So-net無料ブログ作成

山本夏彦さんはこんなことを② 「世は〆切」山本夏彦 文藝春秋 1996年 [読書記録 一般]

今回は、1月22日に続いて、わたしの要約ノートから、
キーワード「山本夏彦さんはこんなことを」2回目「世は〆切」の紹介です。


頑固なイメージの山本さんから 叱咤激励されているようです。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「誦すべき詩歌を持たない国民になった」


・「不器量な人がそうでなくなる方法 = 内なるものを増やす」
- 外見的な美より、自らの中身を膨らませてということですね。


・「いかなる人もその資格がないのに人の師になる危険を内に蔵している」


・「戦前真っ暗史観(昭和6年~昭和15年) 真っ暗は嘘」
「真っ暗は昭和19年からの一年間」


・「マスコミは多い方に迎合する」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆山本夏彦さんはこんなことを②「世は〆切」山本夏彦 文藝春秋 1996年
 
1.jpg

◇大正デモクラシー

□口語文 
  文語文には美がある

口語は詩の言葉にならない


□誦すべき詩歌を持たない国民になった
 




◇流行  

□不器量な人がそうでなくなる方法
 
 = 内なるものを増やす

外にあふれる・光り輝く


□ミニの流行以後全盛はない
  = 貧乏がいなくなったから
 




◇むらぎも 

□旧歌  詩歌


□日本の英雄・豪傑 を若者はほとんど知らない

 = 文部省と日教組
 




◇教師嫌い 

 いかなる人もその資格がないのに人の師になる危険を内に蔵している

= 「人ノ患イハ好ミテ人ノ師トナルニアリ」
 




◇戦後  

□戦前真っ暗史観 昭和6年~昭和15年 

 真っ暗は嘘

 満州事変で好景気 … 国民は歓迎

 真っ暗は昭和19年からの一年間
 




◇脱亜入欧 

□福沢諭吉「脱亜入欧」

 すべて間違いのもと
 




◇法人に 

 マスコミは多い方に迎合する → 怒ったふり


nice!(138)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

nice! 138

コメント 1

yumibaba

山本夏彦さん、好きでした。
by yumibaba (2018-01-25 05:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。