So-net無料ブログ作成

「心と脳の正体に迫る」天外伺朗・瀬名英明 PHP 2005年 [読書記録 一般]

今回は 天外伺朗さんと瀬名秀明さんの
「心と脳の正体に迫る」を紹介します

アイボで知られる天外さんと 
「パラサイトイブ」で知られる瀬名さん

こころの世界の話です
「あの世」の話題も出てきます

オカルトとは少し離れている気がしますが
怪しい本と受け取られかねません

分かりづらいところもありますが
なかなかおもしろく読めまた本です



昨日 朝会がありました
わたしが教職に就いた頃 朝会は毎週1回はあったものですが
今は 月に1~2回
職員打ち合わせも 少し前まで毎日あったものが
今は週に1回
授業時数確保のため 児童管理のため
とはいうものの…

教職員の間に 校内に
一昔前と比べて なんとなく一体感が薄くなった気がするのと
無関係とは思えないのです

何を一番大切にするか

難しい問題です






☆「心と脳の正体に迫る」天外伺朗・瀬名英明 PHP 2005年

1.jpg

◇天外伺朗
 本名:土居利忠 
 1942年兵庫県生 東北大学卒-ソニー CD,アイボ
「ホロトロピックネットワーク」主宰 ヒニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所長


◇瀬名英明  
 1968年静岡県生 東北大学大学院薬学 
 1995年「パラサイトイブ」


◇意識は脳の産物か
すべての生命は意識を持っている

瞑想することは植物に近付くこと

宇宙全体が一つの生命体

生きているときも「あの世」にいて,肉体が消滅すると「あの世」だけに…

「死後の世界」は実在しない
死んだとたんに時間はなくなる~永遠の時間にとけ込む

修行は脳内麻薬を出す方法論

臨死体験は時間を超えて
木内鶴彦氏「臨死体験の時は空間的にも時間的にもどこでも行ける」

愛が脳を活性化する  食事時にも出る「愛のホルモン」

宇宙人に誘拐される人々 アブクダクション
ジョン・E・マック『アブクダクション宇宙に連れ去られた13人』ココロ
  アブクダクションも脳内麻薬の作用なのか?   
  意識の成長・進化

 UFOは無意識のイメージがかたちになったもの

 アブクダクション経験者は教祖的になりやすい


◇意識と無意識
心とは意識と無意識を統合したもの

左脳がフロイト 右脳がユング

すべての物質が消えるオメガポイント
「集合的無意識の集合的無意識化」 = 永遠の世界

インターネットに未知の情報が流れている

科学的には分からないけれどよく起こること サブリミナル効果


◇意識を科学する
意識は時間と気で解明できる
  「時間とは何か」「気とは何か」

あらゆる記憶は真空中に貯蔵されている
ベルクソン「現在の中に過去と未来がたたみ込まれている」
         アカシック・レコード

 現代物理学に不足している「時間」と「気」の問題
アインシュタイン時間(歪む)とニュートン時間(一定)

 「気」とは何か
  西洋にも「気」の概念はある
 「意識」をどのように科学するか


◇コンピュータは心をもつか
 生物と機械の違いとは何か

 知性を作るにはまず身体が必要 AIBOへの感情移入

 ロボットに意識を感じる瞬間

 友達ロボット「ドラえもん」の条件

 システム製作者の知性=ロボットの知性

 真空にはすごい情報が集まっている

 何十億年分の暗号解読が一瞬で解ける量子コンピュータ
nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 29

コメント 3

駅員3

niceとコメントありがとうございました[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]
児童、教職員と学校の一体感…上に立つものの考え方によっても、大きく変わるのでしょうね[ひらめき]
by 駅員3 (2011-11-22 13:30) 

まつパパ

コメントありがとうございました。
ハマコウさんご夫婦も末永くお幸せに
by まつパパ (2011-11-23 05:22) 

ハマコウ

駅員3さん コメントをありがとうございます。


まつパパさん コメントをありがとうございます。
by ハマコウ (2011-11-23 05:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0