So-net無料ブログ作成

「なぜ学校に行かせるのか」寺脇研 日本経済新聞社 ② 1997年 [読書記録 教育]

元文部官僚・寺脇研さんの「なぜ学校に行かせるのか」の紹介2回目です
「ゆとり教育」を推進したお一人

納得できる部分もあり そうでない部分もあります

本の文章から

-「学校責任のスリム化を」とありますが
 総合的な学習を加え、外国語学習も加わっています
 どのようにスリム化するのか ぜひその方策を示してほしいと思います

-「子供が学校で荒れているとしたら大人全体に責任がある」
 まさに子どもは大人の鏡であると感じます

-「子どもと大人は対等のパートナー」
 ほんとうにそれでよいのでしょうか

-「子供が学校で荒れているとしたら大人全体に責任がある」


-「こころの教育」
学校は以前から知徳体の育成をもとにやっていたはずですが…
学習面だけでよいとは たせれも思っていないはずです

文部官僚の考え方の一部が分かる本です




一昨日 昨日と映画を観ました

「宇宙人ポール」
「三丁目の夕日1964」

いずれも 笑わせて泣かせる映画らしい映画でした
「宇宙人ポール」はクールでホット
「三丁目の夕日1964」はホットでウェット
よい時間を過ごすことができました






☆「なぜ学校に行かせるのか」寺脇研 日本経済新聞社 ② 1997年

1.jpg

◇飛び級   入学年齢の柔軟化 → 入試制度改革
 
◇中高一貫  
  学校を一体化せず別の中学と高校が連携をとって実質的に一貫教育を
(一緒の学校だと大学入試に足を引っ張られる)
 
◇自信と責任 
 「明日を信じて」文部省 副教材
自分が自信と責任を持って仕事をすることの大切さを教えるのがまず      
  第一の進路指導



すべての職業が社会には必要
 
◇人権教育  
  体罰でしか対応できないほど状況が追いつめられている場合は即警察の      
 出番 = 事前にコンセンサスが必要

体罰 … 懲戒の内容が身体的性質のもの
       正座・直立が長時間に渡る場合
 
◇学校責任の肥大化
週五日制 ①ゆとりある生活
②自分自身興味ある活動を伸び伸びと

子供同士が面倒を見合っても良い
今こそ家庭・地域・子供自身の責任を明確に
      ~ 学校責任スリム化
 
◇どこまで学校責任
親の判断 
  茶髪 ~ 学校に来る場合のみ禁止でも = 家庭の責任
 
◇訴訟を恐れるな
先生はすぐに頭を下げた方がよい - 責任は教育行政

文部省
   「子供が学校で荒れているとしたら大人全体に責任がある」
 
◇子どもは大人扱いしてもいけない
子どもと大人は対等のパートナー

大人7:子供3
 
◇大人の責任 
  大人全体の責任
すべての子供に大人の思いを分かってもらうためにも,真面目な対応      
  をして行かなくてはならない


「いざとなったら徹夜までして何とかしてくれる」
 
◇心の教育  
 「金さえあればいい」という考えを持つ大人を一掃したいため
 
◇当たり前のこと
縦割り行政の必要性 = 責任の所在

今こそ家庭教育と地域の教育力の再生を
「子供と話そう」

企業「子供と話そうデー」

学校はどんなに馬鹿にされても
「友達と仲良くしよう」と言い続けよう
「平和を守ろう」といい続けよう

馬鹿にされても結構

「大人よ自信を持とう」
 
◇「カツオここに座りなさい」
家庭教育 = 「子供と話そう」
  「家族で活動しよう」
 
◇弱者いじめは絶対許されない
根本的に大人が悪い

◇寺脇研
  1952(昭和27)年 福岡生まれ
1975(昭和50)年 東京大学法学部卒業 ミスター偏差値
以後 広島県教育長 文部省医学教育課長 
現在 文部省生涯学習局生涯学習振興課長(註:執筆当時-ハマコウ)

nice!(154)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 154

コメント 10

tommy88

寺脇研の是非ではなく、好きにはなれません。
彼には大変なことをしでかしたという自覚がない。
大きく変えてしまったことで生じた反動が、彼の責任部分。
現場は、余計な重荷を積み込まされています。

by tommy88 (2012-01-29 05:41) 

ハマコウ

tommy88 さん ありがとうございます

学校現場は「ゆとり教育」で大きな荷物を背負わされ
さらにそれからの変革のためさらに重い荷物を背負わされています

サッと退職するのも責任のひとつだと思いますが
定年まで勤め上げ 最後まで職にとどまることも責任のとり方だと思います

コメンテーターとしてテレビ等に出演する寺脇さんの言葉がいつも空虚に感じられてしまいます 
by ハマコウ (2012-01-29 09:03) 

cincy

「心の教育」って何でしょうか?今、「PTA」で母親方と付き合っていますがとんでもない母親もいます。

会社でも同じですが社員教育で「親」の姿(躾)見え隠れします・・・。「謝れない」「詫びれない」「目を見ない」・・・・そう感じるのは私だけでしょうか?

「主夫」をしていて子育てにすごく責任を感じる今日この頃です。
by cincy (2012-01-29 11:50) 

ハマコウ

cincy さん  ありがとうございます

家庭ごとの教育力の差違が年ごとに大きくなっているように感じます

基礎基本・こころの教育と学校だけが力を入れて 教育効果が期待できるとは…

by ハマコウ (2012-01-29 15:37) 

おれんじわに

そのとおり!スリム化しろって言ったってどうするのか?スリム化のための仕事を押しつけられてしまいそうな気がします。
by おれんじわに (2012-01-29 16:50) 

ハマコウ

おれんじわに さん  ありがとうございます

ノー残業デー という取り組み
家への持ち帰り仕事となるだけなのかもしれませんが

学校での残業を減らそうということでまた会議が増える
といったことにならないといいのですが
by ハマコウ (2012-01-29 17:09) 

masashi

いまここ。here and now、ですね。この言葉、私は好きです。
by masashi (2012-01-29 21:04) 

ハマコウ

masashi さん  ありがとうございます

いまここで元気にしていること ありがたいことです
by ハマコウ (2012-01-30 04:44) 

tommy88

ハマコウ 様
そうです、言葉が見つからず舌足らずに感じていましたが、寺脇氏の弁舌が「空虚」に感じられるということです。我々のトップのその上に鎮座する人のビジョンが空虚であれば、しかも責任を伴っていなくて、さらに「やったことは間違いない」と言うだけというのは、空虚なんです。空虚。生ものを扱う現場には、空虚はいけません。
by tommy88 (2012-01-30 05:45) 

ハマコウ

tommy88 さん ありがとうございます

提言等はものすごく理論的、大変長い文章で
言葉はかっこうよく響くのですが 
具体的にどんなことをするのかは 学校・教師任せ…
の部分もあるのでは…



by ハマコウ (2012-01-30 06:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0