So-net無料ブログ作成
検索選択

「思春期という節目」八ツ塚実 朱鷺書房 ⑥ 1989年 [読書記録 教育]

もう12月 早く感じます

忘年会の時期ですね

昨夜は 豊橋で学生時代の仲間5人が集まり楽しい時間を過ごしました
30年ぶりの友も
皆 教職員として 何とか元気に 現場で頑張っていること
うれしく感じました

今回は しばらく開いてしまいましたが 10月29日に続いて 
八ツ塚実さん 「思春期という節目」の紹介 6回目です

わたしの憧れの 八ツ塚実さん
思いが 強く伝わってくる 
思春期の子ども指導についての あたたかい本です 




今回紹介分から 特に印象に残った言葉は…
・「自信を失うようなことは一切しない」
- 果たして自分は…
  このように言い切ることができるようにならなくてはと思います

・「社会が提示する魅力と学校が提示する魅力とがあまりにも異質で共通点がなさ
  過ぎるのです」

・「子供は切り結んだ人間関係の質によっては、飴細工のように変わる。
  まるで違う人間を生きることになる。 
- 子どもは変わりやすい飴細工のような存在
  よりよい方向に変える指導をしなければと思います
 
・「甘やかすと人間はどこまでも腐ってくるものです」
・「人の社会の義務部分は完全に切り捨てて、楽しい部分だけを与えられるのだ
 からたまらない。意志もまた弱く、判断力の未熟な子供はひとたまりもない。」
- 最近 特に感じるところです

・「『捨てぜりふ』という刃物」

・「登校拒否は三日が勝負」
- 最近よく聞く言葉です


派手な言葉 大文字の言葉はありませんが 重い言葉により深く考えさせられます
お勧めの本です
特に教職に就こうかと考えている若い人に
そして保護者の方にも

表紙の絵 何とも言えず好きです




※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 11月から 主に終末 金・土・日曜日の営業となったとのことです
 詳しいことはホームページをご覧になってください

浜松ジオラマファクトリー









☆「思春期という節目」八ツ塚実 朱鷺書房 ⑥ 1989年

1.JPG

◇自信を育てる(1)
 ○ひらがなばかりの生活記録
書くことを評価するのが学校だ

  どんな短い文章だろうが対話を書く。まともに。手を抜かずに。
~ 自分の文章 何をどう書いてもけなされたりバカにされたりしない
  


 ○母親を求める心 
   自信を失うようなことは一切しない



 ○悪循環を正す
問題は現状の中で解決すべきであると考える

原因が現状の中にあるのだからそれを改めて解決するしかない

タダシ  叔父宅での生活
叔母の献身的な指導


子供は切り結んだ人間関係の質によっては、飴細工のように変わる。
       まるで違う人間を生きることになる。






◇大切にしているのか甘やかしているのか
 ○見せかけの親子ごっこ
「いいわけ」と子供を「かばう」言葉
→ 子供が学校へ来ない正当な理由を成立させてしまう



 ○贅沢の悲劇
おじいさん「甘やかすと人間はどこまでも腐ってくるものです」
  


 ○物や金で心はつなぎ止められない
  社会が提示する魅力と学校が提示する魅力とがあまりにも異質で共通点がなさ
  過ぎるのです



快楽度指数  大人の社会の義務部分は完全に切り捨てて、楽しい部分だけを与
        えられるのだからたまらない。意志もまた弱く、判断力の未熟な子
        供はひとたまりもない。



 ○甘やかしは人権無視
金や物で子供の心をつろうとする魂胆は子供を見くびっていることになる

家庭教育が音立てて「物と金」の領域に流れ込んでいる。

家庭教育は子供を大人扱いすることだという錯覚が蔓延しつつある



嘗ては子供の姿を見ることもなかった場所に幼い子供が両親に連れられ
   てやってくる。~しかもその多くが大人の遊び場

×一気に歓楽街へと子供を導き入れてしまった
・真夜中のモーテルの食堂 ・夜のカラオケバー ・飲み屋



今広く行われている家庭教育は確かに「世慣れた子」をつくり出すことには成功
  している


レストランで堂々とメニューを開く。物怖じせずウェイトレスに注文できる。
   しかし、食堂のメニューをいくら堂々とめくろうとも、人権のメニューには
   全く目覚めていない少年像は健全な感覚を具えた大人像とは大きくずれる。

「子供を大切にする」即「子供を甘やかす」図式が如何に誤っているかがなぜ見
   抜けないのか?その答えは簡単である。親に人権感覚がないからだ。その結果
   子供を「みくびり」「買いかぶっている」からである。


子供を見くびれば … 甘やかしてしまう
                ↓
甘やかしは子どもの人権を粗末にしているのであって「大切にする」こ
    ととは全く無縁な行為なのである。


トシ子のおじいさん
「子供の心は金じゃ買えやせんのじゃ」

  

○先生への突然の暴力
「登校拒否は三日が勝負」



○「捨てぜりふ」という刃物
一人一人が自分の心の中の「みくびり根性」をなくす不断の努力をしなくてはな
  らない
子供が爆発したとき…
教員は → ・彼は今穏やかではない
・今は彼を穏やかにするときだ
・激昂をおさめてやらないと彼を傷つける

nice!(184)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 184

コメント 6

楽しく生きよう

佳い時間過ごされましたね。
by 楽しく生きよう (2013-12-01 09:46) 

cocoa051

ご来訪ありがとうございます。
by cocoa051 (2013-12-01 19:18) 

ハマコウ

楽しく生きよう さん ありがとうございます

おじさん5人でしたが 気分だけは学生時代でした
by ハマコウ (2013-12-01 20:09) 

ハマコウ

cocoa051 さん ありがとうございます

これからも よろしくお願いします
by ハマコウ (2013-12-01 20:11) 

カリメロ

志を同じにして学んだ友人、しかも皆さん続けていらっしゃる♪なんて、本当に素敵で楽しい時間を過ごす事ができて、良かったですね。
by カリメロ (2013-12-02 02:56) 

ハマコウ

カリメロ さん ありがとうございます

豊川市在住の二人からはB1グランプリに行った話を聞き
その混雑の様子に改めて人気の高さを教えられました
また各地の研修会に勇んで出かける友もおり励まされました
by ハマコウ (2013-12-02 04:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0