So-net無料ブログ作成

「宮本常一さん 教育について」 27 「彷徨のまなざし」長浜功 明石書店 1995年 ① [読書記録 教育]

「金というものは,儲けるのはそんなに難しくない。しかし,使うのは難しい。それだけ
 は忘れないように。」






今回は11月26日に続いて、
「宮本常一さん 教育について」27回目。


長浜功さんの
「彷徨のまなざし」1回目の紹介となります。





出版社の案内には、

「『民衆』という言葉を使い、民衆の視線と同じ高さで民衆を論じた民俗学者・宮本常一。
 その生涯と全国を歩いて調査した旅について概観し、彼の業績と民俗学研究上での役割
 を考える。」

とあります。


父の十訓をこれまで何回か本ブログで紹介してきましたが、
何度読んでも心に響きます。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「民衆は抑圧され虐げられてきたのではない」


・「道をシャンと歩けるものは仕事もまたきちんとする人になる」


・「大切なのは話のきっかけを作ること」
「自分の顔が一番よい紹介状」


・「べたべた歩く = 野暮ったさが信頼の印」
- ほっとする言葉です。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「宮本常一さん 教育について」 27 「彷徨のまなざし」長浜功 明石書店 1995年 ①
 
1.jpg

◇宮本学再評価

□評価されていない理由 

 ① 全体像が定まっていない
 
             
 ② 後継者の動きが慎重


 ③ 学界の体質 

    学閥  野生の学者の一人


 ④ 保守主義と位置づけ否定する,左翼・進歩的革新的学者



□民衆と共に  

 宮本は「常民」を使わず「民衆」

「民衆は抑圧され虐げられてきたのではない」



「調査者でなく友人であれ」
 




◇父の人生訓(父の十訓)

① 汽車に乗ったら窓から外をよく見よ。田や畑に何が植えられているか,育ちがよいか
 悪いか,村の家が大きいか小さいか,瓦葺きか草葺きか。駅に着いたら人の乗り降りに
 注意せよ。服装に注意せよ。駅の荷置き場にどういう荷が置かれているかをよく見よ。
 そういうことで,その土地が富んでいるか貧しいか,よく働くところかそうでないとこ
 ろか,よく分かる。



② 村でも町でも新しく訪ねていった所は,必ず高い所に上がって見よ。方向を知り,目
 立つものを見よ。峠の上で村を見下ろすようなところがあったら,お宮の森やお寺や目
 に付くものをまず見,家のあり方や田畑のあり方を見,周囲の山々をよく見ておけ。そ
 して,山の上で目を引いたものがあったら,そこへは必ず行ってみることだ。高い所で
 よく見ていたら,道に迷うことはない。



③ 金があったらその土地の名物や料理は食べておくのがよい。その土地の暮らしの高さ
 が分かるものだ。



④ 時間のゆとりがあったら,できるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを教えられ
 る。



⑤ 金というものは,儲けるのはそんなに難しくない。しかし,使うのは難しい。それだ
 けは忘れないように。



⑥ 私は,お前を思うように勉強させてやることはできない。だから,お前には何も注文
 しない。好きなようにやってくれ。しかし,身体は大切にせよ。三十歳までは,お前を
 勘当したつもりでいる。しかし,三十歳を過ぎたら親のあることを思い出せ。



⑦ ただし,病気になったり自分で解決のつかないようなことがあったら,郷里に戻って
 こい。親はいつでも待っている。



⑧ これから先は子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしない
 と世の中は良くならぬ。



⑨ 自分でよいと思ったことはやってみよ。それで失敗したからといって親は責めはせぬ。



⑩ 人の見残したものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。焦る
 ことはない。自分の選んだ道をしっかり歩いていくことだ。


 

◇旅の明け暮れ
  
□日本中をべたべた歩く 「カッタイ道」さえ

「道をシャンと歩けるものは仕事もまたきちんとする人になる」

 旅は生きた教科書



□旅の明け暮れ  

 すさまじい貧乏旅行

 家族を放っての旅 … 自らに厳しく他人に寛容



□旅に生きる人々 

 きっかけ(の言葉は=ハマコウ註)
   「お天気でよろしゅうございます」

「ご苦労様でございます」

  「この花は何と言いますか」



 大切なのは話のきっかけを作ること


 自分の顔が一番よい紹介状


 旅の目的「村に生きる人々からの聞き取り」


 べたべた歩く = 野暮ったさが信頼の印





nice!(175)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 175

コメント 2

いっぷく

コメントありがとうございました。
急ぐ人は階段、正論なんですが
階段は売り場の一番奥とか、ホームの端とか
たいてい不便な場所にあるので
急ぐ人はなおさら利用しないんですね。
構造から考え直してほしいですね。

by いっぷく (2017-12-03 20:51) 

ハマコウ

いっぷくさん ありがとうございます。
そうですね。建物の端にある階段が多いですね。
都会の駅に行くと、つい気を回してしまいますが、「駆けないで手すりを持ってください」の表示が増えてきているように感じます。安全のためにと強い心をわたしがもつことができればよいのですが。

by ハマコウ (2017-12-03 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。