So-net無料ブログ作成
検索選択

(1)「致知」2011年6月号 特集「新生」② (2)「私の一冊 日本の百冊」学研ハブリッシング 2009年【再掲載】 [読書記録 一般]

今回は 4月27日に続いて 
月刊誌「致知」2011年6月号特集「新生」の紹介2回目です




今回紹介分から 特に印象に残った言葉は…

・「人間は生きなければなりません」
- 西村さん お菓子放浪記の映画を思い出します

・「ひとりの教師との出会いが僕の運命を変えた」
- そう言ってもらえるようになれれば…

・「この大地震は『もっと謙虚に生きよ』とのメッセージ」
- この表現には どこか引っかかるものを感じてしまいます

・「白湯は身体を芯から温め毒を出す魔法の飲み物」
- 最近 白湯のおいしさを感じるようになりました
  もちろん緑茶も大好きなのですが 




もう一つ 再掲載となりますが NHK出版の
「私の一冊 日本の百冊」を紹介します
各界著名人の勧める一冊 その方らしいなあと思いました

このごろ当ブログでも紹介している宮本常一さんの「忘れられた日本人」(岩波文庫)
三枝成彰さんの お薦めの一冊になっています


※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 開館は金土日曜日と祝日です
 詳しいことはホームページをご覧になってください
 ホームページにも魅力がいっぱい詰まっています
浜松ジオラマファクトリー




(1)「致知」2011年6月号 特集「新生」②

1.jpg

◇人間は生きなければなりません 西村滋(作家 大正14年愛知県生「お菓子放浪記」)

 非行少年から立ち直ったきっかけ


 東京大空襲その日


 今夜限り孤児であることを忘れよう


 子どもにとっての財産
ホンモノとニセモノの見分けのつく人間になれ





◇ひとりの教師との出会いが僕の運命を変えた
   碇浩一(元福岡教育大教授 精神科医)S20奉天生 九州大医学部卒


 病室で過ごした少年期の8年間 
   結核とカリエス


 運命を変えた女性教師との出会い
   高松国立結核療養所 北岡昌子先生


 茶水をくみ上げる内に少量でも清水が湧く


 自己流の勉強法で難関校に合格


 どういう状態でも可能性がある





◇この大地震は「もっと謙虚に生きよ」とのメッセージ

 村上和雄&石田瑞穂(海洋研究開発機構特認上席研究員)


 今回の大地震は阪神淡路大震災の1000倍のエネルギー


 地震の専門家が驚いた大地震
  

 引き波がなかった今回の大津波 
引き波が小さくすぐに巨大な波が


 東京直下型地震はいつくるのか?


 大自然は人間の知恵を超える


 日本人は天を恨まず試練を受け入れている





◇人生を照らす言葉  鈴木秀子

 求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。
  

 門を叩きなさい。そうすれば開かれる。


 津波が人間のエゴの壁を壊していった


 小さなことでも人に尽くす生き方





◇白湯で芯から温め、心と体の調和を取り戻す  蓮村誠

 白湯は身体を芯から温め毒を出す魔法の飲み物


 胃腸を温めれば身体全体が活性化する


 十分以上沸かし続けることがカギ
朝一番コップ一杯 5~10分 すするようにしてゆっくり


 生もの ヨーグルト 冷たい飲み物は避ける







(2)「私の一冊 日本の百冊」学研ハブリッシング 2009年【再掲載】
 
1.jpg

吉永小百合   「娘よここが長崎です」 筒井茅乃 くもん出版 永井隆氏の娘さん


姜尚中     「こころ」 夏目漱石 岩波文庫


西原理恵子   「季節のない街」 山本周五郎 新潮文庫


蒼井優     「旅をする木」 星野道夫 文春文庫


CWニコル   「輝ける闇」 開高健 新潮文庫


春風亭昇太   「ねぼけ人生」 水木しげる ちくま文庫


辻井喬     「吉野葛・蘆刈」 谷崎潤一郎 岩波文庫


崔洋一     「金石範」作品集 平凡社


千住博     「海辺のカフェ」上下 村上春樹 新潮文庫


川上未映子   「翔太と猫のインサイトの夏休み」 永井均 ちくま学芸文庫


ケンタロウ   「極北に駆ける」 植村直己 文春文庫


松尾貴史    「パイプのけむり」 團伊玖磨 朝日新聞社


室井佑月    「走れタカハシ」 村上龍 講談社文庫


三枝成彰    「忘れられた日本人」 宮本常一 岩波文庫


鏡リュウジ   「黒魔術の手帳」 渋澤龍彦 河出文庫


村主章枝    「トップアスリート」 小松成美 扶桑社


井出仲之    「生命を捉えなおす」 清水博 中公新書


原田泰治    「神を描いた男・田中一村」 小林照章 中公文庫


季里      「ふしぎなえ」 安野光雄 福音館書店


北方謙三    「李陵」 中島敦 角川文庫クラシック


吉田貴之    「塩崎峠」 三浦綾子 新潮文庫


湯浅誠     「生きさせろ」 雨宮処凛 太田出版


柿沼康二    「夜長姫と耳男」 坂口安吾 講談社文芸文庫


吉行和子    「第七官界往徨」 尾崎翠 ちくま文庫


アーサー・ビナード   「陽気な引っ越し」 菅沼克己 西田書店  


大野静     「新生」 島崎藤村 岩波文庫


山田邦子    「漂流」 吉村昭 新潮文庫


丸谷才一    「不機嫌の時代」 山崎正和 講談社学芸文庫


小石至誠(ナポレオンズ) 「うらおもて人生録」 色川式大 新潮文庫 9勝6敗が目標


内山理名    「私的生活」 田辺聖子 講談社文庫


福原義春    「方丈記」 鴨長明 岩波文庫


唐沢俊一    「壇流クッキング」 壇一雄 中公文庫


丹羽宇一郎   「木のいのち木のこころ<天・地・人>」 西岡常一 新潮文庫


青柳正規    「人間の条件」(上・中・下) 五味川純平 岩波現代文庫


今野勉     「ゴーシュという名前」 梅津時比古 東京書籍


浜畑賢吉    「江戸の繁盛しぐさ」 越川禮子 日経ビジネス人文庫


金子兜太    「無禮なる妻橋本夢道句集」 橋本夢道 未来社


イッセー尾形  「スタジオジブリ絵コンテ全集3となりのトトロ」宮崎駿 徳間書店


中村伊知哉   「紅い花」 つげ義春 小学館文庫

nice!(159)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 159

コメント 4

くーぺ

学校の先生の役目は子供たちを教育することだと思いますが、
その先生との良きコミュニケーション方法を教えるのは親や親近者、
国の役目ではないかと思います。
私事ですが、親身で厳しい先生ほど楽しい想い出がいっぱいです。
by くーぺ (2014-04-30 11:30) 

PENGUIN

辛いこともありますが、人間は生きていかなければいけないんですよね。
by PENGUIN (2014-04-30 16:45) 

ハマコウ

くーぺ さん ありがとうございます

世間からは いろいろ言われます
でも わたしは教員の仲間が大好きです
まじめ 熱心さ…  それがまた批判されることにつながるのですが

今 子どもたちに「理解させてから」指導する方向
チームとして指導するに向かっていますが なかなか時間がかかります

by ハマコウ (2014-04-30 22:25) 

ハマコウ

PENGUIN さん ありがとうございます

辛いこともあるかもしれないけれども 生きていることはすばらしいこと
子どもたちに伝えていきたいと思っています
by ハマコウ (2014-04-30 22:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。