So-net無料ブログ作成
読書記録 民俗 ブログトップ
前の2件 | -

「谷川健一 民俗のこころと思想」前田速夫 アーツ・アンド・クラフツ  2016年 [読書記録 民俗]

今回は 前田速夫さんの
「民俗のこころと思想」1回目の紹介です。



出版社の案内には、


「柳田・折口の民俗学を受け継ぎ、さらに定住稲作民とは異なる金属民・木地師・遊芸民
 など生態や、天皇族に敗れた古代民の行方を辿り、沖縄・南島へのフィールドワークを
 重ねた谷川健一。その民俗学として展開された思想を、編集者としての仕事や時代状況
 に関わる批評も含めて明らかにする。全集未収録『論文・エッセイ』多数掲載。」


とあります。







今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「日本風土記」
「日本残酷物語」
- 大変楽しめる本です。


・「宮本常一を知る(庶民感覚と豊富な生活体験)」


・「熱い心と冷たい目」


・「神道は国家と癒着しやすい」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー









☆「谷川健一 民俗のこころと思想」前田速夫 アーツ・アンド・クラフツ 2016年

1.jpg

◇青の思想

□谷川健一  

 編集:「日本風土記」

    「日本残酷物語」


月刊誌「太陽」創刊編集長




□長い遍歴時代

 谷川健一
   大正10(1921)7.28生  水俣町生(熊本県)

眼科医 侃二の長男 

   2歳下に雁、4歳下に道雄(京大教授・中国史)

   9歳下に吉田公彦(日本エディタースクール創設)

   徳富蘇峰を熱海に訪ねる


 平凡社に(就職)
   柳田国男

宮本常一を知る(庶民感覚と豊富な生活体験)


 南島への親近


 弟・谷川雁との共闘


 定住と漂白と  
  「青銅の神の足跡」集英社 1979

  民俗学、古代史、南方研究、地名研究、近代の反省と批判

   → 「青の民俗学」


 大震災の後で




□編集の思想
 
 「風土記日本」平凡社
 

 「日本残酷物語」平凡社
 

 「太陽」1963.6.12創刊
 

 「ドキュメント日本人」
 

 「日本庶民生活資料集成」
 

 「叢書わが沖縄」
 

 「日本の神々 神社と聖地」
 

 「地名は警告する」

 



<民族のこころ>

 「小さき者に告す」

 
 「目一つ神の由来」

 
 「山人と平地人」

 
 「成熟へのひとしずく」

 
 「熱い心と冷たい目」

 
 「文人の文体」

 
 「畏き人」

 
 「地名が持つ魅力と美しさ」

 
 「地名は大地に刻まれた歴史の索引」


 「青の伝承」

 
 「民俗学から見た人と渚とのかかわり」

 
 「神・人間・動物」

 
 「タマスという言葉」

 
 「うぶすな」

 
 「ひさことたまご」

 
 「日本人の信仰の原点」

 
 「南への行動 地への衝動」

 
 「はるかな過去ーの遡行」




◇移動と漂泊
 
 隼人海人の移動
ヒトモノの移動           
  さまよえる天女


流され人     
  永久歩行者




◇南島その空間と時間

八重干瀬にて    
  - 青と白の幻想


 明るい冥府     
  - 火にかけた鍋


沖縄その危機と神々
都島の神と森を考える





◇時代を撃つ

維新変革の虚妄と反乱者たち(抄)


神風連の神慮と行動形態         


神道は国家と癒着しやすい


明治と明治もどき


近代の暗黒


日本人を照射する異質文化
 

遠いと他者欠けた自己

 - 差別への一視点
 

 「狂矢の論理」


 「祭りとしての安保」


 カオスの中での展望


 わたしの地方文化論


 事大主義と事小主義


 聖なる疲れ


 なぜ地名変更に抗うか


 裁縫調査における疑念
 

 危機に瀕する民俗学の行方 
nice!(156)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「日本民俗学のエッセンス」瀬川清子・植松明石編 ペリカン社 1979年 ⑳(最終) [読書記録 民俗]

「わしが蜜柑の木の前に立ったら,枝の方から『ここを切ってくれ』と言いよる。わしは,
 そういわれるままに切っちょるだけじゃ。」(紀州、木の剪定の名人の言葉)


「教員もこれと同じで,子どもの気持ちの見える教師にならんといかん」
(教育学者・青木一の言葉)








今回は 12月19日に続いて 瀬川清子さん植松明石さんの編による
「日本民俗学のエッセンス」20回目の紹介 最終です。




出版社の案内には、


「本書は、日本民俗学の研究史上、重要な研究者18人をえらんで、その研究と方法を示
 し、それを中心に、日本民俗学の成立、展開の理解にせまろうとしたものである。」


とあります。



今回も前回に引き続き「宮本常一」さんについての要約です。

教員として学ぶこともたくさん示されています。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー












☆「日本民俗学のエッセンス」瀬川清子・植松明石編 ペリカン社 1979年 ⑳(最終)

1.JPG

◇宮本常一(2) その研究と方法  岩井宏実


 
2.偉大なる教育者


□池田小教員時代 昭和8(1933)年

「郷土資料作文集」
   調べる喜び・綴る喜び 芦田恵之助の影響

  

□『とろし』
  泉北郡(現高石市)取石小学校

昭和12(1937)3月卒業生のため印刷して贈った郷土誌

「とろし」半紙半版136頁-生活誌

「村の略史」(宮本)「村のしらべ」(児童)

「昔話と伝説」(児童採集)「我らの生活」


 
□紀州、木の剪定の名人から

「わしが蜜柑の木の前に立ったら,枝の方から『ここを切ってくれ』と言いよる。わしは,
 そういわれるままに切っちょるだけじゃ。」



 教員もこれと同じで,子どもの気持ちの見える教師にならんといかん
(教育学者・青木一が語っている)



□奈良県郡山中学の教員

 生徒は多くのことを学んだ 

 → その中から民俗学や考古学を学び者も
    
○S23(1948)

「愛情は子供と共に」馬場書店

「村の社会科」昭和書院


○S25(1950)
 「ふるさとの生活」朝日新聞社 

「村の生活とコミュニティスクール」長吉小中学校PTA

 民衆教育の方向


○S39(1964)4 

 武蔵野美術大学非常勤教授に

日本観光文化研究所所長 → 「あるく・みる・きく」

旅行探検民俗学民族学文化人類学


○S40(1965)4 武蔵野美大専任教授 
            
 一般教養 - 民俗学・民族学・文化人類学・生活史

 美術創作活動の中に,その根本となる日本人の思考方式が活かされないか考えた

          |

造形文化の歴史的変遷と人間の関わり中心に講義
学生 民俗学・民具学・生活学へ



東和町 
  「郷土大学」村落居住青年の育成と地域文化新興に精力
没後も活動存続
 






3.経済 経世済民の学

□財団法人 新自治協会へ 
 農業技術の改良,農業経営の指導,生活改善運動


 全国篤農家の探訪 - 感動を持って全身で受け止めた

問題は - 農地解放


○S29(1954)

 平野勝二中心に林業金融調査会


○S28(1953) 

 全国離島振興協議会 幹事長・事務局長に

 飲料水確保,道路整備,殖産問題

「日本の離島」未来社 昭和35


○S40(1965)

「日本の宿」社会思想社


○S41(1966)~

「あるく・みる・きく」
   日本観光文化研究所~平成元(1989.3)年

  ~264号 「旅学」
 






4.民衆史の構築

□日本民衆史の構想

 -「名も無き民」の生活史


○S30(1955)
「民話」木下順二・吉沢和夫・益田勝美・西郷竹彦・山室静

 第3号 ~ 10回「年寄りたち」連載-土佐源氏

→ 「忘れられた日本人」に

坂本長利の一人芝居
    

□旅の学,実践の学
 






5.民具学の提唱 

「民具学は孤立してはいけない」

民俗学・民族学・考古学・建築学・歴史学・生活学

国際文化-世界の旅(晩年)


○昭和49(1974)10月26~27日

 日本常民文化研究所主宰 第1回民具研究講座


○昭和50.11.23~24

 日本民具学会設立
nice!(140)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 民俗 ブログトップ