So-net無料ブログ作成
検索選択

「教師の知恵袋」沼田泉 ぎょうせい ② 1982年 [読書記録 教育]

今回は沼田泉さんの「教師の知恵袋」の紹介2回目

30年前の1982年に出版され 現在は絶版

大先輩のF先生推薦の本です
わたしが手にしたのは残念ながら昨年
若い頃に読んでいたら…

基本的なこと 大切なことが詰め込まれています
大切なことが潜んでいるようです

「そうじは子どもと共に」
 流汗悟道ですね

「子どもと遊ぶのは教師のため」
 勤務校の1年生担任Nさんを思い浮かべます
 始業前 休み時間 必ず子どもと一緒に運動場にいます
 
「子どもは不公平をかぎ分ける天才」
 どの子も平等に - 当たり前のようで案外難しいこと

「小言の多い授業は準備不足」
 すべては自分の準備不足 気を付けなければ





 



☆「教師の知恵袋」沼田泉 ぎょうせい ② 1982年

◇そうじは子どもとともに  
 そうじは大事な教育場面  

 心の交流-ともに身体を動かし、肌を接してまたは汗を流していく場面


◇子どもと遊ぶのは教師のため
遊びは教師のためでもある
 (専門職としてのよい指導をするためのものでもある)

= 一人一人の子どもがよく見えてくる、安心して何でも話してくれる


◇子どもは不公平をかぎ分ける天才
一人一人の子どもの感じ方が違う
     → そこまで考えるべき(指名回数など)

 あの教師は不公平だと思うようになると嫌いな先生になってしまう


◇小言の多い授業は準備不足
授業をよくするためには事前の準備が大切

真剣に子どもと対峙する授業 ①発達段階に応じた内容
②子どもの興味の持てる授業

研修を積むことによって力量を磨き、ポイントをつかむことができる教師に!
子どもの側に立った授業を! 子どもが自分から進めていく授業を!


◇子どもを引きつける話しかけ
聞かせていく工夫が問題
  ○身近な事例を! △注意事項、訓話的なもの

○補助的なものを活用=文字、図表、絵、実物模型
耳とともに眼を働かせて

○時機やタイミングに応じて


◇叱るときはカラッと叱れ
ラッセル
 「褒めることも叱ることもしないで教育を行うことは不可能だとわたし
  は信じている。けれども2つのことについては、ある程度の用心が必
  要である」

 ① 過ち、夢中で何かしているときの失敗
← 自省しているから慰めの言葉が有効になる
↑↓
② 将来のためにならない、他人に迷惑になる、生命にかかわる、
繰り返す場合
← 叱る(大人の都合としてでなく)
・カラッと叱る
・全員がいつも同じように叱る


◇手を焼く子どもが教師を育てる
手を焼く子どもがいることは教師として生長して行くには貴重な体験

教師としての根本  
  興奮のおさまりを待ち、よく話を聞かせたり本人の言い分を聞いたり
 する

nice!(194)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 194

コメント 20

mizuho

相手は大人ですが、私もなるべく不公平にならないように、
気をつけています。基本ですね。
非常に困った状況になるときもありますが、
自分が足りない部分を成長させてくれていると
なるべく思うようにしています。
by mizuho (2012-03-10 07:13) 

楽しく生きよう

不平等ですが、
大人の方が都合や体裁に縛られてごまかそうとしていても、子供は素直に表情や態度に出すんですね。

しかるの大事だと思うのですが、最近の先生は大人しいですね。
モンスターペアレンツや教育委員会がうるさいからですかね。
by 楽しく生きよう (2012-03-10 07:44) 

ハマコウ

mizuho さん  いつもありがとうございます

「全員にえこひいきを」
よく言われます
かかわってもらっていない という気持ちを少しでも減らせるようにといつも思っています

大人相手だと なかなか難しいこともあるのではないでしょうか
by ハマコウ (2012-03-10 08:11) 

ハマコウ

楽しく生きよう さん  いつもありがとうございます

最近の教員はおとなしい 
確かに 昔いたような 破天荒とも思うような人はいなくなりました
まじめで おとなしい人が多くなったように思います

でも いろいろな人がいるからこその 社会
いろいろな教員がいた方が 子どもにとってもいいと思うのですが…


by ハマコウ (2012-03-10 08:17) 

ディブ松本

子育てにも為になるお話です。
by ディブ松本 (2012-03-10 09:41) 

ハマコウ

ディブ松本 さん  いつもありがとうございます

確かに 子育てにも役立つことだと思います
わたしは「カラット叱る」ことがなかなか不得意で…
ぐっと我慢
by ハマコウ (2012-03-10 11:33) 

ななママ

ご訪問&niceありがとうございました。
たぬき3共々よろしくお願い致します。
by ななママ (2012-03-10 15:08) 

きんれん花


大人でも 不公平と感じれば 落ち込みますから
子供の声にハッとする時があります
by きんれん花 (2012-03-10 15:18) 

風来鶏

他人の迷惑になることは未だしも、“命に関わる”ことは声を大にして厳しく叱るべきです。
工場で安全衛生の仕事を12年間やってきて、身に浸みて実感しました^^;)
by 風来鶏 (2012-03-10 15:37) 

ハマコウ

ななママ さん ありがとうございます

これからのご来訪をお待ちしています
by ハマコウ (2012-03-10 15:43) 

ハマコウ

きんれん花  さん ありがとうございます

指導する側としては もちろん 公平・平等を意識しているとは思うのですが それが 伝わらないこともしばしばありますね
by ハマコウ (2012-03-10 15:51) 

ハマコウ

風来鶏 さん  ありがとうございます

その通りだと思います
命に関わること 人権に関わることについては 厳しく対応しなければいけませんね
by ハマコウ (2012-03-10 15:53) 

Mitch

ご訪問とniceありがとうございました。
貴ブログに記されたことは人とかかわる基本的心構えと感じます。
大変参考になります。
今後ともよろしくお願いいたします。
by Mitch (2012-03-10 17:50) 

ハマコウ

Mitch さん  ありがとうございます

今後ともよろしくお願いいたします
by ハマコウ (2012-03-10 18:40) 

ニッキー

ご訪問&niceありがとうございました(^.^)
「教師の知恵袋」というよりは、人間としての基本の本ですね^^
感情に流されずに、相手の言い分もちゃんと聞いて判断しているつもりですがこれがなかなか・・・(-_-;)

にゃんずが中心のブログですが、これからもよろしくお願いします<(_ _)>

by ニッキー (2012-03-10 22:42) 

ハマコウ

ニッキー さん ありがとうございます

かわいいネコさんたちですね
こちらこそ これからもよろしくお願いします
by ハマコウ (2012-03-10 22:56) 

かずい

ご訪問ありがとうございます。

学校にはもっとしっかりしてほしいと思います。
今じゃ塾に行かないと良い学校に行けなくなっているこの仕組み・・・
金次第で学力が付くようで、何かが歪んでいると思います。
by かずい (2012-03-10 23:28) 

カリメロ

う~ん、みんな平等に、なんて教育できるんでしょうか?
その子、その子に合わせた配慮した教育・指導をするって事は、他児からすれば不平等!!
みんな平等なんて大きな声で謳うから、勘違いした子・親が増えるんでは無いでしょうか?
平等より、不公平がある!
時には不平等と言う、配慮!思いやりが大人からは提供される!その事をきちんと教える教育の方が大切なのでは無いでしょうか!
私の子どもの頃の教師は、生徒にその事をしっかり示し、教えてくれていたと思います。
だから、親も子もみんな、他者に思いやりがあったと思います。
勿論、俗に言う「エコヒイキ」は論外の話しです。
by カリメロ (2012-03-11 00:48) 

ハマコウ

かずい さん  ありがとうございます

言われなければ何もできない
そんな声をよく聞きます
やらずにはいられなくなるように 子どもたちの学習意欲に何とか火をつけたいと思っています

by ハマコウ (2012-03-11 06:51) 

ハマコウ

カリメロ さん  いつもありがとうございます

わたしの恩師に こんなことを言う方がいました

「先生は弱い子の味方です できない子の味方です いつも弱い子 できない子と決まっているわけではないけれど 弱いとき できないとき その子を特に応援します そのことは分かっていて」

辛い顔をしている子 なんだか興奮している子 悩んでいる子
頼られるようにと努力しています
by ハマコウ (2012-03-11 06:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。