So-net無料ブログ作成

「日本子育て物語-育児の社会史」 上笙一郎 筑摩書房 1991年 ⑩ [読書記録 教育]

「国民皆学校制度の本当のねらいは?
『一定水準の近代教育的な学力 → 兵士・労働者の育成』」



今回は 3月 8日に続いて 上笙一郎さんの
「日本子育て物語-育児の社会史」10回目の紹介です



今回は「近代」についての要約①です




出版社の案内には

「原始時代から現代まで―子どもの歴史と子育ての歩みを、豊かな資料を引きつつ興味深
 く語り、日本人の育児の知恵と子どもへの深い思いを明らかにする。 」

とあります




今回紹介分「近代」①から強く印象に残った言葉は…

・「温良な労働者と勇敢な兵士と」
- 資本家 国家にとって都合のよい?


・「教育勅語(1890)と国定教科書(1902)」
- 宗教 首長(政治家)と教育があまりに近付きすぎていること…
  大丈夫だろうかと不安をもちます


・「目的は利潤の追求 生活上の必要ではない」
- 平成の現在のことか感じてしまいます
  明治時代と全く変わっていないのでしょうか


・「年齢制限・労働時間制限等
 → 実際には護れず (但し書きが抜け道に = ザル法)」
- 先の残業時間についてのことも?







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー







☆「日本子育て物語-育児の社会史」 上笙一郎 筑摩書房 1991年 ⑩ 

1.JPG

≪近代≫①
 
◇教育勅語と国定教科書 - 国民皆学校制度の本質

□明治維新により変貌したもの

 大転換
 ① 将軍      → 天皇

② 農業      → 工業(産業の主軸)

③ 「武士-農民」 → 「資本家-労働者」(支配関係)


 国民皆学校制度 
   明治44(1911)年 小学校就学率98.2%



□「邑に不学の戸なからしめん」

 明治5(1872)年 学校制度の創設
寺子屋師匠がそのまま小学校の教師になったのが大半

  「実語教」「童子教」+「小学読本」(欧米もの翻訳)


 明治10~20年代前半
就学率50%以下
     → 登校する子に賞やバッジ


子守学校



□国民皆学校制度の本当のねらいは?

 ① 学制

② 地租改正条令  → 資本主義社会の発達

③ 徴兵令

「一定水準の近代教育的な学力 →兵士・労働者の育成」



□温良な労働者と勇敢な兵士と

 教育 → 労働者と兵士のために

教育勅語(1890)と国定教科書(1902)
 
 





◇年少労働者と工場法 - 「資本」による子護り

□近代資本主義を支えた女性年少労働者

目的は利潤の追求 生活上の必要ではない

→ 若年労働者 女子に多い = 近代日本の工業の基礎



□「工業は白昼に人を殺している」

 寄宿舎 - 連続徹夜業 → 結核  (石原修『女工と結核』)



□難産を重ねた工場法

 資本 ~ マルクス「血も涙もない怪物」



工場法の制定 岡実『工場法論』1913
明治20年~ 再々提出

  明治44年(1911)ようやく可決制定
<子護り>としての工場法



□工場法は子供たちを護れたか?

 年齢制限・労働時間制限等
 
  → 実際には護れず
(但し書きが抜け道に = ザル法)

nice!(185)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 185

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0