわたしの卑しさかなと…







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






(1)「総合的な学習とこれからの学校・授業作り」 北俊夫 光文書院 2000年 ⑥

◇総合的な学習における「生きる力」の育成

□「生きる力」「地域に関わる力」「共に生きる力」



 目標,方法,内容の明確化
自然と人間の共生

物と心の共生

  伝統と創造の共生


「いかに」という視点と「何を」という視点
 




◇新聞各社の社説に見る

□読売新聞 

 教師の創意工夫と子ども一人ひとりのぶつかり合い

 教師の力量に



□朝日新聞 

 いい授業を 



学び方 学ぶ力を
 




◇先進校の実践に学ぶ

□国際理解  

・留学生,外国人との交流

・衣食住,音楽 体験・創作活動

・外国語会話

・外国人児童を核とした実践



□環境    

・川,雨,空気などの身近な環境調査

・地域の生物の飼育や保護

・ゴミ~リサイクル活動

・菊作り米作りなどの長期的栽培活動



□福祉・健康 

・心身障害児学級,学校,高齢者施設との交流

・車いす・アイマスク体験

・地域の福祉,ボランティア

・自分の命,生命を見つめる実践

・男女の役割,男女平等



□情報  

・インターネット

・ワープロ文書作り

・ビデオレター作り



□地域・食  

・歴史,祭り,行事,伝統

・職場訪問

・食材調理して食べる
 




◇地域に目を向け特色の良さ

□原則 

①テーマの「整合性」

②「地域性」 → マップに整理

③「適時性」「季節性」 時間暦      まとめる

④「連続性」「発展性」














(2)「信長の欠点が長所になって、あれだけの仕事をやった」松下幸之助 1963年【再掲載】

1.jpg

 信長という人は、非常に粗暴な大将である。非常に力強いところがありますが、また一
面に非常に乱暴である。粗暴である。まあそういうようなきらいのある人である。


 その信長に光秀は嫌われるようになった。

 にもかかわらず秀吉は、信長に終始一貫して愛されている。


 どこに違いがあったんだろうかということであります


 私は、この問題についてちょっと感じたことがあるんです。それを皆さんに申しあげよ
うと思いますが、光秀は秀吉に比べて学問があるといわれた人であります。


 また非常に勉強した人である。そして律儀な人である。非常に正義感の強い人である、
いいかえると、融通のきかん人である、というのが、光秀の一つの性格だろうと思います。


 したがって、闊達であるとか磊落であるという点は、多少私は少ないだろうと思います。


 この二人が、主人の信長にどういうような態度で接したかということですね。



 秀吉は、うちの主人信長という人は偉い男やなあと、こう思うんですね。だからそのま
ま素直に共鳴するわけです。「あんたは偉いですなあ」と言うたらだれでも腹立ちません
わ、実際いうとね。


「そうか、そんなにおれは偉いか」

「あんたは偉うおます」というようなもんですな。(笑)

「まあ一杯酒飲め」というようなものです。


 ところが光秀はどう言うたか。光秀もそういう点は分がらんこともないだろうと思いま
すが、光秀の性格上、忠言したわけです。


 主人の信長は天下をまさに取らんとする人である。だから、今までは力で、策略で、こ
こまでのし上がってきたけれども、これからは、徳をもってやらないといかん。やがて将
軍にもなる人であるから、もっと徳ということを考えてもらいたい。


 もっと情け深くやらないといかん。それが主人信長のために非常に大事なことである。
それを忠言するのが臣たる者の務めやと、こう光秀は思ったんでしょう。


 まあ実際のところは聞いてへんから分からんですけれども。(笑)


 それで、そのとおりやったわけですわ。


「もうあなたはここまで成功されて、やがて天下を取るんだから、今までみたいに打った
 り蹴ったりして暴れずに、少しおとなしくしなさい。そうしたら、さらに徳があなたに
 備わって、よりよいあなたになるんだ」

と、こういうように光秀は言うわけです。


 いわば諫言というやつですわな。


 そうすると、

「そうか、いや、おまえはいいこと言うてくれた。ほんとうにおまえの言うとおりや」

と言うような信長であったら問題ないんですな。


 ところが信長はそうは言わん。


「生意気なこと言うな」

と、こうなるんですな、信長は。

「しゃらくさいこと言うな」

ということですわ。


「賢そうにおれに意見するとは何ごとや。だいたいおまえが五十万石の大名になったのは、
 おれのおかげやないか」

ということになりますわ。


「徳をもてとか何とか、しゃらくさいこと言うな」

というので、だんだんと憎んできたわけです。


 光秀にしてみたら、こと志と違う。自分は信長を侮辱するんでも何でもない。ほんとう
に誠心誠意、そういうようにしてもらうことによって、信長はもっと偉くなり、早く天下
が取れる。


 そうすれば一般万民の幸せになるんだというように考えていたのかもしれない。


 ところがそのことが非常に逆鱗にふれたわけである。ここが面白いところですな。


 いいこと言うて叱られるということはソロバンに合わんわけですな。



 秀吉はそんなこと言わんのですね。そこに光秀と秀吉の違いが出てきたわけですね。だ
から、なにも光秀は悪い人やない。悪い人やないけれども、信長にそんなこと言うてもあ
かんのですわ。


 信長のそういう粗暴さが、彼をして天下をまさに取らんというところまで仕事をさせた
んである。

 光秀の言うようなことが分かり、そういうことを頭へ入れ、


「そうか、おまえの言うとおりや」

と言うような尋常一様の人であれば、尾張一国の殿様で終わったかもしれない。


 しかし、彼は非常に剛勇闊達であった。まじめな少々の意見ぐらいは、ほんとうのとこ
ろ知っていたかもわからない。信長がそういうような人であるということを、秀吉は見抜
いていたんだと思うんです。


 このおやじさんに何を言うても頭に入らない。むしろおだてておいたほうがいいんだ。


 そうしたほうが、信長の性に合うんだ。性に合うから、信長は力が出るんだ。力が出た
から天下を取らんとするまで成功したんだ。またそれがためにおれが今日あるんだ。それ
で勘定がきちっと合うんです。(笑)


 だから、要らざる忠義だてするよりも、ほんとうにこの人の手となり足となって働いて
あげたらそれでいいんだ。なまじっか意見するよりも、働いてあげることがいちばんいい
んだというように、秀吉は考えたんだろうと思うんです。


 これが秀吉の偉いところやないかと思います。相手をちゃんと見て、物事を判断するわ
けですね。



 光秀はいい人であるし律儀な人ですから、信長に意見をすることが臣の道やと思った。
信長の本質を見抜かず、一般常識によって、光秀は事を決しようとしたわけです。これが
正しいことと思ったんです。


 ところが、人間というものは、ここにおられる皆さんを見ても、顔がみな違いますわね。
だいたい顔のまん中に鼻があって、その上に目があって、ついている位置はあまり変わり
ませんわね。そやけど全部違うでしょう、ほんとうは。顔のような、目に見えるものでも
違うんです。


 ましてその心組みというものは千変万化、同じものやありません。一般常識をもって人
を律することはとてもできない。


 信長には非常に欠点がある。けれども、見方によればその欠点が彼の長所になって、あ
れだけの仕事をやったわけです。



『松下幸之助発言集』(全45巻)第11巻108ページ1行目
昭和38年(1963)2月26日、
郵政省 近畿管内長期訓練生研修会(68歳時)


nice!(143)  コメント(0) 
前の2件 | -