So-net無料ブログ作成

「人間形成の論理」上田薫 黎明書房 1985年 ① [読書記録 教育]

「子どもをどこまでも納得させてやることが正しい社会科の指導である」
「今日正しいとされる知識も明日は誤りとされることを覚悟」


今回は 上田薫さんの
「人間形成の論理」1回目の紹介です

出版が随分以前の本ですが 大変勉強になりました
(初版は1964年-半世紀以上前?)



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「子どものものとなり働くということが真に与えたと言うこと」


・「『子どもがどう動いたか』『どう変わったか』が決め手」
- アクティブラーニングか否かというよりも…


・「知識は発展するためのものである 
  注入=知識の奴隷 注入=絶対主義  注入=暴力」
- 未だに注入絶対主義も… 


・「上意下達(伝達講習)のみで下意上達はない(=有形無形の圧迫)
 教育が政治に振り回されている」
-30年前から変わりません




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー






☆「人間形成の論理」上田薫 黎明書房 1985年 ①

1.JPG

◇注入主義

□注入主義への郷愁



□2つの注入主義 

○注意 ≠ 与えること 
 
 ① 保守的な注入主義 都合のよい物だけ

② 進歩的な注入主義

③ 事実の押しつけ 無立場という迷彩

  今日正しいとされる知識も明日は誤りとされることを覚悟



○知識の相対性  

 知識は発展するためのものである 
   注入 = 知識の奴隷

注入 = 絶対主義

   注入 = 暴力    






◇系統主義との対決

□系統主義とは何か 

 系統主義 = 学問的な系統主義的知識の注入に基礎

   ∥

 無恥で不遜な絶対的安定感(=正しい教育の最大の敵)



□系統はどこに成立するか

 知識は子どもがそれを系統的に働かすことができるとき初めて真に系統的なのである 
    <系統が実現するのは子どもの中>

    |

・基準の選択が介入してきている

  ・公約数はあくまで公約数にしか過ぎない


 系統と主体
系統の成立には選択が働く価値観が作用する  
  注入 = 知識圧殺







◇オプティミズムの害

□経験主義への論難  

 動的相対主義



□一般と特殊  

 「水道方式」一般から特殊へ
水道方式はあくまでも「計算の世界」で



□法則固定の問題 

 川合章『教授=学習過程』 
   科学の相対性の確認不徹底



□新しい普遍  

 経験主義 - 「計画性を欠く」「指導性に乏しい」


 確かさにしがみつくことこそ系統主義の致命的弱点


  経験主義は動く系統を重んじる
「働く世界」「手がかりの世界」

「真にリアルに普遍を探求する立場」






◇「かのように」からの脱出

1 教師の特権としてのきめ手と言うこと


□昭和33年夏 社会科の初志を貫く会
「いかなる意味での注入を完全に排除すること」

◎「教育内容を与えることに関して何のためらいもない」


-「与えることを除いて教育が成立するのだろうか」

                     |

 子どものものとなり働くということが真に与えたと言うこと

 注入 
 「教師が教育内容の背後に固定させられた真理を意識し、従ってそれを絶対化して子ど
  もに与えようとする場合」

↑↓

 相対的な内容を相対的な立場で与えるのは決して注入ではない

「子どもがどう動いたか」「どう変わったか」が決め手




2 やむにやまれず戦うと言うこと

□上意下達(伝達講習)のみで下意上達はない(=有形無形の圧迫)



□絶対主義の泥沼に落ちぬと言うこと

 教育が政治に振り回されている



□社会事象に立ち入ると言うこと



□ひっくり返しの連続と言うこと

 事実を重んじよ - 教育はひっくりかえしの連続
          
「子どもをどこまでも納得させてやることが正しい社会科の指導である」 


nice!(159)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「中学生の読書教育」日本の子どもの本研究会 国土社 1983年 ①(上) / 「直虎めぐる人にも注目」田辺一邑 中日新聞記事 [読書記録 教育]

中日新聞に 講談師 田辺一邑さんの講演記録が紹介されていましたので紹介します
4.jpeg
※中日新聞(東海本社版)2017年1月28日(土)朝刊より
浜松駅周辺には「井伊直虎」の幟がたくさん掲げられています
市内北部が賑やかになることを願っています
なお 田辺一邑さんの講談「井伊直虎」 大変おもしろく聴くことができます
機械がありましたらぜひ




今回は 日本の子どもの本研究会による
「中学生の読書案内」1回目(上)を紹介します


出版社の案内には

「『本』好きの子どもを育てるために。長年にわたる読書教育の実践の成果!」

とあります




岩崎書店 金の星社 童心社 理論社4つの出版社が協力しての「フォア文庫」
子どもたちは好んで呼んでいます


今回紹介分から強く印象に残っている言葉は…

・「『君の可能性』齋藤喜博 筑摩書房」
- 教育実践で知られる斎藤喜博さんの本 6年卒業時にぴったりの本だと思います


・「図書館を活用する読書を」
- 以前は集団読書用テキストが図書室にあったのですが このごろは…


・「『おこんじょうるり』さねとうあきら」
- 浜松市内の児童劇団「たんぽぽ」でも上演される作品ですが
  わたしも大好きな作品です 


・「家庭への働きかけ
個人購入注文 - フォア文庫、偕成社文庫、ポプラ社文庫、新学社文庫」








<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー

3.jpeg
※中日新聞(東海本社版)2017年1月28日(土)朝刊より



☆「中学生の読書案内」日本の子どもの本研究会 国土社 1983年 ①(上)

1.JPG

Ⅰ<子どもを本好きにする試み>

◇読書のある生活を目指す

 「大きな木」    シェル・シルヴァスタイン 篠崎書林


 「君の可能性」   齋藤喜博         筑摩書房


 「肥後の石工」   今西祐行         実業之日本社


 ※読書カードに挿絵、表紙のコピーを
読書ノートP25
月  日  作品名  作・訳  発行所・ページ  感想
  


◎中学生の発達と性

 「生きる」      畑正憲        筑摩書房


 「私の青春ノート」  樋口恵子       ポプラ社


 「キューポラのある街」早船チヨ       理論社



◎戦争と平和と読書

 「凧になったお母さん」野坂昭如       金の星社


 「原爆の子」     長田新        岩波書店


 「碑」        広島放送テレビ    ポプラ社


 「つしま丸のそうなん」金沢嘉一       あすなろ書房







◇図書館を活用する読書を

◎学級文庫  

 「青い鳥文庫」(講談社)「偕成社文庫」「ポプラ社文庫」


 「フォア文庫」(岩崎書店、金の星社、童心社、理論社)


 「てのり文庫」(学習研究社、国土社、小峰書店、大日本図書、評論社)

 「岩波少年文庫」 

 「旺文社文庫」 

 「新潮文庫」 

 「角川文庫」

 「文春文庫」

 「講談社文庫」



◎読書案内  

 民話や名作の放送 放送後一枚原稿用紙


 読書講演会


 映画界 
  「おこりじぞう」山口勇子 「二死満塁」砂田弘

「おこんじょうるり」さねとうあきら


 読書週間


 読書会
  


◎身近な図書館とするために

 広報活動


 活用しやすい図書コーナー 
   立ち読みコーナー

 図書委員指導
  


◎読書活動活性化のために

 読書の記録 
  「一万ページを目指して」


 集団読書
  「のびのび人生論」シリーズ ポプラ社


「青春ノート」シリーズ 国土社


  「なるにはBOOKS」ぺりかん社


 図書の選定



◎家庭への働きかけ

 個人購入注文 - フォア文庫、偕成社文庫、ポプラ社文庫、新学社文庫


 図書目録   
  「岩波ジュニア新書」「新潮社文庫の100冊」等


nice!(173)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校