So-net無料ブログ作成
検索選択

「子どもを伸ばす一斉授業」久保齋 小学館 2006年 ④ [読書記録 教育]

今回は 6月 6日に続いて 久保斎さんの
「子どもを伸ばす一斉授業」4回目の紹介です。



出版社の案内には

「豊富な実例を交え一斉授業のノウハウを解説。ノート指導・音読などの『一斉授業』を
 通し『凛々しい個別化・豊かな交流』を実現する過程を、実例を交え紹介します。児童
 が書いたノートなど、豊富な資料を掲載。岸本裕史氏の巻頭言など、学力研メンバーの
 寄稿あり。」

とあります。




今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「ノート指導は教師の授業構成力を強化し,一斉指導の技を高める!」
- ワークシートよりもノートづくり、継続的なノート指導の有益制を思います。


・「「ボールが来たら,必ず蹴り返す。言葉のパス回しを磨くべし」
-「分かりません。」「意見はありません。」をよしとしないで、つなげさせるようにとい
 う思いが、子どもを鍛えます。


・「話型指導の問題点 = 応用が利かない
→ 言語による行動パターンを身に付けさせるべき」
- つなげさせるための技を子どもたちに身に付けさせる努力が大切になります。



わたしの場合、随分以前のことになりますが、久保さんの考えを自分におろし、授業に取
り入れていく中で、子どもたちの伸びを、また、子どもたちの満足感を感じることができ
ました。


大切なことを教えていただきました。




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。
浜松ジオラマファクトリー









☆「子どもを伸ばす一斉授業」久保齋 小学館 2006年 ④

1.JPG

⑬ ノート指導は教師の授業構成力を強化し,一斉指導の技を高める!


「ノート指導でいちばん変わるのは教師自身や!」


 教師~毎時間の授業が子どもたちのノートに残っていく = いい加減では…



子どもたちのノートに優教材研究の資料はない
       
◇ノート指導

1 1教科を選ぶ

 2 上位,中位,下位の子のノートをコピーしておく

 3 今日の授業を反省して,明日の授業のイメージを「子どもたちにどんなノートをつ
  くらせようか」という観点で結んでいく
   
   ・イメージのシュミレーション

   ※ 芯は外さず臨機応変に授業を進めていく!

 4 子どもたちのノートを実ながら今日の授業の反省をする






⑭ 話し方指導の基本は,いつでも話せるように身構える心を育てることである


「ボールが来たら,必ず蹴り返す。言葉のパス回しを磨くべし」


「意見を求められたら,必ず何らかの発言をすること,自分の意見がまとまらないからと
 いって,その場をしらけさせない」



真ん中にいる教師が子どもたちに次々とパスを出し,教師へパスを返す

 大切なのは「場をしらけさせないこと」



この指導を徹底させて次の段階に!






⑮ 話型を教えるのではなく,「話し方の技」を教える


「すぐに役立つ話し方の技をお教えしましょう」


 話型指導の問題点 = 応用が利かない

→ 言語による行動パターンを身に付けさせるべき


◇「話し方の技」指導
 
 1 自分のプライドを守り,しらけを防ぐ技

「今思いつかないので,最後に回してください」

「僕は考えつかないのですが,○○さんはどうですか」


 2 一問一答を防ぎ,連続性を作るネタ取りの技

  「○○さんは○○という意見ですが,ぼくはそうではなくて~というふうに思います」

  「○○さんは○○と言いましたが,ぼくは同じところを読んで,~と違うように感じ
   ました」

  ※ 前発言者の話題のどこかの部分を必ず引用させることにより,それぞれの響き合
   いを演出する

発言の連続性や共同性が生まれる


 3 賢く見せる技 - 思考の過程を語る

  「ぼくは,初め○○と考えていたのですが,資料を見ているうちに○○だと思うよう
   になったので,~という意見になりました」

「ぼくは,初め絶対に○○だと思っていたのですが,○○さんの意見を聞いて,~だ
   と思うようになったので,意見を変えます」


 4 賢く見せる技 - 複文構造で語る

「ぼくは○○だと考えていました。ところが,○○ということが明らかになったので,
   ~という意見に変えます」

「ぼくは○○さんの意見の○○と言うことに賛成です。なぜなら,~だからです」

  ※ 接続詞を使って二文にする



nice!(148)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 148

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。