So-net無料ブログ作成

「運命の法則」天外伺朗 飛鳥新社 2004年 ② [読書記録 一般]

今回は 11月19日に続いて 天外伺朗さんの 
「運命の法則」の紹介 2回目です



ペンネーム・天外伺朗さんは
出版当時ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所所長・土井利忠さん
AIBOの開発責任者としてよく知られます
知られた技術者によるスピリチュアルの本
興味深く読みました



出版社の案内には

「ロボット犬『AIBO』の生みの親が教える、好運の育てかた。ソニーの第一線で活躍
 しつづけている科学者が、研究生活を通じて発見した“目に見えない流れ”に乗るた
 めのヒント」

とあります



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「学校教育も『外発的報酬』への訓練」

・「日本型経営の崩壊とともに人々はセーフベースを失った
  = 気持ちが委縮し冒険できなくなってしまった」
- 学校現場も…

・「日本型経営 - 給与は仕事に報いると言うより生活を保障するもの」






<浜松ジオラマファクトリー 再開館 12月4日!>
およそ一か月間閉館となっていた浜松ジオラマファクトリーが
 同じザザシティ西館で 12月4日に開館します
 山田卓司さんのジオラマ作品をお楽しみください 

浜松ジオラマファクトリー










☆「運命の法則」天外伺朗 飛鳥新社 2004年 ②

1.jpg

◇満足感の法則

 フロー状態にはいる為には
   エゴの追求=外発 ×



 エゴを追求し続ける現代社会 
× 学校教育も「外発的報酬」への訓練

○ 外発的報酬による妨害がなくなった時初めて、内発的報酬により反応できる



「心の満足」と「フロー」
満足度の階層 
     ① 身体の満足 
     ② 頭の満足
     ③ 心の満足
     ④ 魂の満足



<法則7> 「外発的報酬」の妨害がなくなると,初めて「内発的報酬」に反応でき
      るようになる。



<法則8> 「内発的報酬」に基づいて行動できる人が多くなると社会は良くなる。  



<法則9> 「フロー」は意識の成長・進化を促す






◇長老型リーダーシップの法則

 チームが燃えない理由



 ソニー神話の崩壊
一部のベンチャー企業を除くほとんどのアメリカ企業は「外発的報酬」や「外発
  的処罰」を中心に,古典的な「アメとムチ」の方法論で運営されている。




<法則10> 「人材」とは自尊心が強く性格も鋭角的だが,仕事には抜群の手腕を
       発揮する切れ者タイプのことを言う。鋭い眼力で物事の本質にズバリと
       切り込み,逆風の中でも力を発揮する。また,純粋で「内発的報酬」に
       燃える傾向がある。 



<法則11> 21世紀の企業理念は「燃える集団」の中にある。「フロー理論」は、
      それを裏付ける。





◇セーフベースの法則

 セーフベースがもたらして企業神話

日本型経営の崩壊とともに人々はセーフベースを失った
      = 気持ちが委縮し冒険できなくなってしまった



 外発的報酬の弊害



 日本型経営 - 給与は仕事に報いると言うより生活を保障するもの



 高橋伸夫(東大)
  「罪が重いのは,成果主義が仕事それ自体の面白さや楽しさも奪ってしまったことだ」



 21世紀型の企業経営
21世紀キーワード 「内発的動機付け」「フロー理論」



 プロトタイプは古くさいと思われていた年功序列型終身雇用を中心とする日本
   型経営の中にあった




<法則12> 21世紀の企業経営は深層心理学や目に見えない宇宙の営みまで配慮
      したものになる。その確立には,日本がリーダーシップを執る可能性が
      高い。


nice!(209)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「徳のある子の育て方」1 豊岡中央病院理事長・田下昌明 『致知』 2004.12 ⑤ [読書記録 一般]

今回は 11月23日に続いて 月刊誌『致知』2004年12月号より 
田下昌明さんの
「徳のある子の育て方」1(=1/4)を紹介します



「人間の一生にとっていかに乳幼児期が大事か」

いかに大切かということを このごろの子どもたちと接していて 思います


徳があるというより 徳がつくでしょうか






<浜松ジオラマファクトリー 再開間近!>
先月末日で閉館となった浜松ジオラマファクトリーですが
 12月4日同じザザシティ西館での開館が決まりました
 かなり狭くなるとのことですが 山田卓司さんの作品を見ることができます
 ものづくりの楽しさを味わえることと思います 

浜松ジオラマファクトリー







☆「徳のある子の育て方」1 豊岡中央病院理事長・田下昌明 『致知』 2004.12 ⑤

cover11-07.jpg

 田下昌明 たしも・まさあき 
 
 昭和12年北海道生まれ。北海道大学医学部卒、同大学院医学研究科修了。医学博士。  現在、医療法人歓生会豊岡中央病院理事長。旭川医科大学臨床指導教授を兼務。著書  に『よい子はこうして育つ』『子育て健康教室』『母の積み木』『子育てが危ない』など。



  小児科医として39年。田下昌明さんは100万人に及ぶ母と子を見守り続けてきた。   そして思うのは、母子の接触が希薄になっていく最近の子育てのあり方だ。これで  は徳のある人間は育たない。その危機感が田下さんを駆り立てる。
 
  田下さんが熱く説く子育ての根幹。





◇人間たらしめる人格形成の根本


- 田下先生は小児科医としての豊富なご体験から、いま日本の子育ては大変危ないと
 説いていらっしゃいます。


田下 子育て論の前に老人の話をさせてください。私のところには介護保険による老人
  保健施設もあって、約百人のお年寄りのお世話をしています。

   老人ですから人生経験を積まれて、いろいろなものを身につけていらっしゃる。
  それが老いとともに剥げ落ちていくんですね。

   その剥げ方には順序があって、後から身についたものから順に剥げ落ちていく。





- ラッキョウの皮をむくように。


田下 本当にそうです。

   ラッキョウの皮のように外側から、つまり後から身につけたものから剥げていく。

  で、最後まで残るものは何か。
 
   それは生まれる前後から乳幼児期にかけて身につけたものなんですね。このこと
  は人間を人間たらしめるもの、人格形成の根本は何かを示していると思います。



 
- 人間の一生にとっていかに乳幼児期が大事か、ということですね。


田下 その通りです。

   この時期に身につけたものはその人の一生を左右すると言って過言ではない。

   その時期に人格形成を阻害するものがあったとしても、その後の人生で克服する
  のは不可能ではないかもしれない。

   しかし、それは一生を通じて苦闘し続けなければならないほど大きなものである
  ことは確かです。




- 乳幼児期の重大さ、子育ての大事さがうなずけます。


田下 いや、子育ては乳児期から始まるのではありません。

   母親の胎内にいる時からスタートしているのです。




- 胎教ですか。


田下 胎教も重要ですが、それは方法です。もっと根本的なものですね。
 
   最近は出生前心理学として、この方面の研究もだいぶ進んでいますよ。




- どういうことでしょう。


田下 妊婦は四つのタイプに分けられるんですね。

   ① 妊婦自身も周囲の人たちも妊娠、出産を喜んでいる。

   ② 妊婦自身は喜んでいるが、周囲は歓迎していない。

   ③ 周囲は歓迎しているが、妊婦自身は産みたくない。

   ④ 妊婦も周囲も歓迎していない。


   この四つです。これ以外はありません。
   ザルツブルグ大学教授のゲルハルト・ロットマン博士はこの四タイプの妊婦から
  生まれた子どもを調査し、次のような結果を得ました。

   ①の子は肉体的精神的に健康です。また妊娠経過がよく、出産の苦痛も少ないん
    です。

   ②の子は二面的な価値観にとらわれる。つまり、裏表のある人間になるというこ
    とです。それに胃腸に問題のある子が目立つ。

   ③は早産や低体重児の割合が高い。

   ④の子は感受性に乏しく、無気力な子が多い。

   私も調べましたが、ロットマン博士の結論にはまったく同感です。




- 妊婦の心理状態が影響する。


田下 そうです。

   母から子へのインフォメーションの方法は三通りあります。

   胎生四か月で目、耳、口、舌といった器官が全部完成し、五感が機能するんです。

   感覚を通して伝わってくる。それからホルモンですね。お母さんが戦慄を覚える、
  悲しい思いをする。

   そういう時に分泌されるホルモンが胎児に影響する。三つ目は波動とでも言えば
  いいのか、お母さんに共感するものが胎児には備わっているんですよ。

   お母さんの考えていること、感じていることを胎児はみんな分かっている。それ
  を受け止め、人格の最も土台となるものをつくり始めているんです。

nice!(215)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校