So-net無料ブログ作成
検索選択

「座右の山本夏彦」 嶋中労 中央公論新社② 2007年 [読書記録 一般]

今回は 5月20日に続いて嶋中労さんの
「座右の山本夏彦」2回目の紹介です

山本夏彦さん
辛口エッセイで知られます
少し斜めから見た言葉
強く印象に残ります


嶋中さんが 山本夏彦さんのたくさんの本の中から
選んだ言葉が紹介されています

心に響く言葉
なるほどと思わせてくれる言葉
わたしは大好きです


今回紹介分から心に強く残った言葉は
・「この世は偽善を必要とするところだ」
・「客というものは常に出し抜けに現れた」
- アポイントを取るのが苦手です
・「他人の目にはただのお多福」
・「父は母を笑う存在である。」 
・「未熟な子供のなぜはなぜではない」
・「子供をダメにするのは簡単だ。欲しがるものを際限なく与えていればよい」
・「世界広しといえども修身を教えない国はない」






※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 現在「海洋堂×小池徹弥 ネイチャージオラマワールド」展開催中(6/28まで)
 ホームページをご覧になってください
浜松ジオラマファクトリー





☆「座右の山本夏彦」 嶋中労 中央公論新社② 2007年

1.jpg

◇悪男悪女
「ある朝目覚めたらわたしは女だった」


「古人は『雌鶏晨す』といった」 カカア天下は災いのもと


「他を非難ばかりしていると夫人の人相は変わる。あれは人の顔ではない」


「女に選挙権はいらない」


「男が助平なら女も助平に決まっている」


「人はまくり派とだめ派の二派に分かれる」


「この世は偽善を必要とするところだ」




◇一家散開
「生きがいは自分と他人を区別することによって生じる。他が低いことによって生じる」


「客というものは常に出し抜けに現れた」


 「婚礼は真面目の極にして道化の極」


「他人の目にはただのお多福」


「夫婦そろって客を招くパーティの習慣がないのは我が国の美風」


「父は母を笑う存在である。」 
   家庭に第三者がいなくなってどうする


「未熟な子供のなぜはなぜではない」
  先生が子どもたちに意見を言わせディスカッションと称し聞く振りをする
   のは悪い冗談である。意見というものは一通りの経験と常識をもつ上に生じ
   るものでそれがほとんどない子供には生じない。
  

 「しつけは体に付けるもので,口で論じるものではない」   
  しつけは体に付けるもので口で論じるものではない。家庭で付けるもので学校をあて
   にすべきものではない。世間が付けるもので個人が付けるものではない。


 「欠乏がないと人間は堕落します」
   ルソー 「子供をダメにするのは簡単だ。欲しがるものを際限なく与えていればよい」 
『エミール』


 「ただ生きているだけなら自分にも他人にも迷惑である」中国「福・禄・寿」




◇常在戦場
「春秋に義戦なし」


「今日境の目で昨日を見ることなかれと若年の頃わたしは教えられたことがある」
                                  戦争

 「戦争は人類にとって本来あるべきもので必須のものだ」
夏彦の嫌いな言葉 「正義」「良心的」「話し合い」


「どこの国の旗も歌も血に染まってないものはない」


「世界広しといえども修身を教えない国はない」
「おしん」…修身の塊


 「我が国の悪口を言っている教科書ならそれは悪いに決まっている」
    夫婦間-親兄弟の悪口はタブー



「改憲論者は保守反動で犬畜生でファッショで,護憲論者は文化人と言うことになっている」
何度でも改めればよい 第9条はフィリピン憲法のコピー
改憲 韓国9回,イタリア14回,フランス16回,米国18回,ドイツ51回


 「どうしてそんなにあやまるの」


 「南京大虐殺なんてなかった」


 「平和なときの平和論」-内村鑑三


 「わたしは言論の自由と聞くとカッとなるくせがある。それは危険なときには黙っ
  ていて,安全と見ると我がちに言う自由のことかと思うからである」



◇余生亦楽
「本を読むと言うことは死んだ人と話をすることである」


「戦前まっくら観はインテリが言いふらした」


「わたしは国民のケチなのに驚いている」


nice!(201)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 201

コメント 4

よいこ

最近の中国の無茶振りな話を聞くと、修身を教わらないのではと残念です
by よいこ (2013-05-23 21:26) 

ハマコウ

よいこ さん ありがとうございます

辛口のコメントなのですが そうも感じない時代になってきたのでは?
と思ってしまいます
by ハマコウ (2013-05-23 22:15) 

Kinsaku

いつも私のつまらんBlogにお寄り頂き感謝に耐えません。
私は天邪鬼で気に入ったものにしか「nice!!」しませんので、お気遣い無用です。

よく読まれているなと感心しきりですが、ハマコウさんの私見や先生としてご意見も
書き込んで頂けると、より楽しめるかなと思っています。

by Kinsaku (2013-05-24 21:28) 

ハマコウ

Kinsaku さん ありがとうございます

わたしが読んでおもしろかった メモしておきたいと思った本を紹介しています
自分の考えもほんの少し載せてはいるのですが…はっきり載せることを少し恐れてもいます
by ハマコウ (2013-05-25 01:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。