So-net無料ブログ作成
検索選択

対談「教育の志を取り戻せ」野口芳宏 向山洋一『致知』2007年9月号 ④ [読書記録 教育]

今回は 8月 6日に続いて 月刊誌『致知』2007年9月号より 
野口芳宏さんと向山洋一さんの対談 「教育の志を取り戻せ」 4回目の紹介です。


「TOSS」の代表の向山さんと国語科教育で知られる野口さんの対談。
納得できるところもありますし、それは違うのではと思うところもかなり…。




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆対談「教育の志を取り戻せ」野口芳宏 向山洋一 『致知』2007年9月号 ④

1.jpg

◇上に立つリーダーの責任
 
<野口> 

 この間、ある県の教頭会、校長会で講演を頼まれた時に皆さんに聞いてみたんですが、
日本の社会、日本の子どもや若者が、このままでいいとは誰も思っていないんです。

 では、家庭教育、学校教育、社会教育のどれが一番悪いかと尋ねたら、9割5分の人が
家庭教育が悪いというんです。

 しかし本当にそうだろうか。

 ろくな家庭教育もできない人間を育ててきた戦後60年の学校教育の問題点を謙虚に反
省しないと、本当の立て直しはできないと私は思います。
    
 やはり基本は学校教育です。

 また教師はそのぐらいの誇りと責任を持って教壇に立つべきです。

 ところがいまは、社会を怖がり、親を怖がり、子どもを怖がって、教師に元気がない。
 



<向山>

 上に立つ人間の責任も大きいと思います。
   

 教師は休みが多過ぎるとよく批判されるので、この頃は校長が気にして夏休み中に教師
をやたら学校に来させるんです。

 でもやることがないから、皆自分の部屋にこもって時間をつぶしている。それで、うち
で勉強しているある先生が、2学期に備えて教材研究をしたいので図書館に行きたいと申
し出たんです。

 ところが許可してくれない。


 そういうつまらないことをやっているために、せっかくの優秀な人材が失望して次々流
出しているんです。
 



<野口>

 枝葉にとらわれて、教育の根本・本質を見失っていると思うんです。

 多くの教師が日頃から、点数やコンクールや大会など、目先の火の粉払いに多忙で疲れ
てしまっているんです。だから教育の成果が上がらない。
 



<向山>

 目先のことばかりで忙しくなるのは、学校が近代的資質を持っていないことも大きいで
すね。
    
 例えば、放課後にグラウンドでサッカーをやっていいのかということが問題になる。

「いいんじゃないか」と高学年の先生は言い、低学年の先生は「蹴ったボールが当たった
ら大変だ」と反論する。

 しばらく話し合って、一年生が午前授業で早く帰る日ならいいとなったとします。

 1、2年たつと教師もだいぶ入れ替わり、そのことを知らない新しい教師が同じことを
尋ねてくる。

 ところが元からいる先生も決めたことを忘れていて、また同じ議論が始まる。

 教師の集まりで聞いてみたら、九割方似たような体験をしていますよ。
    

 本来ならその学校のルール集をつくって、何か決まるたびに書き加えていかなければな
らないのです。

 企業幹部の方にその実態をお話しすると、会社では考えられないことだと皆さんおっし
ゃいます。

 教師は忙しいというけれども、そういうつまらないことで随分時間をロスしていると思
います。
 



<野口>

 そこは私も大事だと思って、校長の時に「学校業務マニュアル」をつくりました。
   

 本にもなってとても好評でしたが、私の次の校長は「そんなものはいらない」と捨てま
した。

 2年がかりでつくって、これで3年目からは学校運営もスムーズにいくと思っていたら、
そこでまた振り出しに戻る。これが学校の実態ですよ。
 



<向山>

 そうなんです。だから膨大な時間をロスしているんです。
 



<野口>

 本当に前近代的というかねぇ。

 やっぱり問題はリーダーだと思いますよ。大半の学校の校長は保身に汲々として、とて
もそういうことまで頭が回らない。

 しかし民間人校長は違います。よし、教師人生最後の5年間に校長として何をなすか、
と本気になってやる。

 だからおもしろいわけです。
    

 杉並区立和田中学校では、民間から校長に転身した藤原和博さんが非常に頑張っていら
っしゃいます。

 ところが、藤原さんが実践公開をやっても、近隣の校長は見に行かないそうですね。

 あれだけ世間から注目されている人の実践を見て、一つでも参考にしようという人はほ
とんどいない。

 やっかみですよ。

 どうも教育界というのは、優れた人間がはじかれるというか、みんな同じに無難にやっ
ているのがいいというぬるま湯社会なんです。

 だから近代化することを好まない。
 



<向山>

 こういうこともありました。

 いま、校長や教頭が授業を見に行って先生を5段階評価をする学校があります。

 ある小学校に授業がとても上手で、本を何冊も書いている女性教師がいました。子ども
にも親にも大人気で、公開授業をやると教室が超満員になる。
    

 ところが、その先生の評定結果は2だったのです。

 理由を聞いてもはっきりしない。

 職員室に戻って聞いてみたら、他の先生も全員2だったそうです。
    
 これでは授業評定をやる意味なんかまったくないでしょう。おまけに優秀な教師のやる
気まで失わせてしまって。
 



<野口>

 まったくです。
 



<向山>

 幸い私は、よい校長先生に恵まれました。

 素晴らしい先生は何が違うかというと、夢を与えてくれるんです。リーダーである校長
先生次第で、教師は教育の魅力や奥深さに目覚めて、自ら進んで勉強するようになるんで
す。
    

 東北のある県のパチンコ屋は、公務員と教師で持っていると言われているようですが、
理想を抱いて教師になったけれども、その思いを受け止めてくれる校長も仲間もなく、次
第に教職という仕事の意味や志を見失っていくのでしょうね。


nice!(148)  コメント(6) 
共通テーマ:学校