So-net無料ブログ作成
検索選択

「基礎基本と学ぶ意欲」 『総合教育技術』2001.8 [読書記録 教育]

今回は『総合教育技術』誌より
「基礎基本と学ぶ意欲」を紹介します。

16年も前の教育誌の記事を要約したものですが、今につながることもあると思います。



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

 本日8月25日(金)から27日(日)までの3日間 第6回浜松ジオラマグランプリが開催されます。
 浜松駅近くのザザシティ浜松西館2Fの特設会場にて観覧無料です。
 素晴らしい作品をぜひお楽しみください。
2.jpeg


浜松ジオラマファクトリー





☆「基礎基本と学ぶ意欲」 『総合教育技術』2001.8
 
◇「基礎基本」の概念(安彦)

「基礎」とは「人間としての基礎」


①「読み・書き・計算」の「技能」

②「人間(道徳)感覚」「自然感覚」「社会感覚」の「感覚」



「小学校3~4年生までのもの」



人間独自の文化的内容
  = 教科や道徳・特活などの枠を超えるもの



×「教科の基礎基本」



「基本」とは「教科の基本」などとも言える「概念」と「方法」
  「基礎」を使って身に付けるもの

  「概念」~ 理論的なもので科学的な「方法」による観察実験記録などによって裏付
       けられたもの



※「基礎」とは「基本」を学ぶ中で使われることにより,強化されたり修正されたりする

 = 相互作用


 





◇「目標になる能力に応じた指導法・カリキュラム」による教え方
   
「基礎」 
 ①技能  

 ・「読み書き」は「小3~4年生」の漢字・ひらがな・カタカナの合計500~600字

 ・「計算」は4桁の数の四則計算



徹底的に習熟させる必要がある



 ②感覚  

 「人間感覚」 
   = 「人間は皆平等である」

「自然感覚」
   = 「自然は人間の力を超えた原理や法則によって現象しており,間違うと取り返
      しがつかないことがある」


 「社会感覚」 
   = 「社会は人間の手でいくらでも良いものにしていける」

              ∥

      繰り返し・反復練習




「基本」  

 各教科,道徳,特別活動のそれぞれについて主要な「概念」とそれを導く「方法」を選
び出し,それぞれの重みを吟味するとよい。

 「概念」   徹底した「理解」のため「討論」

 「方法」   徹底した「適用」のため「経験・体験」

  ↑

基礎を多く使う
nice!(152)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 152

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。