So-net無料ブログ作成
検索選択
読書記録 宗教 ブログトップ
前の2件 | -

「人生のお荷物を捨てる方法」ひろさちや 青春出版社 2007年 ③(最終) [読書記録 宗教]

「自己責任を国が言うなら年金制度なんてやめてしまえばいい」




今回は 7月29日に続いて ひろさちやさんの
「人生のお荷物を捨てる方法」3回目の紹介 最終です。



ひろさちやさんの本を読むと 悩んでいることが小さく思うことができます。
ほっとしたいとき わたしは ひろさんの本を読みます。



出版社の案内には、


「世間を馬鹿にすると、楽しく生きられます。余計なしがらみを断つ、自分の都合ですべ
 てを決める、本気で働かない。こころの自由を手に入れる、ひろさちやの人生論」


「父として、上司として、老親を抱える子として、多くの荷物を抱えすぎている人は多い。
 世間に合わせて生きなくていい、自分の都合でいい、 その方が自由になれるという、
 ひろさちやの幸福論。」

とあります。




今回紹介分から強く印象にのこった言葉は…

・「一度つぶれるといい国になる」


・「本気で働かなくていい = 正しい契約関係とは何か ← 終身雇用制度の崩壊」


・「今のサラリーマンは会社の奴隷になっているから『忠臣蔵』の四十七士に共感する」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

 ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー















☆「人生のお荷物を捨てる方法」ひろさちや 青春出版社 2007年 ③(最終)

1.JPG

Ⅲ すべて自分の都合でいい

◇お金は自分の事情で勝手にやろう

 お金は「自分の事情」で勝手にやろう



「自己責任」という嘘



 まず国を疑う
   自己責任を国が言うなら年金制度なんてやめてしまえばいい


 
 人生のお荷物を中国と比べると



「国の下宿人」のつもりでちょうどよい  
  日本は企業国家



 一度つぶれるといい国になる



 欧米の「国と国民との関係」






◇本気で働かなくていい

 正しい契約関係とは何か 
  終身雇用制度の崩壊 - リストラの嵐



 国の都合で振り回されるバカバカしさ  
  オイラの都合で



「わたしはどうしたいか」を最優先させる



 武士道は「奴隷道」だった
「社畜」「社奴」 武士道は奴隷道

 今のサラリーマンは会社の奴隷になっているから「忠臣蔵」の四十七士に共感する



 男の子の教育,女の子の教育
「会社と社員は契約関係なんだ」

  「オイラの都合を言おうじゃないか」






◇ひろさちや

 1936年 大阪生 

 東大文哲学科卒 同大学院博士課程修了

 気象大学教授 → 現在大正大学客員教授(出版当時)
          
 宗教思想家 
nice!(157)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「日本人の死はどこへ行ったのか」山折哲雄・島田裕巳 朝日新書 2008年 ②(後半) [読書記録 宗教]

「天皇が存在するから日本の政治がパッとしなくても持っている
 = 政治力学のバランスが取れている」



今回は 4月18日に続いて、山折哲雄さん、島田裕巳さんによる、
「日本人の死はどこへ行ったのか」2回目(後半)の紹介です。




出版社の案内には、

「死後の世界、あの世への関心の高まるいま、話題の宗教学者同士が『死』について語り
 あう。山にかかわる『送り火』、海にまつわる西方浄土などを題材に、自然とともにあ
 る日本人の死生観を解きほぐし、死との向き合い方を考える。 」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「日本 - 平和のリズム と 戦乱のリズム」


・「少ないコストで日本の社会を安定させている重要な主軸が象徴天皇制」


・「共に死ぬと言うこと 無常観の共有」


・「福沢諭吉路線からの転換を!(脱上昇志向と脱平等思想)」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「日本人の死はどこへ行ったのか」山折哲雄・島田裕巳 朝日新書 2008年 ②(後半)

1.JPG

◇日本人の死(2)

□日蓮という体系的な思想家 

 天台の教学に依拠して体系的思想『守護国家論』


 日蓮迫害の理由-外圧と内乱

迫害を受けることでその迫害を逆に正当化する論理



□日蓮宗の太陽信仰 日の出信仰

 野心 → 1930年代の北一輝,石原完爾の日蓮主義


 創価学会には 無常観がない = 弱者,敗者,劣者に対する共感がない
                 勝負主義 



□隠されてしまった血の犠牲  

 自己犠牲 - リンカーン

玉虫厨子に自己犠牲のモチーフ(捨身飼虎)



□自己犠牲には二つの流れがある 

 マイルドと過激


 日本の神仏共存 平安の350年 と 江戸の250年

日本 - 平和のリズム と 戦乱のリズム

 710年(平和)

 1192年(戦乱)

 1603年(平和)

 1867年(戦乱)

 1945年(平和)


 明治維新 - 国家神道革命の側面 

 1930年代は日蓮主義国家革命

国家神道と日蓮主義




□伝統的集団主義の二つの側面

 天皇が存在するから日本の政治がパッとしなくても持っている
 
 = 政治力学のバランスが取れている 



□宗教的な権威を担保する大嘗祭

 米国・ワシントン 
  権威と権力の二本立て 

  国立ワシントン大聖堂


 少ないコストで日本の社会を安定させている重要な主軸が象徴天皇制








◇死ぬ覚悟と無常観

□すべてを貫く生き残りという戦略
    
 21世紀は大災害と道徳的退廃の世紀(山折)


 タイタニック ~ 自分たちだけが生き残る




□共に死ぬと言うこと

 無常観の共有  




□死なないことを前提とした考え方の流布




□死ぬ覚悟と軍国主義

「神の加護」と「死の谷を歩く」 
  9.11ブッシュが旧約聖書から引用

世界平和路線 → 新約聖書からの引用 を持ち出す

戦争     → 旧約聖書からの引用



□旧約聖書に匹敵する強い言葉 

 オウム→サバイバルの方向



□ハリー・ポッターの死ぬ覚悟



□死ぬ覚悟・無常観と非暴力主義

 明治天皇 ~ 専制君主的役割


 福沢諭吉路線からの転換を!(脱上昇志向と脱平等思想)



□一神教に基づく民主主義と多神教に基づく民主主義

 イスラム金融 - シャリーアに適法かどうか判断して投資している
          
 = 法学者が決める体制


 明治期:渋澤栄一の「論語ソロバン主義」







◇浄土はあるのか

□浄土はあるのかないのか?

 往生 ~ イメージの中の往生



□浄土信仰にある西方と十万億土

 西,落日,生命の衰え → 死との繋がり


 インド=西方,十万億土観 ←→ 日本=山中浄土観


 寺田寅彦の「天然の無常観」



□乾いた無常観と湿った無常観

乾                湿

吉田兼好『徒然草』 『平家物語』,鴨長明『方丈記』

都はるみ(市川昭介) 美空ひばり(古賀政男)



□日本人のこころ好きは半端ではない

 世阿弥「初心忘るべからず」 - 無心



□「般若心経」262字 中心は「心」

「無」が21回出現

「無」と「心」



□「やがて死ぬ」という考え方

 モルヒネ的生死と断食的生死



□思う季節 

 思う時間に西行は死んだ
nice!(160)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 宗教 ブログトップ