So-net無料ブログ作成

「宮本常一さん 教育について」 ⑱ [読書記録 教育]

今回は9月24日に続いて、
「宮本常一さん 教育について」18回目の紹介です。



民俗学者宮本常一さんによる、教育に関しての文章です。
民俗 歴史について 詳しくなったような気になります。




今回紹介分『民衆の知恵を訪ねて』より強く印象に残った言葉は…

・「学校教育への疑問 = 画一的な教科的な人間-それだけでいいか」


・「熊本電鉄…百姓電車   農民が小株主 」


・「合志義塾-資格は取れなかったが人間として優れた者になるために多くの人が学ぶ」


・「合理精神と隣人愛  - フロンティア精神」



宮本さんは合志義塾を非常に高く評価していますが、その理由が分かりました。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー




☆「宮本常一さん 教育について」 ⑱

1.jpg

◇宮本常一著作集26民衆の知恵を訪ねて
 
□合志義塾の人々

○学校教育への疑問  
  画一的な教科的な人間-それだけでいいか

「土性骨もすわり,意地もあり,人が東と言えば西だと言うような覇気のある者もあっ
  てよいのではないか」



○細川氏 

 加藤氏の浪人を集めて集団開墾 
    草北・八代・阿蘇・久住



合志地区 
   合志義塾(工藤左一)

熊本電鉄…百姓電車   農民が小株主 
  



○合志義塾創設者 工藤左一

 明治25年創立 

  - 百姓塾で終始 昭和25年閉鎖 29年再出発 31年廃校


小学校の先生(1年の修行)
  → 明治25年3月
工藤家階下八畳と2階十六畳を教室


 卒業生は閉塾まで六千人余 先生は12人
資格は取れなかったが人間として優れた者になるために多くの人が学ぶ

         ↑

  学制にのっとった経営を拒否
縛られずに若い者を教育したかった


 理想 
  = 公道を明らかにして多くの人の文化を高め,忠孝を発揮して,秩序あり安定した
   世の中をつくることであった



   土地を均分し,貧富の差をなくし,家を整え村を興し,社会を安定させることを念
  願として実践した


 合理精神と隣人愛 
  - フロンティア精神


nice!(142)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 142

コメント 2

mimimomo

おはようございます^^
合志義塾は公立の義務教育校の対極を行くような学校だったのですかしらね~
気骨のある人間、わたくしも好みます。
by mimimomo (2017-09-30 06:12) 

ハマコウ

mimimomoさん ありがとうございます。

合志義塾は農民育成を目指した私塾だったようですが、豊かな人が育ったそうです。「地域」、地方に根ざしたところがいいなと思います。
by ハマコウ (2017-09-30 16:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。