So-net無料ブログ作成
検索選択

「宮本常一さん 教育について」 ③ [読書記録 教育]

今回は 5月22日に続いて 宮本常一さんの数々の著書から
「宮本常一さん 教育について」3回目の紹介です。




「忘れられた日本人」で知られる民俗学者、宮本常一さん。
宮本さんは、元小学校教員。
わたしが読んだとき
「これはこれからの教育での実践につながる」と考えたものを要約して記してきました。
それらの要約の一部です。



今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「逢魔が時 
  逢魔が時には必ず挨拶しなければならない
挨拶がないのは魔物」
- 魔物が多くなっています。


・「子どもの世界の喪失
  『主体性を持った子供の世界がぐんぐん突き崩されていって,次第に子供が親に隷属
   していく形を取り始めた」


・「昔の子  
  ・どこへおっぽり出されても泣き言は言わない。
・何をしておってもすぐに友達ができる。」


・「大切なのは親が子を突き放すこと」




40年以上も前に書かれたものばかりですが、大切なものはかわらないと強く感じます。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「宮本常一さん 教育について」 ③

1.JPG

◇子供の世界
 
□子ども組・子ども宿 

 絶対ルール 

 泣いて帰っても門まで(親は干渉しない)



□逢魔が時 

 逢魔が時には必ず挨拶しなければならない

 挨拶がないのは魔物



□月夜の晩の楽しみ = 語り物



□教育(宮本)

 子どもの世界の喪失
「主体性を持った子供の世界がぐんぐん突き崩されていって,次第に子供が親に隷属して
 いく形を取り始めた」


 土地・故郷を大切に
「明治以来の教育というのは,口ではいろいろなことを言っているけれども、そこに住ん
 でいる人たちをその土地からどう切り離すかということに終始していた」

       ↓

 古い文化が消えていく

郷土芸能をカリキュラムに!



□親の働いている姿を見る

 → 生きるということ



□工夫とか創造とかが消えていっている

 → 空想力・想像力を



□子どもの変化
○昔の子  
  どこへおっぽり出されても泣き言は言わない。

何をしておってもすぐに友達ができる。


○今の子  
  電源一本切られると生きていけない = 一種のかたわ(ママ)

          ↑
    
  大切なのは親が子を突き放すこと



□星野哲郎

 子どもの川遊び
「親が見張りに来るようになったら溺れだした」

  ↑

  子どもの連帯感が事故を防いでいた

nice!(140)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 140

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。