So-net無料ブログ作成
検索選択

「川田晴久と美空ひばり」  橋本治, 岡村 和恵  中央公論社  2003年 [読書記録 一般]

今回は 橋本治さん岡村 和恵さんの「川田晴久と美空ひばり」を紹介します

美空ひばりさんを知らない人が多くなってきました
ましてや 川田晴久さんは…

川田晴久さん
楽しい歌をたくさん歌っています
あきれたぼういず、ダイナブラザーズ、ミルクブラザーズ
ボーイズもので知られます
クレージーキャッツ、ザ・ドリフターズもボーイズものですね
美空ひばりさんの師匠としても知られます

川田さんの人生を振り返り
出会った人について書かれています
橋本治さんも川田さんのファンだったと思われます
わたしも 川田さんの歌が大好きで CDも買ってしまいました
「地球の上に朝が来た…」
なぜわたしは懐かしく思うのでしょう
生まれる前の歌なのに

川田さんが脊椎カリエスを患った際
治療のために滞在した浜松の林泉寺
わたしの尊敬するI先生のお宅です
現在は退職されていますが 
今でもいろいろなことを教えていただいています

浜松のS小学校で美空さんが唄を歌ったそうです

三木鶏郎門下 
よく聞く名前がたくさんそろっていることに驚きました


昨晩は 以前勤めた職場の仲間と 集いました
楽しくお酒が飲めるということは うれしいものです








☆「川田晴久と美空ひばり」橋本治, 岡村 和恵  中央公論社 2003年

1.jpg

◇川田晴久という謎
 1957(昭和32)年6月21日 川田晴久 50歳で没

川田節「地球の上に朝が来る、その裏側は夜だろう」

川田晴久 - 「美空ひばり育ての親」

 「あきれたぼういず」 川田義雄(晴久) 坊屋三郎 益田喜頓
寄席のボーイズものの元祖

川田晴久の美声 日本のビング・グロスビー
リズム感がいい

1937(S12)年 あきれたぼういず結成
1939(S14)年 川田義雄とミルクブラザーズ
1948(S23)年 川田義雄とダイナブラザーズ

川田晴久 「ボーイズの父」「歌謡漫談の人」「歌手」「美空ひばり育ての親」 |
川田晴久と美空ひばりは黄金のコンビ

 美空ひばり 舞台と映画と歌
  「ショービジネスの女王」
エセル・マーマンやジュディ・ガーランドの日本版



◇美空ひばりと笠置シヅ子
美空ひばり 「ベビー笠置」

笠置シヅ子 歌手 コメディエンヌ
1950年 「買い物ブギ」突き進むスピード感

美空ひばり 1952年 「お祭りマンボ」コミカルさとバラード

あきれたぼういずのメンタリティ

異質なものを歌い手がその場で一つにする危うさ



◇三木鶏郎の時代
 あきれたぼういず → クレイジーキャッツ・ドリフターズ

 昭和20年代 「変な歌」の流行

三木鶏郎(東京大学法学部卒)
1947(S22)年10月 NHK「日曜娯楽版」 ~ 1954(S29)4月
三木のアマチュアリズム → かわいらしさとリリシズム

かわいいコミカルソング
  「スマートなまとまり」変な歌をリード

 三木門下 作家 小野田勇 キノ・トール 永六輔 野坂昭如 五木寛之
      音楽 ジョージ川口 小野満 鈴木章治 神津善行 吉岡治
いずみたく
芸人 森繁久弥 三木のり平 有島一郎 フランキー堺

 川田晴久が死んだ頃
1956(S31)年4月 脱線トリオ(由利徹 南利明 八波むと志) 
  てんてん娘 宮城まり子

  「マイ・フェア・レディ」により日本的なショービジネスの舞台は消滅
    川田晴久はそれを知らずに死んでいった
川田晴久の死により「終わりの始まり」日本ショービジネス

 マキノ雅裕と広沢虎造と
1952年~  「次郎長三国志」 マキノと広沢
マキノ雅裕  日本映画の父 牧野省三の長男
「分かり切った骨格に異物をどんどん入れた」

  異物だらけのくせに破綻を見せない
                   ∥
               あきれたぼういずの芸
   
 川田晴久・マキノ雅裕・広沢虎造
  「異物のままのものを更に自分に引き寄せて自分なりの本物に変える」
                  ↑↓
         「ひたすら本物に近付く」東宝路線        



◇父・川田晴久と美空ひばりちゃんのこと 岡村和恵
 美空ひばり  おきゃんと大人顔負けの舞台上

川田晴久   昭和21(1946)年 12月~昭和22(1947)年2月の10か月間
        浜松の林泉寺にて治療に専念 39歳 脊椎カリエス

nice!(196)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 196

コメント 10

mizuho

私の生まれる前に亡くなられた方で、詳しくは知らない世界ですが、
考え方に共感しました。
「異物のままのものを更に自分に引き寄せて、自分なりの本物に変える」
そういうことができるヒトって、すごく尊敬します。
by mizuho (2012-02-12 09:32) 

旅爺さん

昔の懐かしい芸人の名前が次々と・・・・みな消えてしまって寂しいです。
by 旅爺さん (2012-02-12 09:45) 

ハマコウ

mizuho さん  いつもありがとうございます
川田さんの現役時代をわたしは知りません
坊屋三郎さん 益田喜頓さんをかろうじて知っていますが
「あきれたぼういず」の歌は楽しい と思います

「川田晴久」という名前があれば 気になってしまいます
by ハマコウ (2012-02-12 10:56) 

ハマコウ

旅爺さん さん  いつもありがとうございます

森繁久弥さん 三木のり平さん 有島一郎さん フランキー堺さん
てんぷくトリオ 脱線トリオ…

わたしも本を読んで
芸達者ぶりを思い出してしまいました
by ハマコウ (2012-02-12 10:59) 

ナツパパ

山茶花究、坊屋三郎は、たしかあきれたボーイズ出身でしたよね。
益田喜屯もそうじゃなかったかしら。
素晴らしいグループだったのでしょうね。
by ナツパパ (2012-02-12 16:23) 

ハマコウ

ナツパパ さん  いつもありがとうございます

それぞれの方のあじ すばらしいと思います
by ハマコウ (2012-02-12 17:09) 

koh925

地球の上に朝が来る、その裏側は夜だろう
川田晴久さん、懐かしいですね
by koh925 (2012-02-12 17:23) 

ハマコウ

koh925 さん  いつもありがとうございます

しゃれていますし 歌もお上手でしたね
by ハマコウ (2012-02-12 19:57) 

あばれスピア

こんばんは。
私の知らない世代の話ですが、いつか調べてみようと思います。
by あばれスピア (2012-02-12 23:32) 

ハマコウ

あばれスピア さん  nice!とコメントをありがとうございます

美空ひばりさんが無くなられて20年以上
だいぶ昔の話になりましたので 川田晴久さんを知らない方はかなり多いと思います

これからもよろしくお願いします
by ハマコウ (2012-02-13 04:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0