So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ
前の2件 | -

(1)キーワード「国語」⑧  (2)「西行さん」鈴木 実 <「新津村の地名伝説三影」 『土のいろ』(昭和初期浜松の郷土誌)より>【再掲載】 [読書記録 教育]

今回は、5月22日に続いて、読書ノートより
キーワード「国語」の紹介 8回目です。 


今回は、岩下修さんの国語物語文基本発問の紹介です。


現在の国語の授業とは大きく違います。
時代を感じます。



もう一つ、再掲載となりますが、郷土誌『土のいろ』より、
鈴木実さんの「西行さん」を紹介します。
わたしの地域の伝説ですが、大人になってから知りました。 
昭和初期の文章ですが、地域の人の語り口を懐かしく思い出しました。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





(1)キーワード「国語」⑧




◇国語物語文基本発問 岩下修

「良い話し合いのできる問題づくり」
 
Ⅰ 設定

 ① 時は?


 ② 場所は?


 ③ 登場人物は?


 ④ 主人公は誰か?
 



Ⅱ イメージ喚起-形象化 (本を見ないで)

 ⑤ 話の中に出てきたもの?

 ⑥ 話の中に出てきた色?

 ⑦ その色は何色?

 ⑧ どんな音が聞こえた?
 




Ⅲ 対比・類似により形象化

 ⑨ 対比されている言葉?

 ⑩ その言葉の対比の意味は?

 ⑪ 類比されている言葉は?

 ⑫ 類比の意味は?
 




Ⅳ 話者の検討により形象化する

 ⑬ 何人称の視点で書かれていますか?
 




Ⅴ 人物の心情の理解を促す

 ⑭ 登場人物の目に見えたモノ(物,人,色,場所)は?

 ⑮ 登場人物の耳に聞こえたモノ(音,声)は?

 ⑯ 登場人物の心が一番動いたところは?

 ⑰ 登場人物の心が一番変わったところは?
 




Ⅵ 構造の理解を促す

 ⑱ 二つに区切るとしたらどこか?

 ⑲ 物語のクライマックスはどこか?
 




Ⅶ 主題を検討させる

 ⑳ この話に長い題(15~20字)を付けるとどんな題がよいか?
 




<自学>

発問A (この教材の場合)どんな問題なら良い話し合いになるでしょうか


発問B この中でちょっと良い話し合いになりそうもないと思うものを言ってください 










(2)「西行さん」鈴木 実 <「新津村の地名伝説三影」 『土のいろ』(昭和初期浜松の郷土誌)より>【再掲載】


 浜名郡新津村倉松に90近くのおばあさんがある。そのおばあさんの話によると,


「ちんちんしゃららと一条の杖をついて日本国中を歩きまはって」,

 うたがたいへんうまかった


 西行さんは,この倉松に生(ま)れたのだと言ってゐた。



「今から凡そ70年前に,倉松字まつり川に西行さんの墓の跡があって,其処には松が一
 本たってゐた。跡といふのは田の中の周囲5,6間ぐらいの島で,おしめがはってあっ
 た。西行さんは大へんうたがうまかったげな。それでこの倉松に来て死んで,ここに埋
 けたと言ふことだ。」


 それから又,そのおばあさんは,まつり川についても説明して呉れた。


「もとは松振川,松振川といったさうで,或時,大へんお天気のよい時に何処からともの
 う,一羽の大きな鶴がまって来て,西行さんのお墓のそばで,小さな松を振り振り,何
 処に落(と)さうかと思ってゐたが,たうたうお墓のすぐそばに落(と)して,又どっ
 かにまって行ってしまった。つるが松を振って来たから松振り川と言ふのださうだ。そ
 の松も,わしらが少しは知ってゐるが,大きな松ではなかった。『松ふり』の『ふ』を
 ぬかしてしまって,今では『松り』『祭(り)』といって,お祭りの様な名になってし
 まった。今はもうその松もなく,みんな田んぼになってしまった。」


と,おばあさんは話してくれた。そこで私は聞いてみた。


「それなら生(ま)れたのはどこですか。」


「こんなうたがありますよ。西行の生(ま)れ故郷は堤村、身のなれのはては松振川ばた」


「新津村の堤ですか。」  


「さういうことですよ。」  


「どの辺りか知って居ますか。」


「その歌だけで他は何も知りませんよ。」


「…さんはいろいろの学問のことを知ってゐなさるから,西行さんのことを教えておくん
 なさい。」


と歯のない口をもぐもぐさせた。

DSCN0079.JPG

nice!(132)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

教育ノートから「教師」30-「戦後の日本の子ども観を見直す」 明石要一 明治図書 1995年 ② [読書記録 教育]

 農村派教師
 「貧しい農村の子供を生活綴り方という共通の手法を使い子供と教育に対して高い志と
  熱い思いを抱き地域にこだわった」





今回は 5月20日に続き、「教育ノートから 教師」30回目、
明石要一さんの「戦後の日本の子ども観を見直す」2回目の紹介です。


出版社の案内には、

「宿題がないと不安がる『宿題依存症』など、日本の近代社会では見ることのできなかっ
 たタイプの子どもがふえている。戦後50年の子どもの生活を社会構造の変化と絡めて
 明らかにし、理解を超えるといわれている現代の子ども観を見直す。」

とあります。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「二つの理論
    ①『子供を太らせる教科の論理』 ②『子供を太らせる生活の論理』」
- 「綴り方」を聞かなくなって大部たちます。かつての作文、日記には地域を強く感じ
 させる文章がありました。


・「子供が村を変える変革者」
-「米百俵」の精神はかつては生きていました。


・「小遣いは年中行事にあわせて貰った(日常ではお駄賃としてお釣りを貰っていた)」
- わたしの子供時代はまさにそうでした。


・「ギャングエイジを体験した遊び集団」
- 小学校3,4年生頃のギャング時代を経ることは大切だと思います。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆教育ノートから「教師」30-「戦後の日本の子ども観を見直す」 明石要一 明治図書 1995年 ②

◇戦後第Ⅰ期(1945~1959)  年中行事中心期

(2)「山びこ学校」「学級革命」「村を育てる学力」②
□無着成恭 (前回掲載)

□小西健二郎(前回掲載) 

□東井義雄  

「村を育てる学力」(昭和32年)

 キーワード 「愛」 「いのち」 「本物」



 子供に主体的な愛を育てなければならない

  ↓

  二つの理論 
    ①「子供を太らせる教科の論理」

②「子供を太らせる生活の論理」



作文的な方法



□共通事項(無着、小西、東井三氏の)

 ① 教育と子供に対して高い志を持っている
    (熱い想い)

 ② 高い志と熱い想いを「地域社会」(村)に注ぎ,そこを何とかよいところにしよう
  としている



地域にこだわり,そこを変革しようとする農村派教師
山形県山元村(無着)
兵庫県大路村(小西)
兵庫県出石郡(東井)



子供が村を変える変革者


 農村派教師
 「貧しい農村の子供を生活綴り方という共通の手法を使い子供と教育に対して高い志と
  熱い思いを抱き地域にこだわった」





(3)年中行事を単位とした子供の生活サイクル
    
□月刊漫画とラジオがメディアの中心
小遣いは年中行事にあわせて貰った                               
   日常ではお駄賃としてお釣りを貰っていた
       
  (週刊漫画 - 小遣いが月極め)

□紙芝居も



 ◎地域や遊び集団に限定

 ◎地域の特性,遊びの集団の絆


□ギャングエイジを体験した遊び集団

 小林  
  ① 同性による五人前後の集団

  ② 閉鎖的でメンバーの入れ替えが容易ではない

  ③ 役割分担,リーダーシップの分化が見られる構造化が存在する

  ④ 秘密の遊び,禁じられた遊び,冒険遊びを特徴とする

  ⑤ 集団の凝集性を高めるもの 名前・バッジなど

  ⑥ 外部に対して闘争的でかつメンバーに対しては保護的に働く






(4)自叙伝から見た当時の子供の生活
 
「最後のガキ大将」(フレーベル館 1986 はらたいら )


「親父の少年時代」(かや書房 1981 遠藤ケイ)



 ◎日が暮れるまで外で群れ遊び
お正月・お盆・夏祭り・秋祭り・遠足・運動会


※ 地域と家庭,学校の三つの機能が程良く釣り合っており,生活のサイクルも緩やかで
 子供にとって「子供時代」が体験できる。


nice!(146)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -
2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ