So-net無料ブログ作成

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 羽衣出版 1994年 ① [読書記録 郷土]

今回は、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)1回目の紹介です。


出版社は羽衣出版。いかにも静岡らしい名前です。



労作、大変素晴らしい内容で、採話してきた学生さんの苦労を考えてしまいます。



今回は、伊藤ことさんが採話した周智郡城西村野田・現磐田郡佐久間町の「山男」「山婆」。
現佐久間町とはありますが、平成の大合併により現在は浜松市天竜区となっています。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー









☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 ①

1.jpg

1山男、山婆、巨人、天狗の話



(1) 山男(周智郡城西村野田・現磐田郡佐久間町)


 水窪の奥の西浦の氏神様になっている観音様のお祭りの時に、祭りに飽きた男が一人で
夜遅く帰りかけた。


 瀬戸の沢という所まで来ると、向こうから誰かが

「田楽チャーチ、田楽チャーチ」

と言って、観音様の舞を舞いながらやって来る。


 くらやみをすかして見ると、それは雲をつくばかりの大男であった。


 男はびっくりして、ぶるぶる震えだしたけれども、どうすることも出来なかった。


 すると、どこからともなく山犬が現れて、その人におおいかぶさり、すっかり見えなく
してしまった。


 山男は

「人くさいと思ったら犬だっけ」

と言って、また同じ舞を舞いながらどこへともなく行ってしまった。


 その男は、犬のお蔭でようやく一命を拾った。                   
                                (伊藤こと)








(2)山婆 (周智郡城西村野田一現磐田郡佐久間町)

 西浦のシナゴという家に、まだ年若い娘があった。


 そしてその娘は毎晩のように藤をうんで(さいて)は糸にした。


 すると毎晩のように、どこからともなく山婆がやって来て

「私も手伝わず」

と言っては、藤をさいて手に巻き、一杯になると外してその端を火で焼き、灰を手のひら
に落としては、それをガクツとひと飲みにしてから吐きだすと、もう美しい藤の糸が出来
ていた。


 山婆はそれを束にして

「今夜も一つチヤンコロリン」

と言っては二階に放り上げた。


 そして娘とすっかり仲良しになって、毎晩来ては藤をうんだ。


 しかし後で見ると二階には何も無かった。


 家の人達は、これは、きっと山婆が娘をどこかへ連れていって食べるに違いない。


 そうならない前に山婆を殺さなければと思って、いろいろ考えたあげく、毎晩仕事の済
んだ時に出す茶玉(だんごに茶の粉をふりかけたもの)の代わりに、それと色も形もよく
似た川石を拾って来て、それを焼いて食べさせることに決まった。


 その晩も相変わらず山婆はやって来て、同じように藤をうんだ。

 家の人は一生懸命石を焼き、さていよいよ帰るという時になって、いつもの茶玉のよう
にその石を山婆の手にのせてやった。


 そして、熱くはないかと聞くと、ちっとも熱くはない、と言って、それをひと飲みにし
てしまった。


 ところが、そんな熱いものがお腹の中へ入っていったからたまらない。


 山婆は、熱い熱いと言って狂いまわり、何か冷たいものをくれと言った。


 そこで家の人達は大急ぎで油を飲ませたから、なおさら山婆は狂いまわり、ついにお腹
が大きな音を立てて破裂して死んでしまった。


 その家は今も残り、しかもその罰で、働いても働いても貧乏を続けているという。

                                  (伊藤こと)



nice!(144)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 144

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。