So-net無料ブログ作成
検索選択

「本当の学力は作文で伸びる」芦永奈雄 大和出版 2004年 ③(最終) [読書記録 教育]

「書かせる際には怒らない」
「勉強しやすい環境を作る」

子どもの書く意欲をなくさないことが最も大切なことだとよく言われます。




今回は 3月19日に続いて 芦永奈雄さんの
「本当の学力は作文で伸びる」3回目の紹介 最終です。


出版社の案内には

「1日で偏差値が42から70になった高校生が誕生! しかも、短期間で国語はいうに及
 ばず、すべての教科で成績がアップした子が続出! にわかには信じられないかもしれ
 ませんが、正真正銘の事実です。実際、この驚異的な実績の噂を聞きつけ、著者のもと
 には、子どもの学力アップを切に願う親はもちろん、学校や塾の先生からも入塾の希望
 が殺到しています。
 では、短期間で成果を上げるための秘訣は? 『作文』を書くことです。作文を書くだ
 けで、本当に学力がアップするんです。
 でも、ただ書けばいいというわけではありません。本当の学力をつけるためには、それ
 なりのやり方があるんです。
 それが、著者考案の『ストーリー作文』。この本では、そのしくみを余すところなく明
 かしています。全国の親、教師必読の1冊です。」

とあります。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「怒らない・責めない・押さえつけない」
-「書く」ことだけでなく他にも関連することです。


・「小学生ほど難しいものを教えるべきである」
- 認めながら鍛えることが大切です。


・「考えることに費やした時間が大きな力になる」
- 「ラク」をして力はつきませんね。

・「教育は人生を豊かにするものでなければならない」
- 最も大切なことだとわたしも思います。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「本当の学力は作文で伸びる」芦永奈雄 大和出版 2004年 ③(最終)

1.JPG

◇ストーリー作文実例集

 ① 「読み手を意識して書く」


 ② 「言いたいことをストレートに書かず読み手に意識させる」







◇我が子に「本当の学力」をつけるために

□あなたがこれからやるべき事

 怒らない・責めない・押さえつけない

 → 「勉強しやすい環境を作る」



 「書かせる際には怒らない」



□親はどこまで関わるべきか



子どもをやる気にさせるとっておきの方法
   
 ①「書くべき事」を引き出す発問 

 ②「定期的に書く」ことで脳を鍛えてもらう

 ③作文を通して親子間のコミュニケーションをとる


「小学生ほど難しいものを教えるべきである」
それでも偽物の勉強をしますか




□考える力・書く力 表現力はこうして身に付く

 無駄な学習はやめさせた。


 考えることに費やした時間が大きな力になる
「書くためにどれだけ考えたか」


「勉強がノルマになってしまうと力が付かない」
  


□我が子に愉しみながら学んでもらう究極の方法 

 ①「ほめること」

 ②具体的な目的を入れないこと 
  「何をするか」よりも「どうするか」

 ③勉強ができる人は勉強をしない
のびる子は将来の目標が決まっている。



□教育は人生を豊かにするものでなければならない



□ノーベル賞をとる条件

 ①子どもの頃大自然の中で遊んでいる

 ②親子に食卓の会話がある

 ③母親の愛に恵まれている








◇芦永奈雄 

 早稲田大卒 三田誠広に4年間師事

 2002年1月より 国語専門塾「小平村塾」
nice!(170)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「教師のためのセミナー・総合学習と新聞活用」 2000年10月21日 於:中日新聞東海本社  ②(下) [読書記録 教育]

「新聞の効用二つ 
 ①文字を覚える = 目に見える効果
 ②心にしみる  = 目に見えない効果」




今回は 3月27日に続いて 20年近く前に中日新聞東海本社で行われたセミナーでの
「教師のためのセミナー・総合学習と新聞活用」2回目(下)の紹介です。
(肩書き等はいずれも当時=ハマコウ註)


NIEが広がってきたころのセミナーの様子です。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「NIEにはいろいろなやり方がある = とらわれないことが大切」


・「国語力を付けるには…
 『中日春秋(一面コラム)に題を付けよ』 → 三ヶ月後もう一度読み直す」
- 我が子にやらせましたが 確かに少し力が付いたように感じます。
  一か月分を一冊で写すことが出来る「中日春秋書き写しノート」があることを、この
 ごろ知りました。


・「新聞 = 一度選択された情報 = 安心して受け入れられる情報」
- 「一度選択された情報」ということで信頼性は高いですね。
  インターネットでの情報を授業で取り上げるには大きな不安があり、なかなかできま
 せん。  




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー







☆「教師のためのセミナー・総合学習と新聞活用」 2000年10月21日 於:中日新聞東海本社  ②(下)

1.jpeg
 
◇渡邊正己教諭(浜北市立北部中)

□NIE活動による情報活用能力の育成



□選択社会 

「新聞切り抜き作品」つくり(10時間)→14時間

 ①プリント「新聞記事に感想」


②スクラップノートづくり


③新聞切り抜き作品づくり
記事収集,感想のまとめ,構成構想,清書

発表感想



□学年通信づくり

○「投書活動」



○新聞記事 

 → 事実と意見の区別

  = 要約して自分なりに○か×かの意見表明



○一つの記事への見方

 スポーツ記事は読みとりやすいが 政治経済の読みとりは難しい


 




◇質疑応答より

□新聞の効用二つ 

 ①文字を覚える = 目に見える効果


 ②心にしみる  = 目に見えない効果



□「ファミリー・フォーカス」
            
 家族新聞

家庭への啓蒙活動

私の家のニュース
  「お母さんが皆に読ませたい記事」

 家庭の再構築



□NIEにはいろいろなやり方がある

 = とらわれないことが大切



□袋井南中 

「学校情報センターとしての図書館」
○新聞ニュース,データの打ち込み - データ化が大変



○ボランティアの保護者
「ファミリー・フォーカス」
テーマを絞って切り取り台帳にはる



   ファイルを掲示 → ストック

 





◇亀尾営業局長

□営業局 

 ①広告 

 ②催し物 

 ③販売 

 ④中日ショッパー



□新聞を読まない人は… 

○「企画力が弱い」

文章力・対応力・適応力も


○社内でも「情報収集研修会」を開いている

「何故その情報が重要なのか説明せよ!」



□国語力を付けるには…

「中日春秋に題を付けよ」

 → 三ヶ月後もう一度



□情報収集能力

「一つのテーマで記事を集めてごらん」



□新聞で広い社会観を身に付ける



□新聞 = 一度選択された情報 = 安心して受け入れられる情報

授業に活用できる

nice!(157)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校