So-net無料ブログ作成

「日本がわかる思想入門」長尾剛 新潮社 OH文庫 2000年 ⑧ [読書記録 一般]

今回は 4月1日に続いて、長尾剛さんの
「日本がわかる思想入門」、8回目の紹介です。



出版社の案内には、


「ヨーロッパ哲学だけが人類の思想・哲学のすべてではない。古代から、中世、近世、近
代まで、各時代の日本思想にこそ、知的発見の楽しみが満ち溢れている。先賢に学ぶ40
のニッポン・オリジナル。」


とあります。



今回紹介するのは、

「朱子学」
「武士道」

についてです。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「日本がわかる思想入門」長尾剛 新潮社 OH文庫 2000年 ⑧

1.jpg

<近世>

◇封建秩序の思想は朱子学が出発点

□江戸時代  

 日本人の思索の時代



□朱子学からすべてが始まる

 朱子学  

  = 孔子を始祖とする中国哲学「儒教」の一流派


 儒教 = 政治と道徳の教え
宋の時代 朱子(1130~1200)高度観念的に論理化

儒教のニューウェーブ


 絶対ルール「理」+存在の元素「気」=理気二元論
性即理

   下の立場の者は上の立場の者に従うのが宇宙の法則



□江戸初期 

 藤原星窩(1561~1619)
朱子学を政治権力に強烈プッシュ

藤原家の生まれ 
    「日本にも儒教による社会秩序をもたらさねば…」

1605年 家康に林羅山(1583~1657)を謁見させる
「人間社会の上下関係はすべからく天地関係と同じ」
上下定分の理



 徳川幕府の日本支配を永遠普遍の自然法則として正当化した
  林羅山(1583~1657)
 剃髪・僧として  「名より実を取る」

 五代綱吉より頭を丸めずにすむ


 1690年 湯島に聖堂
羅山の孫鳳岡を大学頭に任じる 
   → 正式に官学に







◇江戸時代・武士道の基本は何か

□徳川幕府の始まりは「革命」

 武士 = 戦闘者としての役割がなくなる

 → 武士道が理想として高度に 


 武士道のマニュアル本
太平の時代、武士が武士であるために

小幡景憲「甲陽軍艦」 

   山鹿素行「武教本論」

   宮本武蔵「五輪書」

   大道寺友山「武道初心集」 

   沢庵   「不動智神妙録」 

   山本常朝 「葉隠」

   柳生宗矩 「兵法家伝書」


 大道寺友山
  「暮らしの中で常に合戦を心のどこかに想定しておくのが武士」


 山鹿素行 
   殉死を真っ向から否定







◇戦闘者としての武士道 

□武士の日頃の努め

 道徳を修めて礼儀正しい振る舞いを常に心がけ、人格上「三民」すなわち庶民の手本と
なること


 宮本武蔵
  → 戦闘者であることにこだわり続けた

    戦いに対する現実主義・合理主義

↑↓

友山・素行 道徳志向(信念・精神力が第一義)


nice!(148)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 148

コメント 2

U3

 山鹿素行といえば歌舞伎や後段では忠臣蔵の山鹿流陣太鼓が有名ですが、現実にはそんなもの山鹿素行は教えてなかったと聞きます。
 実は山鹿素行が住んでいたという会津若松市の記念碑のある直ぐ近くに住んでおりました。
by U3 (2018-04-16 20:15) 

ハマコウ

U3 さん コメントをありがとうございます。
by ハマコウ (2018-04-17 04:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。