So-net無料ブログ作成
検索選択

「浜松の城と合戦」城郭遺産による街づくり協議会 サンライズ出版 2010年 ③(最終) [読書記録 郷土]

今回は 7月14日に続き 城郭遺産による街づくり協議会による
「浜松の城と合戦」3回目の紹介 最終となります

小和田哲男さん 加藤理文さん 中井均さん 三浦正幸さんと
城郭研究の専門家がメンバーとなっています



出版社の内容紹介には

「武田・徳川が争奪戦を繰り広げた遠江の城。発掘調査で明らかになった中世から織豊
 期にかけての城づくりの変遷を紹介するとともに、三方ヶ原合戦の歴史的評価を小和
 田哲男、漫画家・宮下英樹を交えて語る。平成21年11月に浜松で開催された講演
 会・シンポジウムを再録」

とあります


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…
・「遠州大念仏 ~ 盆の虫送りの行事か?」
- それも考えられますね

・「酒井の太鼓はこじつけ?(後世)布橋も? 小豆餅、銭取りも作り話か?」
- 負け戦だけに 家康さんに関する嘘のようなおもしろい話がたくさん残っています
  どれが本当なのでしょうか

  



※浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー
 ものづくりの街 浜松
 行くたびに新しい感動が得られる 山田卓司さんの世界
 詳しいことはホームページをご覧になってください
 ホームページにも魅力がいっぱい詰まっています
浜松ジオラマファクトリー






☆「浜松の城と合戦」城郭遺産による街づくり協議会 サンライズ出版 2010年 ③(最終)

1.jpg

◇三方原合戦を語る
1 三方原合戦と浜松城 小和田哲男

  武田信玄と徳川家康
永禄11(1568)年12月13日 信玄が今川館を攻めた

家康も今川氏真が逃げた掛川城を攻めた
 
               
  母の兄 水野信元 → 今川方から織田方へ
「清洲同盟」
    

 信玄の遠江侵攻 
   元亀3(1572)年敵対同士に

  10月10日 遠江に入る 二万五千の軍勢


 三方原の闘いの前哨戦 
  ①三箇野川の戦いと一言坂の戦い
家康方は全体で8000人

偵察隊 本多忠勝、内藤信成

三箇野川で小競り合い



逃げ帰る



  一言坂で追いつかれてしまう
本多平八郎がここで踏ん張る

   武田方資料
 「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」

二俣城を落とすのに2か月もかかってしまった


   三方原台地に登る武田軍
信玄のおびき出し作戦 
      - わざわざ浜松城近くまで兵を進め直前で進路を変えた


信長より3000の援軍        ↓
家康は信長からの叱責が怖かった

        自分の家臣に見限られる恐怖感 
元今川家臣が信玄についてしまう恐れ
    


   三方原の戦いの虚実
12月22日(今の2月4日)


最初は石合戦 → 本格的な戦いへ



夏目二郎左右衛門吉信 留守
情報が入り馬に乗りわずかな兵を連れて行く

  途中家康と出会い自分の馬をわたし逃げ帰らせた
 
                  ↓

自分が家康の身代わりになり「我こそは家康なり」のように叫んだ
     夜でよく分からない → 武田軍が集まり首を取られた
         


   酒井忠次 酒井の太鼓はこじつけ?(後世)布橋も?
小豆餅、銭取りも作り話か?事実は?


   遠州大念仏 ~ 盆の虫送りの行事か?






2 シンポジウム 三方原合戦を語る

  弱い立場の家康


  宮下英樹 マンガ「センゴク」「センゴク天王記」
   

  見附から浜松に移った理由 - 見附での築城を取りやめせめて引間
引間は今川時代の名前だから浜松に

政治都市-見附  経済都市-引間


  家康時代の浜松城に石垣はあったのか?
  石垣→文禄期か? 古く見えるけい岩


  三方原合戦の主戦場はどこか
「みかたがはら」  二俣城に2か月→大きな誤算
   

  武田か徳川か北遠領主の  
   山の道は上にあった



  設楽原合戦  信長の鉄砲隊の勝手



  関ヶ原の合戦
    家康が事前に旧豊臣大名たちの事前工作

「後詰め」救援  名将とは一度頽廃したものをいう








<イベントのお知らせ>

①「いちゆうのヒトin浜松vol.7」
1.jpg
 浜松市出身の女性講談師 田辺一邑さんの独演会が 今夏も浜松で行われます
 お時間があればぜひご来場ください
 前座は田辺いちかさん ゲストは三遊亭万橘さんです

 日時:8月2日(日)14:00~
 場所:浜松市地域情報センターホール
 料金:前売り2500円 当日2700円
 問い合わせ:ケイ企画 河村(電話053-438-1863)



②七人の女性モデラー展 開催中
1.jpg
 期間:5月23日(土)〜7月26日(日)
 右衛門、オオゴシトモエ、高林律子、橋上寿子、ぴあにしも、山城守子、横山千重美
 会場:浜松ジオラマファクトリー ザザシティ浜松中央館3階 (053)489-3725
 入場料:大人500円 中高校生200円 小学生100円 未就学児童:無料
 ご入場時間:AM10:00〜PM6:00(最終入場時間 PM5:30)
 休館:火・水曜日(但し祝日は営業)

nice!(179)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 179

コメント 2

オカジュン765

おはようございます。まいど訪問おおきにです。
三方が原の戦いは講談の修羅場読みの基本演目でもあります。日本初のアメリカ人講談師・旭堂南春さんが三方が原の戦いについて語っていますが、私は英語が全くわかりませんのでよろしければご覧ください。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CPVZ-nJexbA?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
by オカジュン765 (2015-07-20 08:20) 

ハマコウ

オカジュン765 さん ありがとうございます
アメリカ人の講談師さんがいることを初めて知りました
グローバルですね
by ハマコウ (2015-07-24 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0