So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の2件 | -

「菜根譚を読む」井原隆一 プレジデント社 2003年 [読書記録 一般]

今回は 井原隆一さんの

「菜根譚を読む」を紹介します。


出版社の案内には、

「93歳にして、土に親しみ、日々農業に励む。元『経営の名人』、いま『人生の達人』が
 中国古典の名篇を、混迷・不安の時代を生き抜く指針として凝縮する。」

とあります。


今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「明暗は徳を基礎としたか利を先にしたか。」


・「PFドラッガー 『能力よりも人格を後にする者は人の上に立てない』」


・「人生の大病はただこれ傲の一字なり」


もう一度 最後まで 読まなければと思っています。



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

 ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆「菜根譚を読む」井原隆一 プレジデント社 2003年

1.JPG

◇はじめに

□心の教科書「菜根譚」 

 17世紀 中国・明 洪応明 人生の指南書

 儒教 + 道教 + 仏教 = 処世の道



先憂後楽






◇仁 徳は事を為す基礎となる
   
① 徳は事業の基なり。いまだ基の固まらずして棟の堅久なる者はあらず。心は後裔の根
 なり。いまだ根の植たずして枝葉の栄茂する者はあらず。   

  
 明暗は徳を基礎としたか利を先にしたか。


 心 = 人間としての道 徳の心思いやり


 西郷南州 「児孫のために美田を買わず」



現代 「児孫のために美田を残すべし。ただし美田と美心をあわせ残せ」   



② 徳は才の主として才は徳の奴なり。才ありて徳なきは家に主なくして奴の事を用うる
 がごとし。いかんぞ唱狂せざらん」

 PFドラッガー 「能力よりも人格を後にする者は人の上に立てない」

   

③ 道徳を遵守する者は一時の寂寞たり。権勢に依阿する者は万古凄涼たり。達人は物外
 の物を観じ、身後の身を思う。むしろ一時の寂莫を受くるも万古の凄涼をとるなかれ


  鬼面一点張りでは人はついてこない。その中にえびす顔があって初めて、人は着いて
 くる。「和中厳」組織内では和に重点+信賞必罰


  いかなる兵も敵には強いが上司の情けには弱くなる。



 「怒りを人に映さず」 
    感情を人に移すような人間は責任まで人に移す


家康遺訓
      
 1 人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし 急ぐべからず
      
 1 不自由を常と思わば不足なし
      
 1 心に望み起こらば困窮したるときを思い出すべし
      
 1 堪忍は無事長久のもとい
      
 1 怒りは敵と思え
      
 1 勝つことばかり知りて負けることを知らざれば害その身に至る
      
 1 己を責めて人を責むるな
      
 1 及ばざるは優れるに勝れり         


 「信なればすなわち人任ず」






◇智 人の器量は知識にしたがいて長ず

「五ケンの戒め」 

  堅・謙・倹・憲・研 ~ 敬を守る

  人生の大病はただこれ傲の一字なり


 当たり前のことを聞いた場合、立ち止まって自分の行動を反省してみる
「山高ければ谷深し」

「人に千日の好なく、花に百日の紅なし」好況持続はない


 上位者には上位者としての任務がある



課長が課長の仕事をせず任務を果たしていないなら給与もパートのおばさん並みでよいのではないか
課長として勤務時間中は椅子から離れない
「静に動を見、動に静を見る」



~ 途中まで №61 P123まで
nice!(100)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「日本史の授業2 天皇論」井沢元彦 PHP 2012年 ② [読書記録 一般]

「日本では、外国ではあり得ない朝幕併存の方へ導いたのも実は怨霊信仰」

  
「天皇という最も高貴な存在を滅ぼせば間違いなく巨大な怨霊を生む」 








今回は 7月13日に続いて 井沢元彦さんの

「日本史の授業2 天皇論」2回目の紹介です。


出版社の案内には

「天皇の魂はなぜ復活してはいけないのか?徳川家康はなぜ日光東照宮を築いたのか?歴史
 の真実を知る12講義。冴え渡る井沢史観で天皇と歴史の謎を解き明かす。 」

とあります。


今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「『陵墓参考地』 → 宮内庁の自信のなさ」
- 仁徳天皇陵から大山古墳への流れですね


・「家康が仕掛けた洗脳 →『銭は卑しい』観」


・「天皇は藤原氏に対抗するために皇族の男子を臣籍降下させて大臣に任命した」


・「中央での出世の望みが絶たれた中流貴族が地方に土着し、財産を守るため武技を磨い
  た結果誕生したのが武士」



井沢ワールドを楽しく味わえます。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

 ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「日本史の授業2 天皇論」井沢元彦 PHP 2012年 ②

1.JPG

◎テーマ3 天皇陵から分かる日本人の死生観

□日本古代史の謎がなかなか解けない理由

 宮内庁の反対 

 → 文化財か天皇家の私物か?
       

     

 「陵墓参考地」

 → 宮内庁の自信のなさ 


 箸墓も同




□天皇陵として正しいのは約50のうち3つのみ?




□世界でも珍しい墓誌のない墓




□天皇の魂は復活してはいけない  

 人間は死んだら黄泉の国へ

 
 ピラミッドは王様の魂を再生させる装置



□なぜ日本人は死後の復活を恐れたのか
   
 「怨霊信仰」
  - 成功すると「御霊」いい神さまに


 仏教 = いかにして仏になるか


 小乗仏教 → 上座部仏教



□成仏できないときは怨霊となる  

 仏教 ~ 怨霊鎮魂の一つの手段



□家康が仕掛けた洗脳 

 「銭は卑しい」観
      

 本能寺の変
  → 朱子学(君主に背くことは絶対悪)     



□家康が恐れたのは天皇の怨霊

 松平 → 徳川 
  徳川は新田氏の支流の末裔だったから


  日本では、外国ではあり得ない朝幕併存の方へ導いたのも実は怨霊信仰
  天皇という最も高貴な存在を滅ぼせば間違いなく巨大な怨霊を生む 









◇朝幕併存 = 二権分立の謎を解く

◎テーマ4 天皇と藤原氏の争いが武士を誕生させた

□「武士」は中国にはない 

 天皇家と藤原氏の双方がともに武力を手放してしまった


 夷(えびす)


 軍団 → 征夷大将軍



□武力を放棄してしまった天皇家と藤原家

 二代将軍・坂上田村麻呂(貴族の一人 一役職)

 北海道を征服しなかったのは稲作ができなかったから



外敵がいなくなった時点で軍隊そのものをなくしてしまった
                      (ケガレを嫌う) 



□藤原氏が考え出した脱税システム 土地所有権

 荘園は藤原氏が考えた脱税システム

 放棄口分田 → 自分の所有地に



□映画「羅生門」で分かる

 ①国庫には首都の正門を修理するお金がない

 ②警察機能が働いていない
行政組織上は国軍は存在しているのに実態としての軍隊がない



□「平和になれば軍隊は必要ない」は大きな過ちとなる



□平安時代中期は無法地帯  

 ケガレ思想から兵部省・刑部省には希望者無し



藤原氏は「検非違使」をつくる 令里の行
     下級官でもなれる



□藤原氏に敗れた貴族は国司とって権力を握った

 出世が望めない中級貴族にとってとは国司はおいしい仕事
    4~6年で充分な財産(ワイロ合戦) 



□藤原氏に対抗する天皇家の秘策

 藤原氏は「関白」地位を作る  

 準皇族扱い-天皇の地位を奪った

  → 「五摂家」近衛・鷹司・九条・二条・一条


 天皇は自分の息子や孫をわざと臣下に落とす 「臣籍降下」
               源 平  ~ 姓を与えた

 ◎ 天皇は藤原氏に対抗するために皇族の男子を臣籍降下させて大臣に任命した



 策は当たり源氏は一時期藤原氏のライバルとして政権を争った
    
 しかし、破れた  → 力落として 



□武装農民が大量に発生した理由とは?

 中央での出世の望みが絶たれた中流貴族が地方に土着し、財産を守るため武技を磨いた
結果誕生したのが武士



やがて集団化  武装集団+生産集団

 当時の国有地は1/100 天皇まで荘園をもつようになった


nice!(129)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ