So-net無料ブログ作成
検索選択

「運命を高めて生きる―新渡戸稲造の名著『修養』に学ぶ」 渡部昇一 致知出版社 2003年 [読書記録 一般]

「おまえの好きな学問を選べばいいし、歴史に名前を残そうというような野心は要らない。
けれども、どんな狭い地面でもよいから、そこに名前が刻まれるような人間になっても
らいたい」

新渡戸稲造さんの言葉だそうですが、子どもたちに伝えたい言葉です。





今回は 渡部昇一さんの
「運命を高めて生きる―新渡戸稲造の名著『修養』に学ぶ」
を紹介します(~P130までの要約です)。

渡部昇一さん 著書がたくさんありますが、先頃亡くなられました。
ご冥福をお祈りします。




出版社の案内には、

「『人間万事塞翁が馬』。試練を愉しみ、安楽に耐え、よりよい毎日を送るための生き方
 のヒント。明治44年の初版から昭和9年まで、148版を重ねた驚異のロングセラー『修
 養』『武士道』の著者・新渡戸稲造の世紀を超えて読み継がれるべき実践的人生論を、
 いま、現代人のために渡部昇一が読み説く!!」

とあります。




今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「平凡な日々をいかに過ごすか」
「非常時にこそ日々の生き方が試される」


・「加齢とともに若返るのが本当の年の取り方である」


・「男はいい意味で『子どもらしさ』があるのがいい」
- より魅力的に感じてしまいます。


・「決心は簡単、問題はいかに継続するかだ」
- 本を読み、「よし、○○をやるぞ。」とよく思いますが、続けるより先に、
 取り掛かりさえしないことのいかに多いことでしょう。
  ブログ記事化が、実行のきっかけになることがしばしばあります。 







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。
浜松ジオラマファクトリー







☆「運命を高めて生きる―新渡戸稲造の名著『修養』に学ぶ」 渡部昇一 致知出版社 2003年

1.JPG

◇明治・大正期「修養」大ブーム

□新渡戸稲造 「修養」明治44.9実業之日本社 49歳 東京帝大教授
 
 札幌農学校 


→ 3年間役人 


→ 東京帝大 


→ 米・ジョンズ・ホプキンス大学


→ 札幌農学校助教授 


→ ドイツ留学 ボン・ベルリン・ハレ各大学

     
→ 札幌農学校教授 日本初の農学博士号 


→ 台湾総督府  


→ 京都帝大法科大教授(法学博士) 


→ 一高校長 

     
→ 東京帝大農家大学教授 



□個人の修養を無意味にした社会・共産主義思想の広がり



□日本人に修養の意義を教えた中村正直の「西国立志編」

 サミュエル・スマイルズ 「セルフヘルプ」


 中村 帰国後静岡へ行き「セルフヘルプ」翻訳 

→ 「西国立志編」明治4      
      「修養」は自由主義の下でこそ!



□戦後日本に修養ブームが起こらなかったのはなぜか

 「古くさいもの」



□新渡戸稲造博士が修養に託した思い 

 忘却先生にならないために



□よく生きるために役立つ考え方を網羅した新心学の書

 儒教、仏教、キリスト教から








◇小さな努力で人は磨かれていく

□修養とは自分の身を修め、自分の心を養うことである

○修身の修  
  = 心を養うの養(羊の食) 何色でも染まる幼稚さ(子羊)

    |

横道にそれない



□平凡な日々をいかに過ごすか



□非常時にこそ日々の生き方が試される



□修養を思うだけで心構えが違ってくる







◇年齢を超越する生き方がある

1 青年とは誰のことを言うのか

○差が分からないゆえに青年は恐ろしい 
   青葉の頃はどれもこれも同じ


○加齢とともに若返るのが本当の年の取り方である
「逆順入仙」

・決心と実行が伴って発展するようになるかどうか

 ・未来の理想や希望に生きるものは誰もが青年である

 ・過去の業績を自慢する人はすでに老いた人である

 ・男はいい意味で「子どもらしさ」があるのがいい
Childish   悪い意味の「子どもっぽい」

   Childlike よい意味での「子どもらしい」

 ・元気の無駄遣いをすると必ず後悔するときがやってくる
慎みを忘れない



2 志を持ち続けるために必要なこと

○「十有五にして学に志す」は正しい

  
○志を不動のものにするために「仕事の本質」を見よ




3 一生の職業をどのように見つけるか

○適正による選択と偶然による選択

○悪平等が子どもの可能性を潰している

○人間として磨かれるならば誰をも納得させることができる
 
○新渡戸
 「おまえの好きな学問を選べばいいし、歴史に名前を残そうというような野心は要らな
  い。けれども、どんな狭い地面でもよいから、そこに名前が刻まれるような人間にな
  ってもらいたい」



「名を歴史よりは地理に刻め」

  
○不足は工夫を生み、志を強くするもとになる

○あとになってみると苦労は悪いものではない
 
 「資金なきを嘆ずるにあらず」








◇継続は人を変える

1 決心は「継続」するのが難しい

○決心は簡単、問題はいかに継続するかだ
マーク・トゥエイン
   「禁煙なんて簡単なもの。わたしはもう5回もやった」


 新渡戸  
  家康 「人の一生は重荷を背負うて遠くに行くがごとし」

     「怠らず行かば千里の外も見ん牛の歩みのよし遅くとも」
  ゲーテ「急ぐことなく休むことなく」



  大切なのは急ぐことではなく決してやめないこと



2 継続のコツは易しいことを続けること

○決心を続けると人間はどこか変わってくる

○継続によってわかる人生の偉大な原則







◇自分の限界を押し広げる

1 勇気をいかに養うか - 勇気は育てるものである

○勇気 
  ①匹夫の勇 
  ②大勇



2 克己の工夫 - 何ができない理由なのか 

 「克つべき己」


       ~P130まで
nice!(125)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 125

コメント 2

ワンモア

先日、お亡くなりになられた渡部昇一さんは、私の読書にとってかけがいのない方でした。
海外の素晴らしい著者たちの翻訳もしてくださいましたね。
by ワンモア (2017-05-19 14:03) 

ハマコウ

ワンモアさん ありがとうございます。
御著書より自分の意見をしっかり持ち発言することの大切さを教えていただきました。
by ハマコウ (2017-05-20 04:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0