So-net無料ブログ作成
検索選択

東井義雄さんの言葉 36 「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ③ [読書記録 教育]

「座禅の修行が難しいというが、家庭の中で、家族が互いに人間を大切にし合うことはもっ
 ともっと難しい修行だ。しかし、その難しい修行の中で人間は育っていくのだ。家庭はそ
 の道場だ。」

「家庭はきれいごとのできるところではない。しかし、きれいごとのできないままやはり
 絶えず光を求めて生き合うところが『家庭』であるのではないか。」




今回は 6月20日に続いて、  
東井義雄さんの東井義雄さんの言葉35「どの子も必ず救われる」の紹介です。




今回紹介文から特に印象に残る言葉は…

・「大人が病んでいるから子供が病む」


・「自分の利益のみ考えた行動を悪というが、万人の利益を考えた行動を善という」


・「男と女を足して二で割ったような男でも女でもない気持ち悪い人間が国中に溢れてい
 る」
- 時代を感じますが…。


・「叱られる子と共に辛さを分かち合いながらともに我慢」
- 子どもを叱る=自分を叱る、道場と呼ぶわけです。




「豚児」の言葉を見なくなるわけです。




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
 ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー



 



☆東井義雄さんの言葉 36「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ③

1.jpg

<家庭の回復>

◇夫と妻・父と母

□大人が病んでいるから子供が病む

人間が人間に育つためには母の胸に抱かれて乳をもらうことも大切な条件



大人の狂ったあり方が狂った子供を育てている




□下農は雑草をつくり、上農は土をつくる

 永井道雄元文相の母
「自分の利益のみ考えた行動を悪というが、万人の利益を考えた行動を善という」


 中村白葉
 「事実は絶対である。その重さは比較を絶する。」


 男があり女があるという事実の重さを狂わせている言葉=「男女同権」
男と女を足して二で割ったような男でも女でもない気持ち悪い人間が国中に溢れている
  



□家庭というところ

「家庭は人生の道場だ」
家庭はきれいごとのできるところではない。

しかし、きれいごとのできないままやはり絶えず光を求めて生き合うところが「家庭」
 であるのではないか。



  女の人に慎みや恥じらいが急速に失われている

○永井元文相母堂 
 「神なき知育はさかしらな悪魔を育てる」
家庭とはきれいごとのできるところではない。
しかし、その中に人間の生き方が求められなければならない。
 



□荒れの中にあっても  

 人間の生き方 









◇家族としての老人

□人間を大切にし合う家庭

○禅僧
「座禅の修行が難しいというが、家庭の中で、家族が互いに人間を大切にし合うことはもっ
 ともっと難しい修行だ。しかし、その難しい修行の中で人間は育っていくのだ。家庭はそ
 の道場だ。」


○人間の心を育てる家庭

近頃この苗床の荒れがひどくなってきている。冷たくやせたものになってきている。




□庄ちゃんの日記 庄ちゃんのあたたかい人柄

「一人の悲しみはみんなで分けて悲しみ、一人の喜びはみんなで大きくして喜び合う家庭」

 


□老人もそのあり方を 

 味方のいない孤独な存在

 真実を皆で話し合える家庭に




□おじいちゃんと孫

 松田道雄『在野の思想家たち』(岩波書店) NHK『孫の教育』
叱られる子と共に辛さを分かち合いながらともに我慢


 親鸞「親鸞は弟子一人も持たずに候」




□おばあちゃんと孫




□育て合い活かし合いの家庭

鈴木道太『叱ってよい時悪い時』(明治図書)

nice!(134)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 134

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0