So-net無料ブログ作成
読書記録 一般 ブログトップ
前の2件 | -

「和尚さんの心とからだの処方箋」樺島勝徳 講談社 1995年 [読書記録 一般]

「柔らかさと素直さが人格の中身」




今回は、樺島勝徳さんの
「和尚さんの心とからだの処方箋」を紹介します。




出版社の案内には、

「からだに聞いて、からだを育てる、手間もおカネもいらない健康法。からだをうまくコ
 ントロールすれば、怒りや悲しみ、グチもストレスもすっきり解消。和尚さんが自らの
 体験を通して教えてくれる、心豊かに元気になる本。」

とあります。





今回紹介分より強く印象に残った言葉は、

・「怒っている時、白目の所が少し青い」
- 怒っている人をじっと見ようとはしませんが…


・「ストレスは栄養素」


・「少しだけ毒 少しだけトゲ」


・「背筋真っ直ぐ+掌の集中」


・「からだはハイテクのかたまり」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「和尚さんの心とからだの処方箋」樺島勝徳 講談社 1995年

1.jpg

◇序  

「心の裏にはからだがある。からだの裏には気血の偏りがある。この偏りをコントロール
 し,気血の集中するからだをつくれば,からだも心も自分に親しくなる。宗教は,から
 だを通して,痕跡のなくなるまで日常の中に消化されていなければならない。」






◇からだをコントロールする

 心のありか


 青い目玉は語る 
   怒っている時、白目の所が少し青い


 怒るのが苦手になる


 気血の偏りとは何か  
   頭にくる人 
   気血の偏り調整体操


 体操


 ビワの葉療法との出会い 山田無文さん
 冬を越した大葉2枚

  → 水洗

  → 呪文表にスミ

  → 炭火で表側をあぶり

  → 2枚の葉の裏側をこすり合わせる

  → ガスレンジであぶる→揉み込む


 時間裕福お金貧乏「足を知る」の心境で






◇柔らかさと素直さが人格の中身

 わたしは気分屋です  
   雑念は一種の根無し草


 精神貴族を維持するリハビリ 
   目を閉じて筆を使う


 ガマの寝姿 数分間
   気力の貯金はからだに


<背筋真っ直ぐ+掌の集中>






◇ストレスを利用してパワーアップ

 わたしたちは霜降り肉なのか
   ストレスは栄養素


 少しだけ毒 少しだけトゲ






◇正しい喜怒哀楽が恐い

 からだはハイテクのかたまり
nice!(146)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「日本がわかる思想入門」長尾剛 新潮社 OH文庫 2000年 ⑫ [読書記録 一般]

「日本人は日本人の主体性である『大倭心』をしっかり固めなければならない。そのため
 には、死後の世界について知ることが第一である。」『霊能真柱』





今回は 6月 1日に続いて、長尾剛さんの
「日本がわかる思想入門」、12回目の紹介です。



出版社の案内には、


「ヨーロッパ哲学だけが人類の思想・哲学のすべてではない。古代から、中世、近世、近
 代まで、各時代の日本思想にこそ、知的発見の楽しみが満ち溢れている。先賢に学ぶ40
 のニッポン・オリジナル。」


とあります。



今回紹介するのは、「神道」についてです。



今回紹介分から強く印象に残ったことばは…

・「『敬」 
  自己抑制と君臣関係の徹底
究極には唯一最上の存在を崇める」


・「平田篤胤  『日本最優越論』-神懸かり的国粋主義」


・「自国を絶対視する国粋主義は、日本においては天皇絶対服従に直結せざるを得ない
  = 国学が最も観念的に凝り固まった一つの例」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「日本がわかる思想入門」長尾剛 新潮社 OH文庫 2000年 ⑫

1.jpg

◇江戸時代における神道の見直し

□神道見直し気運

○山崎暗斎(1618~1682)

 羅山以上の朱子学者


 生真面目一本厳格主義 羅山の世渡り気に入らず


「敬」 
  自己抑制と君臣関係の徹底

究極には唯一最上の存在を崇める


 朱子学と神道の融合
   ~ 天皇に対する絶対崇拝


 垂加神道 
  保科正之(会津藩)が暗斎のファン





□平田篤胤(1776~1843

 下級武士の子 
   貧しい日々に耐えながら学び続けた


 夢の中で宣長に会い弟子入り
   -神秘がかった性向


 日本の神秘性を追求し主張するという
  「国学の宗教的側面」


 古代日本の純粋な神道「復古神道」


 「古事記」こじつけた読み方
地球上のすべての文化圏にあって日本こそが唯一最上の神の国

   「日本最優越論」神懸かり的国粋主義



自国を絶対視する国粋主義は、日本においては天皇絶対服従に直結せざるを得ない
 
 = 国学が最も観念的に凝り固まった一つの例



 死後の世界「幽冥会」
   大国主命が主宰するところ

死ぬことを不安に感じる必要はない



「日本人は日本人の主体性である『大倭心』をしっかり固めなければならない。そのため
 には、死後の世界について知ることが第一である。」『霊能真柱』



 徹底した日本優越論
   → 尊皇攘夷運動の背景に










◇江戸期日本の常識-尊皇思想

□尊皇思想 

= 日本は神が創った国であり、その神の子孫たる天皇は、すべての日本人を統べる存在
 である。天皇はすべての日本人に敬われなければならない。




□武家政権  

 天皇の権威を後ろ盾にして成り立っている



 いつの時代でも日本の支配層は、少なくとも建前ポーズとして朝廷(天皇)を敬うこと
が自らの政権の正当性を内外に示すことと直結する。
 

 「天皇が絶対的頂点」
  -国学、江戸時代型神道(垂加神道、復古神道)





□水戸学派 

 藤田幽谷(1774~1826) 藤田東湖(1806~1855)


 水戸学
   水戸藩公式の歴史学 水戸光圀「大日本史」

「支配者層の地位の肯定」を論証する内容


 尊皇思想 - 徹底した排他思想



 日本人は徳川幕府のもとで一致団結する必要がある

徳川家を守ることを目的とした政略的発想






□吉田松陰 

 長州藩 兵学師範の吉田家を継ぐ藩お抱えの軍学者

 ① 密航計画  

    失敗し長州で終生俘囚の身


 ② 朝廷幕府に何度も内政・外交・国防の意見書

<幕府と朝廷はパートナーシップ>



   幕府の現実逃避・問題先のばし



  一君万民の国家体制
天皇を敬うことにおいて日本人すべてを平等とする

= 身分制度の否定

nice!(154)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 一般 ブログトップ