So-net無料ブログ作成
検索選択
読書記録 宗教 ブログトップ
前の2件 | -

「日本人の死はどこへ行ったのか」山折哲雄・島田裕巳 朝日新書 2008年 ②(後半) [読書記録 宗教]

「天皇が存在するから日本の政治がパッとしなくても持っている
 = 政治力学のバランスが取れている」



今回は 4月18日に続いて、山折哲雄さん、島田裕巳さんによる、
「日本人の死はどこへ行ったのか」2回目(後半)の紹介です。




出版社の案内には、

「死後の世界、あの世への関心の高まるいま、話題の宗教学者同士が『死』について語り
 あう。山にかかわる『送り火』、海にまつわる西方浄土などを題材に、自然とともにあ
 る日本人の死生観を解きほぐし、死との向き合い方を考える。 」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「日本 - 平和のリズム と 戦乱のリズム」


・「少ないコストで日本の社会を安定させている重要な主軸が象徴天皇制」


・「共に死ぬと言うこと 無常観の共有」


・「福沢諭吉路線からの転換を!(脱上昇志向と脱平等思想)」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「日本人の死はどこへ行ったのか」山折哲雄・島田裕巳 朝日新書 2008年 ②(後半)

1.JPG

◇日本人の死(2)

□日蓮という体系的な思想家 

 天台の教学に依拠して体系的思想『守護国家論』


 日蓮迫害の理由-外圧と内乱

迫害を受けることでその迫害を逆に正当化する論理



□日蓮宗の太陽信仰 日の出信仰

 野心 → 1930年代の北一輝,石原完爾の日蓮主義


 創価学会には 無常観がない = 弱者,敗者,劣者に対する共感がない
                 勝負主義 



□隠されてしまった血の犠牲  

 自己犠牲 - リンカーン

玉虫厨子に自己犠牲のモチーフ(捨身飼虎)



□自己犠牲には二つの流れがある 

 マイルドと過激


 日本の神仏共存 平安の350年 と 江戸の250年

日本 - 平和のリズム と 戦乱のリズム

 710年(平和)

 1192年(戦乱)

 1603年(平和)

 1867年(戦乱)

 1945年(平和)


 明治維新 - 国家神道革命の側面 

 1930年代は日蓮主義国家革命

国家神道と日蓮主義




□伝統的集団主義の二つの側面

 天皇が存在するから日本の政治がパッとしなくても持っている
 
 = 政治力学のバランスが取れている 



□宗教的な権威を担保する大嘗祭

 米国・ワシントン 
  権威と権力の二本立て 

  国立ワシントン大聖堂


 少ないコストで日本の社会を安定させている重要な主軸が象徴天皇制








◇死ぬ覚悟と無常観

□すべてを貫く生き残りという戦略
    
 21世紀は大災害と道徳的退廃の世紀(山折)


 タイタニック ~ 自分たちだけが生き残る




□共に死ぬと言うこと

 無常観の共有  




□死なないことを前提とした考え方の流布




□死ぬ覚悟と軍国主義

「神の加護」と「死の谷を歩く」 
  9.11ブッシュが旧約聖書から引用

世界平和路線 → 新約聖書からの引用 を持ち出す

戦争     → 旧約聖書からの引用



□旧約聖書に匹敵する強い言葉 

 オウム→サバイバルの方向



□ハリー・ポッターの死ぬ覚悟



□死ぬ覚悟・無常観と非暴力主義

 明治天皇 ~ 専制君主的役割


 福沢諭吉路線からの転換を!(脱上昇志向と脱平等思想)



□一神教に基づく民主主義と多神教に基づく民主主義

 イスラム金融 - シャリーアに適法かどうか判断して投資している
          
 = 法学者が決める体制


 明治期:渋澤栄一の「論語ソロバン主義」







◇浄土はあるのか

□浄土はあるのかないのか?

 往生 ~ イメージの中の往生



□浄土信仰にある西方と十万億土

 西,落日,生命の衰え → 死との繋がり


 インド=西方,十万億土観 ←→ 日本=山中浄土観


 寺田寅彦の「天然の無常観」



□乾いた無常観と湿った無常観

乾                湿

吉田兼好『徒然草』 『平家物語』,鴨長明『方丈記』

都はるみ(市川昭介) 美空ひばり(古賀政男)



□日本人のこころ好きは半端ではない

 世阿弥「初心忘るべからず」 - 無心



□「般若心経」262字 中心は「心」

「無」が21回出現

「無」と「心」



□「やがて死ぬ」という考え方

 モルヒネ的生死と断食的生死



□思う季節 

 思う時間に西行は死んだ

「南無そのまんま」ひろさちや ビジネス社 2007年 ② [読書記録 宗教]

「一億層ザンゲ? → 指導者が責任を取らずに何を?」

責任者をはっきりさせないのが指導者の務めだろうかと思ってしまいます




今回は 12月25日に続いて ひろさちやさんの
「南無そのまんま」の紹介 2回目です



出版社の案内には

「われわれ日本人は如何なる時も、『世間の都合』『国家の都合』『会社の都合』『みんなの
 都合』ばかりを優先的に考えています。しかし、わたしたちの人生は一度限りのもので
 す。その一度しかない人生を、他人の都合に合わせて生きるなんて、おかしいと思いま
 す。人間は生きたいように生きる。自分の都合を優先させて生きる。当然自分の都合を
 押し通せない時もあります。無理に押し通せば社会的制裁を受けることもあります。で
 すが、最初から自分の都合を引っ込めて、世間の都合を優先させる必要は無いのです。
 わたしたちは、常に堂々と自己の都合を主張しましょう。70歳を過ぎた老人が、そん
 なことを考えながら綴りました。」

とあります




今回紹介分 <いまの日本人は畜生の生き方をしている> から強く印象に残った言葉は…

・「マスコミ … 強い者を叩くことなのに弱い者を叩く傾向
  → 宗教のない社会では弱者は常に虐げられる」


・「発言をしない仏教者は宗教者とは言えない」
- 教育者に言い換えても…


・「わたしはこの意見に反対だ。しかし,キミがそうした考えを持つことを私は命にかえ
  ても守ります」
- よい言葉だなあと感じます


・「強者が弱者を支配する道具が道徳である」
- 道徳の教科化 教育基本法の改正等 その真のねらいは?と考えてしまいます





「4つの宗教」の「宗教」を置き換えて考えると… 
 ①ホンモノ(政治 経済 家族 人間 教育…)  
②ニセモノ(政治 経済 家族 人間 教育…)
③インチキ(政治 経済 家族 人間 教育…)
④インポテ宗教(政治 経済 家族 人間 教育…)
- 怖いような おもしろいような




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー






☆「南無そのまんま」ひろさちや ビジネス社 2007年 ②

1.JPG

◇いまの日本人は畜生の生き方をしている

□日本よ墜ちよ 

 戦後 … エコノミックアニマル一本槍

    → 「金 カネ かね」の亡者


 世界銀行の管理下に入ったらすごくよい国に?


 一億層ザンゲ
   → 指導者が責任を取らずに何を?




□「人間」としての生き方を忘れた日本人

 六道輪廻 天界・人間・修羅・餓鬼・地獄


 マスコミ … 強い者を叩くことなのに弱い者を叩く傾向
        
       → 宗教のない社会では弱者は常に虐げられる   




□子どもの世界までゆがんできた

 自民党 ~ 多数決の論理

「例え間違っている子どもでもかばってあげるんだよ」

「間違っている子どもでも決して糾弾してはいけないんだよ」




□「PR(ポリティカル=政治 レリジャス=宗教)型の論理」と「BA型の論理」

 自殺をなくすように努力するのが政治家の役目(P型の論理)


 「さぞ苦しいだろうね」と同情してあげると(R型の論理)


 自殺をしてしまったら
 
  … A型の論理 = 楽になってよかったね と
  



□発言をしない仏教者は宗教者とは言えない 

 枯れるがごとく死んでいける病気が癌
    (放っておけば痛まない)


 ジョン・スチュアート・ミル
  「わたしはこの意見に反対だ。しかし,キミがそうした考えを持つことを私は命にか
   えても守ります」




□日本人は宗教の恐ろしさを知らない

 宗教が人殺しをするのは当たり前 

  - 怖い面を持っている


 4つの宗教 
   ① ホンモノ宗教  人を救う力 = 人を殺す力

② ニセモノ宗教

③ インチキ宗教

④ インポテ宗教 世の中に迎合




□ジハードは聖戦ではない

 イスラム教 
   概念「戦争の家」「平和の家」


 ジハード = まじめな努力 聖なる努力 「正精進」
  



□美学,道徳,クソ喰らえ
    
 道徳,習俗は国によって違うのが当たり前
 
  → 強者が弱者を支配する道具が道徳である
  



□生き甲斐など持つな!             

 サルトル
   実存主義 - 人間は自分で勝手に生きればよい-自由



   制限は? 「アンガージュマン」社会参加

わたしたちは社会のために生きないといけない

? = 世の中の都合に合わせる

↑↓

 宗教は時間や空間を超越している
ホリエモン  美学 → 畜生 → 美学 → 畜生


 1億円を盗まれても…


前の2件 | - 読書記録 宗教 ブログトップ