So-net無料ブログ作成
検索選択

「孤独と不安のレッスン」鴻上尚史 大和書房 2006年(下) [読書記録 一般]

今回は 5月3日に続いて 鴻上尚史さんの
「孤独と不安のレッスン」2回目の紹介です。


出版社の案内には

「『ニセモノの孤独』を知る、『根拠がない』から始めよう、つらくなったら、誰かに何か
 をあげる、あなたを支えるものを作る―人気演出家が綴る『ひとり』を生きるための練
 習帳。」

とあります。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「『人間関係が得意で好き』な人はいません」


・「傷ついて死んだ人はいない」
- ナイーブになりすぎないでいたい…


・「『ありたい自分』が『今ある自分』より下にいる人は?
→ 小さな勝ち味を積み重ねる」


・「大学は『何をしたらいいかが分からない』ということを学ぶ場所」
「オウム真理教…『何をしたらよいか分からない』状態に耐えられなかったから,明確
な目標を与えてくれる教祖に飛びついた」


・「20歳前後で経験しておくと免疫が付く」
「孤独と不安になれていた方がいい」




劇作家、演出家の教育に関する言葉は生きています。
共通するところが多いのだと思います。



読後 楽な気分になる本です。



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー

  



☆「孤独と不安のレッスン」鴻上尚史 大和書房 2006年(下)

1.JPG

□他者と付き合って成熟する

○あなたの思い一つで変わる人たち 

 宙ぶらりんのまま,ふうふう言いながら
  


○分かり合えなくて当たり前だと思うこと 

 信頼と依存は違うと言うこと 

 気持ちより理解,愛情よりも情報が大切





□辛くなったら誰かに何かをしてあげる

○緊張する体の部分を見付ける 
 
 自分のいつも強ばるところを意識して力を抜く


 
○不安にフォーカスを当てない
 
  → おみやげを人に



○「暇人クラブ」のおみやげ 

 → 不安に悩む前に何かをあげる
  




□人間関係の距離感を覚える  

○「人間関係が得意で好き」な人はいません 


 
○相手と呼吸を合わせる
 
 ~ 距離感
  




□自意識を鎮め,のんきになる方法を見付ける 

○自分について考えすぎるぼくたち
 
 自分で「孤独と不安のレッスン」を


 
○頭の速度でなく体の速度で  
   
 のんき攻撃





□「今ある自分」と「ありたい自分」のいい関係を作る

○口うるさい「ありたい自分」  


 
○目の前の人間に聞いてみる


 
○傷ついて死んだ人はいない
    


○「今ある自分」がメイン,「なりたい自分」はサブ
  
 ほんの少し上に

 

○「ありたい自分」が「今ある自分」より下にいる人は?

→ 小さな勝ち味を積み重ねる





□あなたを支えるものを作る 
    
○おみやげを忘れても許して支えてくれる人が2人(恋人,配偶者以外に)


 
○小さな勝ち味があれば,それで


 
○2人+人間以外のものを ~ 支える
  




□一人暮らしの勧め 

○「孤独と不安」は年をとっても減らないから


 
○簡単に慰められてはいけない

大学は「何をしたらいいかが分からない」ということを学ぶ場所



 
○オウム真理教 
 
…「何をしたらよいか分からない」状態に耐えられなかったから,明確な目標を与えてく
 れる教祖に飛びついた




 

○人生のどこかで「何をしたらいいか分からない」状態になる

 20歳前後で経験しておくと免疫が付く


 孤独と不安になれていた方がいい





○体の声を聞く 
 
 → 若さの暴走は体を無視した結果





□一人暮らしと恋愛の関係を知る

○恋愛の多くは「孤独と不安」から始まる

 相手がすてきだからではなく,自分が孤独で寂しいから多くの人は恋愛する

 


○人間が善心で人間を求めるとき,魅力的になる






□声に出してみる
nice!(137)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 137

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0