So-net無料ブログ作成
読書記録 教育 ブログトップ
前の2件 | -

教育ノートから「教師」37-「プロ教師の生き方」河上亮一 洋泉社 1996年 ⑤ [読書記録 教育]

「<がんこでわがまま>
 相手が強いと自分の殻に閉じこもってじっとしているのに弱いと分かると非常に攻撃
 的になる」






今回は 6月14日に続き、「教育ノートから 教師」37回目、
河上亮一さんの「プロ教師の生き方」5回目の紹介です。



出版社の案内には、

「ほめる教育より叱る教育を。自由より強制を。『中学教師』と呼ばれる著者が、自分自
 身の学校での取り組みをまとめながら、最近の学校をとりまく状況、いじめなど現在直
 面している困難についての考えを述べる。」


とあります。






今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「クールに接する
 まず教師が誠実に自分の仕事を行うことから」


・「道徳 - 権威がなければ無理」
- 文科省には?


・「権威をつくる
- 親・地域社会の支持が不可欠」


・「自分の欲望を抑えることができずどこまでも主張する

その時の気分で行動する」
- この傾向が年々強くなっていることを感じます。   






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆教育ノートから「教師」37 -「プロ教師の生き方」河上亮一 洋泉社 1996年 ⑤

1.jpg
 
◇叱って育てる教育の復権(河上亮一:中学校教師) = プロ教師の叱り方
 
① 学校の大枠をしっかり固める
 
  学校は基礎的学力・生活の仕方・人とのつきあい方を身につけさせ一人前の国民にす
 るところ

 → 自由のびのび路線は論外
 

② 教師・生徒の関係をはっきりさせる
 
  教え教えられる関係 

 → クールに接する

 まず教師が誠実に自分の仕事を行うことから
 

③ みんな(学年・学校)で同じようにさせる
 

④ 何を叱るか 

  ⅰ 秩序  クールに丁寧な言葉ではっきりと
 

⑤ 何を叱るか

  ⅱ道徳 - 権威がなければ無理
 

⑥ 差別をするな
   

⑦ 叱ること・言うこと・聞かせることをごっちゃにしない

  サインを出し続けることに徹する
 

⑧ 権威をつくる
 
  親・地域社会の支持が不可欠

  


□「基本的生活習慣」をどう確立させるか
  



□最近の生徒の特徴

○ひ弱 - 行動ギクシャク苦しそう

    肉体的にも精神的にもひどくもろい

    がまんができずすぐ参ってしまう

   友人関係の希薄さ

     ↓↑

   非常にひ弱になった反面ものすごく強くなった

 <がんこでわがまま>
   相手が強いと自分の殻に閉じこもってじっとしているのに弱いと分かると非常に攻
  撃的になる



自分の欲望を抑えることができずどこまでも主張する

その時の気分で行動する
 






◇生徒の変質は社会と家庭が引き起こした

□地域共同体の崩壊  

 大人の世界から共通の価値観を奪い去りみんなで基本的生活習慣を身につけさせられな
くなった。



 好きなことは何をやってもいい傾向

 → 欲望のみが肥大化し,精神性がなくなって何でもありの社会になった




▲人間は皆平等であるという考えが言葉通りに行き渡り,大人と子供の境目がなくなった



▲社会が子供を教育することができなくなった


▲学校  
  自由のびのび路線がもてはやされ,校則・体罰・管理教育が攻撃された


nice!(86)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「だれでもできるブックトーク」村上淳子 国土社 2008年 前半 [読書記録 教育]

今回は、村上淳子さんの
「だれでもできるブックトーク」1回目(前半)の紹介です。



出版社の案内には、

「読書指導の方法のひとつブックトークの実践を、低・中・高学年別に紹介。テーマ、テーマに対する思い、実践した学年と要した時間、選んだ本、紹介のシナリオ、児童の反応と考察、参考図書などの内容をわかりやすくまとめる。」

とあります。




村上さんのフィルターを経た本の題名の羅列になってしまいましたが、
たいへん楽しい本ばかりです。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「だれでもできるブックトーク」村上淳子 国土社 2008年 前半

1.png

◇読書を楽しむ子どもを育てるために

□ブックトーク 

 ① あるテーマを決めて   

 ② そのテーマに沿った本を何冊か選び

 ③ その本につながりを持たせて順次紹介していく




□方法 
 1 テーマを決める

 2 テーマに対する思いを書く

 3 本を探す 5~10冊

 4 選んだ本を読み返す メモ+付箋

 5 紹介シナリオを書く

 6 本番   演じる

 7 本を手に取らせる

 8 記録を残す








◇テーマ1 「昔々あったとさ」-低

「桃太郎」

「浦島太郎」  

「三年寝太郎」

「力太郎」

「悉平太郎」

「はちかつきひめ」

「ごめんぶく おわんぶく」







◇テーマ2 「おじいさん おばあさん」-低

「おばあちゃんがいったのよ」 j.ベイトン・ウォルシュ

「おじいちゃん だいすき」  ロブ・ルイス

「おじいちゃんの口笛」    ウルフ・スタグレフ

「ももたろう」 世界文化社 2005

「したきりすずめ」      世界文化社 2005

「花咲じじい」 世界文化社 2005

「リベックじいさんのなしの木」P.フォンクーネ

「おばあちゃんをすてちゃいやだ」







◇テーマ3 「おかあちゃんってかわいいね」 - 低 

「こいぬがうまれるよ」

「あやちゃんのうまれた日」浜田桂子

「ぼく,おにいちゃんになったんだ」 

「タテゴトアザラシのおやこ」

「ダンゴムシ」今森光彦       

「たねいっぱいわらったね」







◇テーマ4 「なんのたねかな」 - 低
  
「たねのずかん」  

「どんぐりノート」

「ラッカセイの絵本」

「かならずできる手品」

「平和の種をまく」

「ずーっとだいすきだ」







◇テーマ5 「ヒーローを目指そう」- 低

「クジラのハンフリー」        

「おとしぶみ ゆりかごを作る小さな虫」  

「はじめてのかり」

「1ねん1くみ1ばんワル」
  
「おとうさんはウルトラマン」







◇テーマ6 「しっぱいしてもいいんだよ」 - 低  

「ぼちぼちいこか」 マイク・セイラー 

「がまんだがまんだうんちっち」

「びゅんびゅんごまが回ったら」宮川ひろ

「手袋を買いに」







◇テーマ7 「いろいろな花」 - 低
  
「フレデリック」 レオ・レオニ    

「あおくんちきいろちゃん」

「はらぺこあおむし」 エリック・カール

「ももいろのきりん」中川梨枝子

「ぞうのエルマー」







◇テーマ8 「虫のふしぎ」- 低

「おとしぶみ」 岡島秀次       

「だれだかわかるかい」

「変身」 栗林恵

「むしのうんこ」 エリック・カール

「むしたちのうんどうかい」

「なきむし」







◇テーマ9 「こまったらどうしよう」- 低

「たねのずかん」 

「しっぽのはたらき」 

「虫のひげ」

「トマトのひみつ」山口進       

「三枚のおふだ」水沢謙一

「ことばあそびうた」谷川俊太郎






◇テーマ10 「わくわくどきどきこわいもの」- 中

「こわいドン」武田美穂  

「ばけものづかい」川端誠 

「ふるやのもり」今江祥智

「風信器」大石真  

「耳なし芳一」小学館2006  

「アラジント魔法のランプ」ほるぷ

「丘の上の人殺しの家」別役実







◇テーマ11 「はははは歯」- 中
  
「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」

「口を大きく開けて歯の学校はこちらです」 

「虫歯のもんだい」北川原健     

「歯医者のチュー先生」
  
「せかいのこどもたちのはなし はがぬけたらどうするの」







◇テーマ12 「さあ出発」- 中
  
「エルマーのぼうけん」       

「ロビンソンクルーソー」 

「二分間の休暇」岡田淳







◇テーマ13 「生まれる」- 中
  
「むしのあかちゃん」伊丹市昆虫館  

「こいふがうまれる」J.コール
  
「赤ちゃんのはなし」マリー・ホールエッツ   

「あかちゃんてね」星川ころこ・治雄     

「おかあさんがおかあさんになった日」星野ヒデ子  

「おとうさんがおとうさんになった日」星野ヒデ子
  
「きこえてくるよ いのちのおと…」ひろかわさえこ


nice!(140)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 教育 ブログトップ