So-net無料ブログ作成

「楽しく上手にお金とつきあう」小林正観 大和書房 2007年 ②(下) [読書記録 一般]

今回は 1月6日に続いて 小林正観さんの
「楽しく上手にお金とつきあう」の紹介2回目(下)です



出版社の案内には

「一生お金に困らない人とは人に喜ばれる人。人から頼まれる人。人を応援する人。
 『感謝の方程式』に気づいた人は、毎日が楽しくてたまらなくなる。」

とあります



小林正観さんが好きで 当ブログでも 
以前『そ・わ・かの法則』
『この世の悩みがゼロになる』を紹介しています
※過去記事 http://ya42853.blog.so-net.ne.jp/2011-08-11
      http://ya42853.blog.so-net.ne.jp/2014-01-25-2



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「『そこから先は神の領域』と考えると随分楽になる」 
「意味を考えない 」


・「すべてが当たり前の人は生涯,幸せが分からない」


・「妻は『隣のおばさん』」
- 自分の妻ではなく隣のおばさんだと考えれば応対も丁寧になり
  よりよい関係になれそうです… 


・「『いどおの法則』 いばらない・どならない・おこらない」
- いつも頭の片隅に置きたい言葉です


そうだなあと思う言葉がたくさん載っています
気軽に読むことができて 気楽に実践できそうな本です





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー







☆「楽しく上手にお金とつきあう」小林正観 大和書房 2007年 ②(下)

1.JPG

◇努力しない方が楽になる 生き方の法則②
○「思い」があるからストレスが生まれる

 「思い」がないと楽


 この先は神の領域
   「そこから先は神の領域」と考えると随分楽になる
    

 意味を考えない 



○「幸せ」は当たり前すぎて気付かない 

 「幸せ」に気付かないことが不幸


 海に育った魚の幸せ 
   すべてが当たり前の人は生涯,幸せが分からない


 この世に生まれ難き幸せ
   何百億もの魂が順番待ち




○家族だから感謝が薄れる 家族だから感謝ができる

 「不満」が「感謝」に
  
 妻は「隣のおばさん」




○「夢や希望に満ちあふれた人生」は「死ぬまで満たされない人生」かも

 「努力」の反対は「感謝」 
    怠け者の薦め


 究極の怠け者
  - 腹を立てても怒鳴らない




○求めて手に入れるのが人生の前半 

 折り返しを過ぎたら捨てて手放す


「追い風」の前半生(×「何かをしたい」)  
   VS
「向かい風」の後半生(◎「頼まれたら引き受ける」)
   



○謙虚とは控えめなことではない 

 お陰様と感謝できること


 謙虚と傲慢の分かれ目
    

 「いどおの法則」
    いばらない・どならない・おこらない


 言葉「ありがとう」 と 行動「トイレ掃除」



○「発想転換」して「執着を捨てる」 

 寺子屋か寺子屋か 100人の役割







◇幸せに満たされてしまう 「感謝の方程式」
  
○言葉は役立つ道具だが,傷つける武器でもある 

 言葉は刃物である 生まれてくれてありがとう
← 発した言葉のエネルギーは自らに返ってくる


 言葉が現象を生む  言葉に宿る神
  



○「ありがとう」は神の応援を得る言葉

 不幸が訪れる意味 
   病気にならない方法 - いただいている物をリストアップ




○道具を大切にする人に道具からの恩返し

 イチローのバット 
   道具が勝手に反応してしまう = 「ありがとう」バージョン
  



○「ありがとう」を言うだけで,うれしく楽しいことが起こる 

 ありがとう効果
   高い値が付くバラ
  



○どんなに強く長く願っても,思いは思いのまま 

 願ってもかなわない 
   感謝は3秒で済む




○ツイている人たちが集まれば強力なパワーになる

 ツイている人 ツイている集団のパワー
      
   - 松下幸之助の採用基準 ラッキーと言った人




○明るい言葉を発すると心が晴れる 

 やるだけやってみる


 うつ病が治る七つの言葉
①うれしい
    ②楽しい
    ③幸せ
    ④愛してる
    ⑤大好き
    ⑥ありがとう
    ⑦ついている

    わくわくする




○愚痴を言う人の周りには愚痴を言う人が集まる 

 愚痴をやめれば集まる人も変わる


 知らずに話している悪口 
   親身にならない




○神さまに好かれる人とは「綺麗な人=身の回りを綺麗にしている人」

 心がけより実践を
   = 神さまに好かれる人
  



○立派な人格者にならなくていい 
 
 欲深い人でいい 


 損得で考える - 体にいいこと
  



○光と闇は100対0 

 光が来れば闇はなくなる 


 闇はない ← 光を投げ掛ける
nice!(237)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 237

コメント 4

小がめら

初めてお邪魔します。

ご紹介の本自体を読むのは難しそうですが、紹介されている言葉の数々、心に響きますね。いくつかは、「ハッ」と思うものがありました。

要は、気の持ちよう、心がけ次第、ということなのでしょう。

ありがとうございました。それではまた。

by 小がめら (2016-01-10 04:55) 

ハマコウ

小がめらさん ありがとうございます
「心の持ちよう 心がけ次第」ですね
小林さんは「そ・わ・かの法則」=そうじ・笑い・感謝の大切さを教えてくれます 
いつも心に留めておくようにしています 
by ハマコウ (2016-01-10 06:26) 

hiro-kan

夫は、隣のおじさんと思えば

良かったのかな?(笑)
by hiro-kan (2016-01-10 22:07) 

ハマコウ

hiro-kanさん ありがとうございます
我が家ではお互いによその人の前でだけ隣のおじさん・おばさんというような態度になります
by ハマコウ (2016-01-10 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0