So-net無料ブログ作成
読書記録 教育 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

「宮本常一さん 教育について」 29 「彷徨のまなざし」長浜功 明石書店 1995年 ③ [読書記録 教育]

「古い教育の中で興味をそそられるのは塾の制度である。そこでは人が人を啓発すること
 が何よりも喜ばれた。そこには,教授法というものもなかったし,また,教えることも
 偏っていたが,人間を人間として育てていく何ものかがあり,不合理の克服を不合理か
 ら避けることによって達するのではなく,不合理の中でまず不合理を克服してみようと
 する気迫を身につけさせた」(著作集26巻)






今回は12月10日に続いて、「宮本常一さん 教育について」29回目
長浜功さんの「彷徨のまなざし」3回目の紹介となります。





出版社の案内には、

「『民衆』という言葉を使い、民衆の視線と同じ高さで民衆を論じた民俗学者・宮本常一。
 その生涯と全国を歩いて調査した旅について概観し、彼の業績と民俗学研究上での役割
 を考える。」


とあります。





今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「教育とは希望を語るもの」


・「…学校教育というのが古い秩序による子どもの世界というものを滅茶苦茶にしてしま
  ったと思う方なんだから…。例えば,我々盆踊りの唄を学校で歌うと皆廊下に立たさ
  れたんですがね,大変けしからんと。学校で教えてくれる唱歌以外は学校では絶対歌
えなかった。そういうように,それ以前の生活から断ち切っていくようにすることが
新しい教育だった」(著作集別巻2)


・「子どもに対する評価が 学校のそれと村という地域で異なっていた」
- 学校では優等生だけれども地域では…
  学校では劣等生のようにされているけれども地域では…
  かつてはよく聞きました。
  





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「宮本常一さん 教育について」 29 「彷徨のまなざし」長浜功 明石書店 1995年 ③

1.jpg

◇人と教育

 教師が子供たちからどんなに慕われているか


 農閑期大学 1947年2月 純真学園(横浜)


教育とは希望を語るもの



□学校教育批判

○明治政府 

   土着の教育機関(寺子屋・私塾)を無視



西洋の教育組織制度を導入



日本固有の教育理論が生まれない
(ルソー曰く ペスタロッチ曰く デューイ曰く)



   広瀬淡窓 吉田松陰 本居宣長 安藤昌益


「古い教育の中で興味をそそられるのは塾の制度である。そこでは人が人を啓発すること
 が何よりも喜ばれた。そこには,教授法というものもなかったし,また,教えることも
 偏っていたが,人間を人間として育てていく何ものかがあり,不合理の克服を不合理か
 ら避けることによって達するのではなく,不合理の中でまず不合理を克服してみようと
 する気迫を身につけさせた」(著作集26巻)


↓↑


○新しい教育制度  

 人間を育てるのでなく,できるだけ生産を高める知識と技能を持つ人間をつくりだすこ
 と


「要するにぼくら学校教育というのが古い秩序による子どもの世界というものを滅茶苦茶
 にしてしまったと思う方なんだから,学校教育を今更どうすることもできないね。例え
 ば,我々盆踊りの唄を学校で歌うと皆廊下に立たされたんですがね,大変けしからんと。
 学校で教えてくれる唱歌以外は学校では絶対歌えなかった。そういうように,それ以前
 の生活から断ち切っていくようにすることが新しい教育だった」(著作集別巻2)





 学校は生活と労働を切り離した


              |


 教育という問題が民衆の生活要求という土台から生まれてくるのではなく,国家の要求
することを土台として生まれるのが当たり前…という前提



  教育における民衆無視


「新たに起こった学校教育制度は実学的であることを目指しつつ,村人の生活や生産に直
 接参与することは少なかった。むしろ漁業では義務教育のために技術伝承がおろそかに
 なる畏れがあり長い間漁民の抵抗が見られた。農民もまた新しい教育に飽きたらぬもの
 を持っていたが政府はこれらの人々に批判や要求の余地を与えなかった。その上修身科
 が置かれることによって,庶民の世界にも忠・礼・仁・智などの儒教を背景にした武家
 道徳が植え付けられるに至った。学校教育は国家の要望する教育をうえつけることであ
 ったがそれは庶民自身がその子に要求する教育とは違っていた。しかも両者の意図が長
 く調整させられることがなかったため学校における道徳・教育が形式主義に流れ,村里
 のそれが旧弊として排撃されつつ今日に至ったため村人たちは苦しみ続けてきた。」




 子どもに対する評価が 学校のそれと村という地域で異なっていた


「学校制度が整って,至る所に小学校中学校がつくられ,また,高校大学の数もおびただ
 しいものになってきたが,それにつれて教育せられる青少年は教科によって育て上げら
 れ,いわゆる画一的な教科的な人間ができあがっていく。そしてその一種の画一性を持
 った人たちを教養のある人と考えるようになった。」


「時代と共に民衆というものが変わらなければならないならば,教育もまた,それに応じ
 た適切な変化を伴わなければならない。」


nice!(148)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「思春期の心を開く」八ツ塚実 朱鷺書房 1990年 ④ [読書記録 教育]

「ある時の一発花火はどんなに美しくても夜の闇を明るくしない。
例え小さな灯でも、ともり続けていてくれればその下で本も読める。
 語らいもできる。」





今回は11月28日に続いて 八ツ塚実さんの
「思春期の心を開く」4回目の紹介です。



八ツ塚さんの魅力に引き込まれます。



出版社の案内には、

「心は堅く閉ざされ、さまざまな問題が噴出するかのようにみえる時。思春期のただ中に
 ある子どもを見守るこころ、人間教育の場としての家庭の役割を説く。」

とあります。





今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「『生活の記録・私の対話心得』」
- 『生活の記録』を読み、その資料の大きさに心を動かされました。
  「感動」が与えられます。


・「学校は教員が教員面をするところではない」
「子供の自信を損なうような言動のすべては教育ではない」
- はたして自分は?と自分に時に投げ掛けなくてはならない言葉です。


・「思春期の心の傷には『感動』という薬しか効き目はない」


・「焼き芋のようにあたたかい人権感覚がほしい」


・「教育の基本概念『あらゆる存在の容認』」



「ヨウコ」さんについての話にこころをふるえさせられます。
子どもを信じゆったり見守ることの大切さを教えてくれます。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆「思春期の心を開く」八ツ塚実 朱鷺書房 1990年 ④

1.jpg

◇「感動」という心の薬
  
□魅力ある「対話」 

『生活の記録・私の対話心得』

 ・学校は教員が教員面をするところではない


 ・子供の自信を損なうような言動のすべては教育ではない



□「元気づけてほしい」と言ってこない子供たち



□日常的な対話が必要 

 ある時の一発花火はどんなに美しくても夜の闇を明るくしない。

 例え小さな灯でも、ともり続けていてくれればその下で本も読める。
      
 語らいもできる。
  


□話の中身に感動するのではない   

 一人の大人が手抜きをしないで対話してくれたから感動する
話の中身 + 態度


 思春期の心の傷には「感動」という薬しか効き目はない







◇健康な人権感覚を育てる

□茶目っ気いっぱいの反乱

 大塩先生からカラヤン先生


 学校は厳しい 
   ~ 融通の利く面と利かない面をミックス


 腰弁 - 服装規定への



□信頼こそ教育の出発点 
  


□素朴な人権感覚 

 - 焼き芋のようにあたたかい人権感覚がほしい



□大人の敗北

「あいつ等は信用できない」(という言葉は敗北宣言=ハマコウ註)



□人権問題 

 ※子供を大人並みにおだてることではない

   ・子供を無原則に甘やかすことではない

   ・子供と共に人の世を作ること



□人間らしい中学生

 ×「中学生らしい中学生」 

 ○「人間らしい中学生」



□健康な感覚は建設的な生き方を生む

 明るい闘い 

 - 健康な感覚  → いつかきっと何かを生み出す








◇ウジウジなんかしていられない

□旅の一座の子役スター 

 ヨウコ 

 朝のホームルームと一校時だけ出席
5日~1か月



□家庭の教育力

 教育の基本概念「あらゆる存在の容認」


「ウジウジしているわけにはいかない」


 家庭 
 <体裁>
  ・住む家がある

・両親や家族がある

  ・団らんの生活がある

 <本質>
  ・生き抜く基本を教える(礼儀を含めて)

・親の持つ職業上の技術や人生観を伝える



□底抜けの明るさ

 ヨウコ 

  ① 底抜けの明るさ

② 生き生きしている 

     女子高生 - 中年のように浮かれている

人間「忙しいから」だけで疲れるのではない

     目標がないと…

  ③ 将来に夢を持っている

④ 両親を尊敬し目標にしている 「教え教えられる関係」

⑤ 金銭についてキチンとした感覚を持っている

⑥ 礼儀正しく、折り目正しい

⑦ ハキハキして照れない 

   ※「照れとの闘い」
照れ ・授業中物を言わない ・立候補しない
・行事に参加しない  ・歌を歌わない
・不真面目を装う

   ※子供の照れの原因=大人の照れの感染

  ⑧ 人間の冷たさ、あたたたかさを知っている

他人の生き方に口をはさむ

嫌がらせをする 人権無視社会

「いいじゃない。みんなそれで生きているんだから」




nice!(160)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | 次の2件 読書記録 教育 ブログトップ