So-net無料ブログ作成

「世間に学ぶ」 加藤秀俊 中央公論社 2006年 ① [読書記録 一般]

「日本文化の中で聖なるものの世俗化へのスピードは著しい」


今回は 加藤秀俊さんの
「世間に学ぶ」1回目の紹介です。



出版社の案内には、

「暮らしのなかの、なにげない風景。ちょっと視点をかえてみるだけで、いろいろな貌を
 見せてくれる。『世間』はいつも、おもしろい。企業のPR雑誌『季刊大林』『交流』
 に発表したものを収録。」

とあります。




今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「多くのスポーツの淵源は民間の年占いにある」
「相撲 『すまう』  素舞い = 裸で行う舞い
神楽は紙と人とのまじわり」


・「年占い  
 ・綱引き    小正月に隣接村間で収穫の占いのために
・鞍馬の竹きり 6月20日の夜
 ・石合戦」


・「外国の物を見て,それと同じ物を作ってしまおうという日本人の技術的好奇心と才能」


・「日本の技術は科学より芸術に近い」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。
浜松ジオラマファクトリー








☆「世間に学ぶ」 加藤秀俊 中央公論社 2006年 ①

1.png

◇「地の塊」をたずねて
  
□濱谷浩『地の塊・生の塊』 



□山と谷によって隔てられたそれぞれの地方の自律性

  = 「日本は地方の国」



□『世界』(朝倉書店 1977) ランドサットのカラー写真

   谷と盆地 

   日本の水系 

   日本は緑一色






◇進化と展開 スポーツと芸能

□スポーツと芸能

 年占い  
  ・綱引き    小正月に隣接村間で収穫の占いのために


・鞍馬の竹きり 6月20日の夜


  ・石合戦(印地打ち,石打ち) 尾張・熱田 正月15日

死者も → 1699年に禁止

   ペーロン



□多くのスポーツの淵源は民間の年占いにある

 フットボール 1823年 ラグビー村のエリス N.エリアス 『スポーツの起源』

 「相撲節会」
   宮中の謝礼・騎馬と並ぶ三度節(みたびのせち)の一つ

国を東西に分けて吉凶を占う + 乾期の雨乞い

「すまう」 素舞い = 裸で行う舞い

   神楽は紙と人とのまじわり



□カイヨウ『遊びと人間』

 ①アゴーン(競争)

 ②アレア(賭) 

 ③ミミクリー(物真似) 

 ④イリンクス(目眩)  
  聖から俗へ エリアーデ『聖と俗』 



□日本文化の中で聖なるものの世俗化へのスピードは著しい







◇職人の精神

□『伊達の黒船』司馬遼太郎

  宇和島の提灯屋・嘉蔵が軍艦建造

ペリー来航後6年で日本の軍艦第一号が

『アームストロング砲』 鍋島藩 秀島康之助



 外国の物を見て,それと同じ物を作ってしまおうという日本人の技術的好奇心と才能


 1543年 種子島時尭 八坂金兵衛が翌年国産鉄砲第一号 

     現物を見る → それが役に立つ → 同じ物を作る


 それを可能にしたもの
◎在来技術の受け皿

◎高度の好奇心
試行錯誤 ~ 経験や勘
加減,塩梅による生活



□日本の技術は科学より芸術に近い

 職工は職人ではない

 しかし町工場に技術が … 金型・板金


nice!(126)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 126

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0