So-net無料ブログ作成

「育児の帝王学」岸本裕史 小学館 1999年 ③ [読書記録 教育]

「①しゃべらず ②うろつかず ③姿勢を崩さず」


これができない子が増えているように思います





今回は 11月17日に続いて 岸本裕史さんの
「育児の帝王学」 3回目の紹介です。


「百ます計算の生みの親」岸本裕史さん。
「学力の基礎を鍛え落ちこぼれをなくす研究会(落ち研)」のもと代表。
陰山英男さんの大先輩にあたるだけに、古い本ですが 勉強になります。



出版社の案内には、

「少子化の進む現代、きょうだいによる疑似社会を体験できない子どもが、心身のたくま
 しさを育て、21世紀を担う学力の基礎を身につけるためには。具体例でわかりやすく
 示す、少子化時代の子育ての指針。」

とあります。


今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「親のすぐそばで勉強する」


・「言いっ放し 教えっぱなし 垂れ流し教育(ただ個性尊重の教育と美称)」


・「垂れ流し教育」


・「ゆとりを与えたいなら読み書き計算の力をうんと強め高めること」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「育児の帝王学」岸本裕史 小学館 1999年 ③

1.jpg

◇少子化時代の多子的子育て
 
□準兄弟・準姉妹の勧め



□親のすぐそばで勉強する



□その家の習慣でしつける



□食事のマナーも身につける



□食器洗いは根気を育てる



□たった三十分の共同勉強会

三つの戒律 
  ①しゃべらず 

  ②うろつかず 

  ③姿勢を崩さず



□入浴・歯磨き・洗顔のしつけ



□本好きの子にする

 一生忘れないように覚え込ませる = 詰め込み



 今の教育は詰め込みではない



●言いっ放し 教えっぱなし 垂れ流し教育(ただ個性尊重の教育と美称)


 今の教育は詰め込み教育ではない



●垂れ流し教育

  
 見当違い 
   × もっとゆとりを

× 個性的な教育を



 ゆとりを与えたいなら読み書き計算の力をうんと強め高めること



正しく早くきちんとできるようになる



今の子の三倍以上の速さ
 


□読書好きにさせるコツ 

 ①しゃべらず 

 ②うろつかず



□強い信頼関係を育む準兄弟



□一人で過ごす子供たち



□学力を伸ばすひとこと



□教育共同体をつくろう



nice!(137)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 137

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。