So-net無料ブログ作成
検索選択

(1)「おちついた読書」(宮本常一『見聞巷談』八坂書房 2013年より⑤)  (2)「まごじら先生ぬくもり通信」木村将人 津軽書房 1984年【再掲載】 [読書記録 教育]

今回は 2月10日に続いて宮本常一さんの『見聞巷談』より5回目
「おちついた読書」を紹介します

宮本常一さんは『忘れられた日本人』で知られる民俗学者

今からおよそ50年前の文章です

本が大変貴重だった時代だったことが分かります




もう一つ 再掲載で 木村将人さんの
「まごじら先生ぬくもり通信」を紹介します
木村さんのあたたかい学級経営が頭に浮かんできます

「相手にも『ドンマイドンマイ』を」

ミニバス ソフトボールの指導をしていたとき
このような言葉を言えなかったわたしを 恥ずかしく思ってしまいました
 
「反スポーツ」の意味…





※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 あに氏、taka氏を迎えての
 特別展「ジオラマビルダーズ ニュージェネレーション1」開催中です
 開館は金土日曜日と祝日です
 詳しいことはホームページをご覧になってください
 ホームページにも魅力がいっぱい詰まっています

1.jpg

浜松ジオラマファクトリー





※「白鳳の甍(いらか)~浜松市篠場瓦窯の出土品展~」
 会場 : 静岡市立登呂博物館
 期間 : 平成26年1月25日(月)から平成26年3月9日(日)まで

DSCN0173.JPG




(1)「おちついた読書」(宮本常一『見聞巷談』八坂書房 2013年より⑤)

2.jpg

 私は小学校を卒業して後、正規の勉強をしたのは師範学校の二部と専攻科の2か年だ
けであった。


 そのためか、机に向かって書物を読む機会はきわめて乏しかったし、図書館を利用す
ることも少なかったが、書物はほとんど手ばなしたことがない。


 電車の中、バスの中、人を待つ間などに読んだ。したがって、大きい書物を手にする
ことは少なかったが、それでも冊数にすると、かなりの数にのぼっている。


 ただ、物を書くときは机に向かわねばならない。それは夜間が多い。昼は別の仕事に
追われて、自分自身の仕事にぶちこむことは少なかった。



 考えてみるとまったく落ち着きのない日々であったといえる。


 しかし、これは私一人ではないようだ。電車へ乗ってみると若い人たちが何人かかな
らず本をひろげて読んでいる。サラリーマンたちがスポーツ紙や週刊紙を読んでいるの
と対照的であるが、この若者たちがサラリーマンになるとやはりスポーツ紙を読むよう
になるのだろうかと思ってみる。

 しかし、かならずしもそうではないと思う。10年まえに電車の中でこれほど本は読
まれていなかった。みんながある落ちつきをとりもどしてきたことによって、まとまっ
たものを読もうとする意欲がつよくなってきはじめたのだと思う。

 ただこの人たちも時間を十分に持っていないのであろう。だが読書の習慣のついた人
たちは、これからさき図書館を利用することが多くなるのではあるまいか。

 アパート暮らしをするものが多くなると、本をならべるスペースも少ないであろう。
よい本をゆっくりおちついて読みたいというときには自然に図書館へ足が向かうように
なってくると思う。

 それにはよい本をたくさんそなえた図書館がたくさんできなければならない。

 そして人間が静かに物を考えるゆとりを持つようになったとき、はじめて人間がこれ
からさきどのように生きてゆくべきかという方向を、はっきり見いだせると思う。
 
         (「学校図書館」194号 全国図書館協議会 昭和41年12月)












(2)「まごじら先生ぬくもり通信」木村将人 津軽書房 1984年【再掲載】

1.jpg

◇木村将人さん

 昭和17年青森県黒石市生

 昭和42年東洋大卒 青森中学校教師

「学級文集 小国」(田畑書店)

「生徒と共に歩む中で」(教育法道新聞社)

「信・愛・勇への教師像」(たいまつ社)




◇まごじら先生通信

○徳永康起
 30代で校長 教育の面白さは平教員にありと降格人事希望

徹底した教わる姿勢(子供に) 誰でも教えることは好き

 
○野本三吉
 「太陽の自叙伝」「生活者」「いのちの群れ」


「一日一信」




◇2年生スタート
保護者への依頼
  ①手作り弁当

②雨の日の送り迎えをしない
  忘れ物を届けない

③家でうんと仕事をさせて欲しい



 ◎欠席した子供のノートとり


◎一日労働体験


連合国本部の「日本人ふぬけ化作戦」 → 「3S」で
 ①Sスクリーン  映画→テレビ テレビっ子氾濫

②Sスポーツ   スポーツ狂気

③Sセックス


「金と時間を惜しんで生徒指導はできない」


◎担任の長所を一枚文集に


 ◎葉書の活用 ふっと思いついては葉書
褒めるべき時に葉書  = 生徒指導上の実弾


◎反スポーツ(木村さんは野球部を指導されていました)

①時間の掛け方が異常

②相手のミスを喜びそれに乗ずる姿勢
相手にも「ドンマイドンマイ」を


  ③勝つためには手段を選ばない姿勢


弱い者いじめに

nice!(205)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 205

コメント 6

おれんじわに

落ち着いた読書、していませんね。やはり電車の中などになってしまいます。周りをみると読書よりもみなさんスマートフォンをいじってます。読書はまた減ってきているのでしょうかね。
by おれんじわに (2014-02-15 11:03) 

PENGUIN

私も本を読みますが図書館は貴重ですね。
ゆっくり本を読む時間が好きです。
by PENGUIN (2014-02-15 12:43) 

ハマコウ

おれんじわに さん ありがとうございます
こまめに時間を見つけて読書しようとするのですが 
このごろは すぐに眠くなってしまいます
by ハマコウ (2014-02-15 14:34) 

ハマコウ

PENGUIN  さん ありがとうございます

最近は図書館も便利になりました
インターネット予約 大変助かっています
by ハマコウ (2014-02-15 14:35) 

あとりえSAKANA

拙ブログに来訪&nice!を
ありがとうございました☆

by あとりえSAKANA (2014-02-15 15:13) 

ハマコウ

あとりえSAKANA さん ありがとうございます
よろしくお願いします

by ハマコウ (2014-02-15 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0