So-net無料ブログ作成
検索選択

『基礎学力はこうしてつける』 杉田久信(富山市立五福小学校長)フォーラムA 2003年 ② [読書記録 教育]

「明確な指示をする
 ① 一時に一事 
 ② 30秒以内の短い指示,しっかり確認する」


一時ブームになった法則か運動を思い出しました。




今回は 5月10日に続いて 杉田久信さんの

「基礎学力はこうしてつける」2回目の紹介です。



出版社の案内には、

「100マス計算・音読による全校学力づくり。漢字テスト・計算テスト、全校平均90点
 を突破。学校ぐるみの実践がキレ・荒れを完全克服。 」

とあります。


今回紹介文から 強く印象に残った言葉は…

・「褒める・励ます・フォローする
 ① 褒め言葉の種類を増やし,力強く短く褒める
 ② 事実を褒める
③ 子どもの名前を言って褒める」
- 教育ばかりでなく 子どもと接する人が意識しておくとよいことですね。


・「短時間にテンポ良く」
- 一斉授業で 楽しい雰囲気作りには欠かせないことですが、特別支援を要する子ども
 に配慮することも大切です。
   

・「学習形態 
 ・教師と子ども 上下横いろいろな方向で
・二人で向き合って読む

 ・グループ同士向き合って読む(男女,生活班,列)」
- 飽きさせない工夫、楽しく感じさせる工夫が大切だと思います。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。
浜松ジオラマファクトリー








☆『基礎学力はこうしてつける』 杉田久信(富山市立五福小学校長)フォーラムA 2003年 ②
1.JPG


<読ませる,見せ合う,指さし,教師に見せる>
(3)褒める・励ます・フォローする

  ① 褒め言葉の種類を増やし,力強く短く褒める

  ② 事実を褒める

③ 子どもの名前を言って褒める
 




□読み書き指導マニュアル
 
(1)音読指導法  
        
  短時間にテンポ良く

①追い込み

   ・教師の後を続けて読む

・一人ないし数人の子どもの後に続けて読む


  ②交代読み 
   
   ・教師と子ども全員で一文ずつ交代で読む

・グループで一文ずつ交代で読む

・二人一組で交代して読む


  ③全員一斉読み

   ・全員一緒に声をそろえて


  ④一人読み 

   ・一人で全文を読む

・一人ずつ交代で一文を読む


  ⑤音読の速さを変える

  ・ゆっくりから速く,音読速度を変えて読む

・一音の発音の長さを変えて読む
(短く区切って,長く区切って など)


  ⑥音読の声の大きさを変える

  ・口を動かさず目で読む

・口をしっかり動かし,声を出さずに読む

・口をしっかり動かし微音で読む

・大きな声で読む


  ⑦学習形態 

   ・教師と子ども 上下横いろいろな方向で

・二人で向き合って読む

  ・グループ同士向き合って読む(男女,生活班,列)
 



□評価 

 ①教師 

  観点別に上手だった子を紹介する…良い点で

・教科書をちゃんと持ってできたか?

・姿勢良く音読できたか?

・口をしっかり開けて読むことができたか?

・はっきりとした発音で読めたか?

・意味が分かるように正しく読めたか?

・大きな声で読めたか?

・よどみなくすらすら読めたか?

nice!(146)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 146

コメント 2

ぼくあずさ

大学受験のころを思い出しました。
中学生まで日々身体を動かす遊びに全力投球、高校生になり
進学を希望する大学には門がないので材木屋の次男坊も
入れる。落ちても恥ずかしくない理工学部学機械科を選び、
自宅では日々8,9時間は勉強するスケジュールを組みました。
予備校の公開模擬荒らしは役立ちました。
故あって開成中学を受験しませんでしたので、門のある大学
には入りませんでした。処が就職した職場は京大卒の係長
東大卒の3人の係員。他の係は東工大、実に楽しい日々でした。
京大とSiemensで勉強する機会が与えられました。
迷わず西ドイツSiemens留学を選びました。中学時代の
先生の言葉「ボヘミアンボーイ」への憧れが蘇りました。
「よく遊び良く学ぶ」人生でした。お粗末さま。
by ぼくあずさ (2017-05-13 07:41) 

ハマコウ

ぼくあずささん ありがとうございます。
 
小さなころよく遊ぶことが大切ですね。
自分で学習計画を立て、ある程度実行できる子を見ると安心します。
意欲に火をつけるには、基礎学力、面倒なことに負けずに訓練を続ける姿勢が必要になります。指導者には、少しでも楽しく訓練を続けるようにする工夫が大切になります。その引き出しをたくさんもてるように努力することもー。
自問自答し続ける子供を育てることに少しでも役立つことができれば・・・と思っています。

by ハマコウ (2017-05-13 07:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。