So-net無料ブログ作成

「学力低下の実態」苅谷剛彦・志水宏吉・清水睦美・諸田裕子 岩波ブックレット№578 2002年 ① [読書記録 教育]

今回は 苅谷剛彦さん 志水宏吉さん 清水睦美さん 諸田裕子さんの
「学力低下の実態」1回目の紹介です



出版社の案内には 

「子どもの学力は実際に低下しているのか.何についての,誰の学力が低下している
 のか。89年と2001年の比較調査から浮かび上がったのは,小中学生の基礎学力の
 全般的な低下と,学力の階層差という大きな問題であった。大きな反響をよんだ気
 鋭の研究者グループによる報告に詳細な注釈・解説を加えた決定版」

「『新しい学力観』のもと、小中学生の学力はどう変化したのか?文科省調査ではわか
 らない学力の低下と『教育における階層差』の実態に迫り、その克服をめざす。」

と あります



12年前の本ですが 今でも読むべき価値がある本だと思います
教育における階層差の問題は解決されないまま 
むしろ拡大しているのではないでしょうか

「その克服をめざす」として提言されていることはまだまだ…




今回紹介分から特に印象に残る言葉は…
・「文科省の方向転換  学習指導要領は「最低基準」(上限規程から)」
- 驚いたものでした
  まさに「文科省の変節」 文科省はどこを見ているかと

・「大切なのは学力の振り子論の視野におさまらない教育の実態の変化の検証」
- いつのまにかまたもとに

・「塾に行かない子供の基礎学力の低下が著しい」
「家庭的な背景の影響についての分析ができない」
- 家庭的な背景の影響 家庭的な背景の変化 
  かなり大きいものと想像されます




※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 あに氏、taka氏を迎えての
 特別展「ジオラマビルダーズ ニュージェネレーション1」開催中です
 開館は金土日曜日と祝日です
 詳しいことはホームページをご覧になってください
 ホームページにも魅力がいっぱい詰まっています

浜松ジオラマファクトリー





※「白鳳の甍(いらか)~浜松市篠場瓦窯の出土品展~」
 会場 : 静岡市立登呂博物館
 期間 : 平成26年1月25日(月)から平成26年3月9日(日)まで
DSCN0182.JPG


















☆「学力低下の実態」苅谷剛彦・志水宏吉・清水睦美・諸田裕子 岩波ブックレット№578 2002年 ①  

51N6T0ZJSQL._SL500_AA300_.jpg

◇はじめに
数年前   受験教育,詰め込み教育批判 → 「ゆとり」「総合学習」支持


昨今      「確かな学力」の向上


文科省の方向転換  学習指導要領は「最低基準」(上限規程から)



  「できる」子どもたちを救う手だてを着々と
            (学力低下論に押される形で)
スーパー・イングリッシュ・ラゲッジ・ハイスクール
スーパー・サイエンス・ハイスクール
「学力向上フロンティア授業」



文科省の変節

                  ∥

         <子供の学習の実態><学習面での階層差の実態>
           
 今求められているものは、子供の「学力」や学習の実態から,日本の教育が抱え
る問題を見通していく視座と問題解決学習を図るための正確な現状認識。      

             ∥

公教育が果たすべき(最低限の)役割を考えるための基盤


 <キーワード>
「新しい学力観」 1911臨教審

「生きる力」 1996中教審等

「確かな学力」  の向上 2001.1.17 アピール
   





◇第一部 小学生の基礎学力はどう変わったか(1)

1.二つの学力観を超えた議論を

 文科省 学指要を「最低基準」であることの方針を受けての動き

↑↓

    90年代後半,メディアは教育改革の歓迎ぶり一色

しかし,議論の多くは「知識重視」か「生きる力」かの単純な二分法



それを受け止める教育の現実は既に大変


 大切なのは学力の振り子論の視野におさまらない教育の実態の変化の検証
1989年と2001年との比較



◎2002.1~2月の文科省調査の問題点

 ①過去との比較を換えて分析できない
通塾者と被通塾者 塾に行かない子供の基礎学力の低下が著しい 


 ②家庭的な背景の影響についての分析ができない
日本ではタブー

nice!(195)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 195

コメント 2

まお

子供の学力低下、気になります^^;
by まお (2014-02-17 22:10) 

ハマコウ

まお さん ありがとうございます

学力とは何か 何を学力というのかを 教育界だけではなく 広く話し合われること 認識をもつことが 必要だと思います
by ハマコウ (2014-02-17 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0