So-net無料ブログ作成

『オレ様化する子どもたち』諏訪 哲二 中央公論新社 2005年 ① [読書記録 教育]

「教師が子どもたちに教育力を加えられるのは,子ども(若者)が児童・生徒として学校に
 現れたときであり,自由で主体的な『個』として自己主張されたら収拾がつかない」







今回は、諏訪哲二さんの
「オレ様化する子どもたち」1回目の紹介です。


出版社の案内には、


「かつての『ワル』は、対等をめざして大人に挑戦してきた。しかし、『新しい子どもた
 ち』は、端から自分と大人は対等だと思っている。彼ら・彼女らは、他者との比較を意
 に介さない。自分の内面に絶対的な基準を持つ『オレ様』になったのだ。『プロ教師の
 会』代表の著者は、教職生活40年の過程で、子どもたちの変化と格闘してきた。この
 体験をもとに、巷に流布する教育論の正否を交通整理しつつ、「オレ様化」の原因を探
 り、子どもたちの『個性化』と『社会化』の在り方を問う。」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「いい教育は『のびのびとしていて厳しい』」
-「厳しさから逃げる」姿勢が目立つようになりました。


・「オレ様化 = 「学ぼうとしない」
『自分を変えようとしない』」
- 現状からの変容を願っていないかのように感じる子どもも…


・「自覚的な教師は,通過する子どもの代を眺めているから,どのように代わったかはあ
 る程度は分かる。親が一二回しか子育てしていないのと対照的だ。」


・「子どもたちが変わってきている」(オレ様化)









<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆『オレ様化する子どもたち』諏訪 哲二 中央公論新社 2005年 ①

1.jpg

◇はじめに - 新しい生徒たち
  
□「のびのび」と「厳しく」と 

 → いい教育は「のびのびとしていて厳しい」



□オレ様化 = 「学ぼうとしない」

 「自分を変えようとしない」


 自己を他の自己と比べて客観視することが難しくなり,自己(の感覚)に閉じこもりだした


 1980年代 管理教育批判 
  - 学校バッシングと教師バッシング




□プロ教師の会が見た子どもの実態


※ 自覚的な教師は,通過する子どもの代を眺めているから,どのように代わったかはあ
 る程度は分かる。親が一二回しか子育てしていないのと対照的だ。



「教師が子どもたちに教育力を加えられるのは,子ども(若者)が児童・生徒として学校に
 現れたときであり,自由で主体的な『個』として自己主張されたら収拾がつかない」




□「ゆとり教育」の本質

 教師の権威・指導力は,教師一人が独自に所有しているものではなく,子ども(生徒)の
「学ぼう」「従おう」「自己を高めよう」という姿勢や意欲に支えられ反応し合って発揮される。




□対教師・信頼関係の前提


 ① 社会をどのように信頼しているか


② 大人が教師や学校をどう認定し位置づけているか,それがどのように子どもに伝わ
  っているか


 ③ ①②がクリアされてから

→ 初めて1対1の関係




□少年Aと学級崩壊 

 「子どもたちが変わってきている」(オレ様化)




□子どもを「主体」として語ると言うこと
  



□「個」が自立しているか否か
nice!(148)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

nice! 148

コメント 4

ミケシマ

読んでみたいですねぇ
わたしは塾で小学生に接していますが
大人を呼び捨てにしたり 提出物を投げてきたり
小学生ってこんなもんなのかなぁ…と思いつつ 
これをこのまま放置していたら この子のためにならないのでは
と悩んでみたり。
・「オレ様化 = 「学ぼうとしない」
『自分を変えようとしない』」
- 現状からの変容を願っていないかのように感じる子どもも…
↑のことは痛切に感じています
「大人になりたくない」「中学生になりたくない」
(いつまでも親の脛をかじっていたい)という発言をする子もいます
わたしの知っている人で いま27歳ですが
自分を高めようとか改善しようとか何かに挑戦しようとか
そういう気持ちが一切なく 「自分は誰かに何かをしてもらう存在」
と思っている人がいます
どういう教育を受けてきたのかな…と たまに不思議になります
本人は自分を高く評価していて 本人は幸せなんだろうけど…
by ミケシマ (2018-05-31 13:36) 

U3

「オレ様化した子ども」が人の親になった時の恐ろしさを思う。
100人が100人とも「モンスターペアレント化」時代の到来か。
by U3 (2018-05-31 16:45) 

ハマコウ

ミケシマさん ありがとうございます。

この頃の子どもを見ていると、裏付けがないのに自分に妙な自信をもっている子と、もっと自信をもってよいのに自分に自信を持てない子が増えているように思えてなりません。
出版から13年、この子どもたちも親世代になっています。

勤務校の校長がよく話すことですが、「してもらう喜び」だけでなく「してあげることのできる喜び」を味わうことができるようになることを願います。





by ハマコウ (2018-05-31 21:55) 

ハマコウ

U3 さん ありがとうございます。

「オレ様化した子ども」の陰でつらい思いをしている子どもが増えていることが想像されます。

「自分の子どものことだけでなく」
「よその子どもも同様に」
かつての家庭教育から学ぶことは多いと考えます。
by ハマコウ (2018-05-31 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。