So-net無料ブログ作成

「宮本常一さん 教育について」 ⑰ [読書記録 教育]

「かわいい子には旅  - 憂いもつらいも旅で知る」



今回は9月17日に続いて、
「宮本常一さん 教育について」17回目の紹介です。



民俗学者宮本常一さんによる、教育に関しての文章です。
民俗 歴史について 詳しくなったような気になります。




今回紹介分『旅と観光』より強く印象に残った言葉は…

・「甘えた自然観」
「自然を愛する = それを守り育てること」
- 放っておくとすぐに雑草だらけになってしまう畑…
  なかなか手が回りません。守りさらに育てることは大変難しいと感じております。


・「自然をおそれるように見せながら自然を破壊することができた
動物愛護? 供養をすればいくらとって食べてもよかった」


・「タビ - 賜へ - 飯を食う」
- 語源をたどると…







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「宮本常一さん 教育について」 ⑰

1.jpg

◇宮本常一著作集18 『旅と観光』
 
□旅 

 ①開放感を味わう  
   
   飯盛り女 温泉 弁当


 ②参拝旅行


 ③物を背負う習慣


 ・学生が来始めると観光客がずっと来る  
   温泉 湯治 → 会合

 ・文化 京都の寺を守ったのは民衆

 ・観光地と観光地をつなぐこと
 




□観光 

 明治時代 - 団体に + 遊山の発展





□甘えた自然観

「日本人は自然を愛していると言えるだろうか。本来日本人は自然に対して甘えているけ
 れど,自然を決して大切にはしていない。木でも草でも平気で切ってしまう。」



 ・刈った後すぐに茂るから

 ・そのため随分野も山も荒れた



 明治32年 山を焼くのを止めた
役人の取り締まりが厳しくなった




 自然への畏敬の念はあった(信仰であり宗教ではない)
自然をおそれるように見せながら自然を破壊することができた
動物愛護? 供養をすればいくらとって食べてもよかった 



 我々のものの考え方処理の方法の中に「絶対」というものはなかった。「相対的」なも
のがいつもそこにあり,妥協があった。



自然への甘え
文芸上 和歌や俳句



名所
名所 旧跡を訪ね歩くのが風流人
 




□旅と自然と 

 タビ - 賜へ - 飯を食う 

 タベル- 賜る(食物を賜りつつ)


 旅人 
  山伏 念仏僧 社人 



優れた旅人が一つの土地に落ち着くことにより村も栄えた

|

修行としての登山 日本の高山 シャクナゲ


 自然を愛する = それを守り育てること

昔は信仰が支えた → 理性と意志
 




□旅と観光

 ①所用のための旅行


 ②帰省旅行


 ③観光旅行 

   豪華な旅と貧乏な旅





□道  

 道は広場 →  市や盆踊り

           |

 道があり両側の家の子が出て遊ぶ

 家の中では親たちが子どものために関心を持ちつつ仕事をしている(安心)

 山村  道さえつければ山村は変わる





□旅に学ぶ  

 菅江真澄 近藤富蔵 笹森儀助



かわいい子には旅  
   憂いもつらいも旅で知る

nice!(152)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 152

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。