So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の2件 | -

「日本民俗学のエッセンス」瀬川清子・植松明石編 ペリカン社 1979年 ③ [読書記録 民俗]

今回は 9月19日に続いて 瀬川清子さん植松明石さんの編による
「日本民俗学のエッセンス」3回目の紹介です。



出版社の案内には、

「本書は、日本民俗学の研究史上、重要な研究者18人をえらんで、その研究と方法を示
 し、それを中心に、日本民俗学の成立、展開の理解にせまろうとしたものである。」


とあります。





浜松の土俗誌『土のいろ』は民俗学が一気にブームになった頃に出されたものですが、
今読んでもおもしろく、勉強した気分になれます。
『土のいろ』誌にも南方熊楠さんの寄稿がありました。





今回紹介分『南方熊楠』から強く印象に残った言葉は…

・「1900年 34歳で帰国 紀伊半島中心に菌類の採集+民俗学論文」


・「アメリカ国務省からの再三の招聘を断り田邊に在」


・「大乗仏教の思想が根幹に  世界的規模で」


・「柳田国男の編集方針を厳しく批判
主張 ① 『日常生活の利害についての具体的研究を!』
② 『地方制度,地方経済に関する研究を!』」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆「日本民俗学のエッセンス」瀬川清子・植松明石編 ペリカン社 1979年 ③

1.JPG

◇南方熊楠 その研究と方法   宮田登
 
1.南方熊楠の境涯


 南方熊楠 1867~1941


 和歌山中卒 - 明治17年 大学予備門入学 - 中退してアメリカに


 米国 バシフィック・ビジネス・カレッジ
 
    → ミシガン州立農学校 → 退学して独学 動植物の採集


 明治25 渡英 大英博物館に出入り いろいろとトラブル


 1900年 34歳で帰国 紀伊半島中心に菌類の採集+民俗学論文



アメリカ国務省からの再三の招聘を断り田邊に在


 1941年 75歳で死去
 






2.南方熊楠の学問の特徴

 鶴見和子 
 「内発的な学」
   ①ヨーロッパとアジアの学問の出会いと対決の統合

②民俗学と生物学

③比較学としての生物学と民俗学の統合

④生態学的立場からの公害反対


 大乗仏教の思想が根幹に 
  「南方曼荼羅」-因果と縁 萃点が中心にある

真理の基本点 = 萃点を探り出す

世界的規模で



比較文化論的視野
 






3.南方熊楠と柳田国男の差異

 南方熊楠  

   比較民俗学  比較文化論的視点 → 人類文化の普遍性



 柳田国男  
   一国民俗学  原初的な日本型の発見 慎重さ



 「郷土研究」 が 協力の場であり論争の場でもあった


 南方熊楠 柳田国男の編集方針を厳しく批判

  「日常生活の利害についての具体的研究を」



地方制度,地方経済に関する研究を!
       

 柳田国男 ルーラル・エコノミーとは「農村生活誌」である



歴史学 = 民衆生活史 - 一国民俗学

人類学 = 比較文化論 - 比較民俗学


 「南方熊楠全集」(全10巻,別巻2,平凡社)


 エッセンス 岩村忍編「南方熊楠文集」Ⅰ・Ⅱ(平凡社,昭和54)


 鶴見和子「南方熊楠」(講談社,昭和53)


nice!(110)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

キーワード 「宿題」 ① [読書記録 教育]

今回は、これまでキーワード「宿題」で要約してきたものからの紹介 1回目です。


と言っても、20年~30年くらい前にまとめたものが中心ですが。


「宿題を出すべき」派と「宿題は不要」派  両方の意見は依然としてあります。



学習習慣が身に付いている子どもにとっては不要であると言えるでしょうし、
それが身に付いていない子にとっては(身に付けさせたいなら)必要だと言えるでしょう。

一律でいいのかという課題もありますし、宿題を出さないと全く学習から離れてしまう場合も
考えられます。

「宿題」をした経験は、ほとんどの成人がもってはいますが、一律ではないこともいろいろな
考え方を生む要因であろうと思います。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「家事を覚える宿題」
- 以前は出すこともありましたが、最近は出せないようになってきました。
  

・「宿題は過去の遺物?」


・「やる気のある子 → 自由   やる気のない子 → 問題」
- いろいろな声が聞こえてきそうです。


・「志水廣(愛知教育大) 丸つけ法で」
- 志水廣さんの「丸つけ法」を授業で活用しました。子どもたちには有効でした。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

1.jpg

浜松ジオラマファクトリー








☆キーワード 「宿題」 ①



◇家事を覚える宿題
  
 ¡ご飯焚き 


 ¡おにぎり作り 


 ¡みそ汁作り


 ¡車洗い


 ¡茶碗洗い


 ¡風呂掃除 


 ¡窓拭き


 ¡洗濯物干し 


 ¡トイレ掃除 


 ¡ぞうきんがけ  







◇宿題は過去の遺物
  
 校外での子どもの生活に学校が口を出すことはできない

↓↑

学校は多くをかかえすぎ

※ 「もっと学校でしかできないことの指導を」の声が大きくなってきている






◇宿題の目的と性質
 
□目的   

 子どもが自ら学習意欲を出して,面白がって自ら学ぶようにすること



□性質 

 ①「授業の不十分な点の補足」×


 ②「学習成果の定着」「授業の中での宿題の点検」が大切


 ③「学習習慣」の定着

↓↓↓

 ①「限定された復習」


 ②「宿題のやり方を授業中時間を割いてしっかり教える」


 ③「授業の確認作業」


 ④範囲・分量は計画的に


 ⑤具体的指示








◇算数の宿題
  
 45分最後の5分間に2問の練習問題を



つまずきをすぐ指導
   3~5分間で40人に○つけ







◇宿題の目的
 
□有田和正  
  子供がやる気を出して面白がって自ら学ぶようにすること
やる気のある子 → 自由

  やる気のない子 → 問題
 


□市毛勝夫 

 1 限定された復習

 2 やり方を授業中に指導

 3 毎日の宿題は当日の「授業の確認作業」とするのが基礎

 4 範囲分量は計画的に決めておく

 5 予習~内容を具体的に指示

 6 夏休みの宿題は「凡人努力型」の子供のため
天才型・秀才型はやらなくてよい

 怠け型もやらなくてよい
 



□志水廣(愛知教育大)

 丸つけ法で

 


□森一夫(大阪教育大)

 自分の努力が認められるような宿題

 自分の成長が実感できるような宿題




□酒井臣吾(北海道教育大函館) 

 生涯教育時代には不要



多くの仕事を抱えるべきでない


nice!(141)  コメント(2) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ