So-net無料ブログ作成
検索選択

「南無そのまんま」ひろさちや ビジネス社 2007年 ③(最終) [読書記録 一般]

「老人の活躍を馬鹿にしろ」
「しょぼくれ老人の薦め = はつらつ老人になるな」

さすが ひろさん 誰にでもできることを勧めてくれます

含蓄のある言葉がいっぱいです





2016年大晦日の記事は 12月28日に続いて ひろさちやさんの
「南無そのまんま」の紹介 3回目(最終)です




出版社の案内には

「われわれ日本人は如何なる時も、『世間の都合』『国家の都合』『会社の都合』『みんなの
 都合』ばかりを優先的に考えています。しかし、わたしたちの人生は一度限りのもので
 す。その一度しかない人生を、他人の都合に合わせて生きるなんて、おかしいと思いま
 す。人間は生きたいように生きる。自分の都合を優先させて生きる。当然自分の都合を
 押し通せない時もあります。無理に押し通せば社会的制裁を受けることもあります。で
 すが、最初から自分の都合を引っ込めて、世間の都合を優先させる必要は無いのです。
 わたしたちは、常に堂々と自己の都合を主張しましょう。70歳を過ぎた老人が、そん
 なことを考えながら綴りました。」

とあります




今回紹介分 から強く印象に残った言葉は…
・「世間とは違う尺度を持つ 子どもも体も仏さまからの預かりもの」
- ついつい自分の持ちものだと勘違いしてしまいがちです


・「家の中では仏さまの物差し,世間では世間の物差し」


・「『分別するな』という教え  あきらめるのが仏教」


・「ギャンブルはジェントルマンの嗜み 『負けるため』のギャンブル
= どんな高額な負けにもびくともしない胆力を養うため
        (真のジェントルマンは負けを楽しむためにお金を使う)」
- わたしはジェントルマンでないことを自覚していますが 再確認できました


・「国家の都合 →  生め生め - 少子化対策は国家の都合」


・「氷が溶けて水になるように,生がとけて死になる」
「人生は一歩一歩仏に近づいていくこと」





昨日は 小中学校同窓13人の忘年会 新居町に一泊
近況報告から懐かしい話まで 夜遅くまで話すことが絶えませんでした
わたしは早々に寝てしまっていましたが…
20回以上続く恒例の忘年会 来年も楽しみです





今年もこのブログにお越しくださり ありがとうございました
来年もよろしくお願い致します

よい年をお迎えください







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー







☆「南無そのまんま」ひろさちや ビジネス社 2007年 ③(最終)

1.JPG

◇自分の宗教を持つ生き方

□ブッダン・サラナム・ガッチャーミ

 ルター・プロテスト
  ~ 聖書の解釈権を個人に! 個別化
  (抗議)



□家庭という「僧伽」

 宗教は世間の荒波にもまれたときに逃げ込むシェルター
    

 何でも受け入れる家庭 = 僧伽     


 世間とは違う尺度を持つ  
   子どもも体も仏さまからの預かりもの
    

 「共生」ともいき  



□世間の物差し,仏さまの物差し

 仏さまの物差しに目盛りはない =存在価値 


 世間の物差し =機能価値 = 損得の物差し,ゴムひもの物差し



       測れない と 測らない 何だっていい
               

 存在価値に基づく物差しに
    

 ※ 家の中では仏さまの物差し,世間では世間の物差し    



□「草いろいろ おのおのの花の 手柄かな」松尾芭蕉



□人間関係は信頼関係 

 「本当にウマイと感じるのには時間が必要だ」
食べて20分ぐらいがジワーッとくる

 
 中国人 老朋友(ラオポンユウ)=裏切らない友
老朋友になったら絶対に裏切らない
  

 宗教は「信じさせてもらうこと」 
   仏教は自覚宗教


 見えなくても信仰はできる
法然上人 「口称念仏」に変えた(観念を)

平安貴族 毎年年末に仏名会
1年間にやった悪行を仏さまにお詫びする法会
3千の仏さま全員に許してもらう


 アマではいけない → プロに頼む = 師走









◇親鸞・道元・日蓮・法然・キリストの生き方

□自力と他力  

 ネコの比喩 北方ヒンドゥ 子猫はしがみつく努力は不要= 他力
         

 サルの比喩  南方ヒンドゥ 小猿は母親にしがみつく  = 自力



□親鸞と道元  

 蜘蛛の糸

 ~ 親鸞なら上らなかっただろう
                
   道元は上る - 集中して上る 



□日蓮と法然  

 日蓮 - 民衆に合わせる=上らない

法然 - 糸を巻き付け阿弥陀様に



□阿弥陀様は測らない

 ひろ  仏教原理主義者 「仏さまにすべてお任せすること」
 
     南無 = お任せすること  ヒンドゥー教の「ナマス」


 アミタ = 測れない(測らない)

    分別層からは「こだわり」が生まれる → 無分別 



□「分別するな」という教え  

 あきらめるのが仏教



□宗教はプロセスを楽しめ 

 宗教はのんびり楽しむ「中道」

いい加減(中道) まじめにやりすぎない



□金の教訓,銀の教訓

 → 他人に押しつけない









◇生死問答

□キリスト教における死 ヘブライ文化 乾燥~自然は「死」を意味
日本文化   湿潤~自然は畏敬すべきもの



□仏教における「死」

 仏教 ~ わたしたち人間は皆「死に近づきつつある存在」
 
      生きているのではなく生かされている


 インテリ 近代合理主義に毒されている


 欧米   ギャンブルはジェントルマンの嗜み 「負けるため」のギャンブル



どんな高額な負けにもびくともしない胆力を養うため
        (真のジェントルマンは負けを楽しむためにお金を使う)  



□人は死につつある存在だ

 氷が溶けて水になるように,生がとけて死になる


 劇作家・コルネイユ(仏)
  「生の各瞬間は死に向かっての一歩である」



□「考えるな」という教え 莫妄想(まくもうそう)-考えても分からぬ事は考えるな



□「念仏」即「浄土」の教え  考えるなが仏さまの教え









◇死に方上手

□老人の活躍を馬鹿にしろ



□しょぼくれ老人の薦め = はつらつ老人になるな



□「南無そのまんま そのまんま」



□「オイラの都合」で生きること

 国家の都合
   生め生め - 少子化対策は国家の都合


 世間虚仮,唯仏是真(聖徳太子)


 わたしの人生を生きている しっかり死になさい
   人生は一歩一歩仏に近づいていくこと 
nice!(160)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「怒らない技術」 嶋津良智 フォレスト出版 2010年 ②(後半) [読書記録 一般]

「怒り・イライラと無縁になる25の習慣」
「今すぐ怒り、イライラが消える特効薬」

ぜひ早くに身に付けたいものです




今回は 12月27日に続いて 嶋津良智さんの
「怒らない技術」の紹介 2回目(後半)です




出版社の案内には

「自ら経営する会社を株式上場に導き「ビジネスマン」として成功、またシンガポールを
 拠点に『教育者』となり夢も叶えた著者のすべてのきっかけは、『怒らない』と決めた
 ことだった。今日からイライラしない体質になるための『怒り・イライラと無縁になる
 25の習慣』を元・超短気の著者が自身の経験をもとに紹介。今すぐ怒り・イライラが
 消える11の特効薬付。」

とあります



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…
・「志は高く、目標は分相応に」

・「すぐ聞くことでモヤモヤを解消する」

・「些細なことで自分を褒める」

・「『疲れた』『時間がない』『忙しい』は禁句」


わたしが 特に留意しておくべきこと4つです



一昨日は 友人との夜の会
以前の勤務先の同僚との近況報告
わたしより少し年下のお二人ですが すでに退職されています
今の勤務内容の話 子どもたちの話
15年ぶり 3年ぶりに話すこともあり 時間を忘れて話しました
よい仲間をもったこと 幸せだなあと感じています




昨日は中学校の時の同級生との一泊忘年会
浜名湖畔の民宿で大いに楽しんでいます(予約投稿ですので予想です)






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー







☆「怒らない技術」 嶋津良智 フォレスト出版 2010年 ②(後半)

1.JPG

◇「怒り・イライラと無縁になる25の習慣」 イライラを感じなくなる習慣
  
 習慣 1 迷ったら決断しない
  


 習慣 2 自分の欠点を利用する



 習慣 3 常に最悪の事態を考えておく
  


 習慣 4 何よりも準備に重きを   

     「出かける前チェックリスト」を作る
  


 習慣 5 自信がないので仕事も生活も分相応に
  


 習慣 6 目標はできる限り低く設定する

  少し面倒くさいと感じる課題を毎日少しずつ解決する

志は高く、目標は分相応に 
  


 習慣 7 一人立ちできる場所を見つける



 習慣 8 身の回りをきれいにしておく
  


 習慣 9 理想主義・完璧主義はやめる



 習慣10 自分の問題か、相手の問題かはっきりさせる



 習慣11 秘密をもたない 「ジョハリの窓」
  


 習慣12 大事なことはどんどん忘れる
  


 習慣13 すぐ聞くことでモヤモヤを解消する
  


 習慣14 イライラする環境に身を起かない



 習慣15 イライラするものから目を背ける



 習慣16 一方的に話さない



 習慣17 三合主義で生きる

       助け合い、分かち合い、譲り合い



 習慣18 自信があることにはわがままに生きる
  


 習慣19 自分の成長を自分で認める
  


 習慣20 些細なことで自分を褒める
  


 習慣21 自分が気持ちよくなる過ごし方を知っておく
  


 習慣22 朝の時間を大切にする
  


 習慣23 身近な人にいいところを50あげてもらう
  


 習慣24 気持ちを伝え合う
  


 習慣25 「疲れた」「時間がない」「忙しい」は禁句







◇今すぐ怒り、イライラが消える特効薬
  
 特効薬 1 神さまが自分をタメしているに違いない
  


 特効薬 2 これはちょうどいい
  


 特効薬 3 むかつく相手との出会いに感謝
  


 特効薬 4 価値観眼鏡を変えてみる
  


 特効薬 5 その場から逃げる
  


 特効薬 6 第一感情を大切に
  


 特効薬 7 不愉快はこまめにはき出せ
 


 特効薬 8 すぐに謝ろう
 


 特効薬 9「まあいいか」の精神も大切
 


 特効薬10 事態は変わる だからちょっと我慢
 


 特効薬11 それでも怒りが収まらないときには寝る

nice!(156)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校