So-net無料ブログ作成

「人生のくくり方」 加藤秀俊 NHKブックス 1981年 ⑤ [読書記録 一般]

「モラトリアム人間 
 ・幼児性の持続
 自分がまだ大人になっていないと自らに言い聞かせながら時間の経過に身を委ねてい
 る」





今回は 3月4日に続いて 社会学者 加藤秀俊さんの
「人生のくくり方」の紹介 5回目です。



加藤秀俊さんの本は「社会学」を身近に感じさせてくれます。



出版社の案内には

「著者加藤秀俊氏は、現代の生きた諸問題に挑戦する意欲に満ち溢れている。行動的に世
 界中を駆け巡る個性的な社会科学者である。現代に生きることへの責任を行動をもって
 果たしたからである。」

とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「親=上の世代の大人から指導・保護・監督を受ける時間が次第に長くなってきた」


・「母子密着家庭の深刻化」


・「いろいろやってみて自分が何であるかだんだん分かってくるだろうという幻想は持っ
 ているが,現在の自我がどのようなものであるかについての認識は極めて曖昧」
- 本当に大人の態度といえるのだろうかと思うことが増えてきました。


・「幼児性を残しながらアダルト感覚に憧れる」




言いづらいことをずばっと言ってくれ手いるように感じました。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「人生のくくり方」 加藤秀俊 NHKブックス 1981年 ⑤

1.JPG

◇親離れ・子離れ(1)

□古典的人類学者 マードック・リントン

「家族とは永続性を以て婚姻関係を結んでいる男女と,その間に生まれた子供によって営
 まれている生活共同体である」



 定義しにくい



□家族 
 ① 方向付けの家族   教え育てられる人間

 ② 生殖家族      子供を産み育てる

    ↓

①の「方向付け家族」の中で過ごす時間が長くなってきた



 親 = 上の世代の大人から指導・保護・監督を受ける時間が次第に長くなってきた



□明治時代 
 ○12歳で丁稚奉公 
  
  理由 ①家が貧しい

②子供を親が引き離す


   
 ○大学生 旧制高校・全寮制

  理由 ①全国にナンバー校が6つ

②独立心を養うことを目標



  親から離れて独立 先生が仮親



 かつては自立心が育てられ,精神的な独立をせざるを得なかった



□現在は…

<理由>
①国民生活水準の向上    家計が楽になった

  ②社会全体の高学歴化    親がかり 月額10万円以上親が負担

  ③平均寿命が長くなった  経済的保護期間長く

  ④出生率低下 1944年 一夫婦1.46人(=マイナス)

  ○男女ともに働く家庭 高学歴化 一人っ子



  自宅通学・個室を望む




□母子密着家庭の深刻化  

 過保護問題 マザコン  

親心は7~8歳くらいまで

母子密着家庭 

  小此木敬吾「モラトリアム人間の世代」

自己確立が遅れる



□フリーター 

 気楽さ モラトリアム人間の大集団の出現



○「アイデンティティ・クライシス」
エリック・エリクソン

自己同一性


○モラトリアム人間
・ 自分が何者であるか証明できない

・ いろいろやってみて自分が何であるかだんだん分かってくるだろうという幻想は持
  っているが,現在の自我がどのようなものであるかについての認識は極めて曖昧

  ∥

自己証明ができなくなる危機的状態


○アイデンティティ問題

① 親子(母子)心理的同一視

母親の一部だという感覚から抜け出せない



自らを母親から断ち切ることができない


   母も子に投入 子のアイデンティティは母にある

    = 母のアイデンティティは子にある

 ② かつては個人と同時に村落社会の一員



  自らのアイデンティティを村落に求めることができた(会社人間)


○モラトリアム人間 

・幼児性の持続

 自分がまだ大人になっていないと自らに言い聞かせながら時間の経過に身を委ねている



・ディズニーランド
遊園地,テレビゲーム熱中,ミッキーマウス時計



一人前の社会的存在としての大人の行為にふさわしくない


・幼児性を残しながらアダルト感覚に憧れる


nice!(168)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 168

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0