So-net無料ブログ作成
検索選択
読書記録 郷土 ブログトップ
前の2件 | -

「鳥島漂着物語」小林郁 成山堂書店 2003年 [読書記録 郷土]

今回は、小林郁さんの、
「鳥島漂着物語」を紹介します。

静岡県西部、新居(現在は湖西市)のお話です。


出版社の案内には、

「江戸時代中期に鳥島へ漂着した『遠州人』や『土佐人・長平』たち―。彼らの無人島で
 の暮らしぶりや救出劇を綿密な現地調査に基づき再現する。」

とあります。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「20年が過ぎる」
- 20年間諦めないことに胸が打たれました。


・「吉宗は3人を哀れみ一生安泰にと生涯扶持(一人3人扶持)を命じる」


・「織田作之助『漂流』」
- 小説になっているようです。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
ものづくりのまち 浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品が、 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時には ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー




☆「鳥島漂着物語」小林郁 成山堂書店 2003年

1.JPG

◇二形船鹿丸の遭難

□享保3(1718)年敷知郡新居湊出帆

 鹿丸 千石船 船頭左太夫ほか全9名



生き残りは甚八、仁三郎、平三郎のみ(3名)


 1720年は1月9日より漂流 ~ 1720年3月4日 50日間


 それ以前
  1674 幕府による調査 冨田寿丸

1681 土佐の船二艘 二組7人 破船から船を造り三宅島へ

  1684.10 土佐船 伝馬船で出帆

  1696.10 日向丸 2か月半 → 伝馬船で



□島の風土について

 アホウドリと魚 
  アホウドリ一羽から椀三杯の油  ~灯火


 6~9月は北へ (その間は魚を捕る)



□無人船の漂着と稲作 

 無人船-多くの米俵



□死にゆくものたち  

 自殺者も



□船頭左太夫の死

 → 3人の無人島生活 甚八、仁三郎、平三郎


 神仏への信仰 伊勢神宮・秋葉神社・禅宗



□庄兵衛の談話

 伊豆の権次郎 - 即身仏



□八右衛門の異様な物語

 平三郎の本当の姿は



□20年が過ぎる







◇宮本善八郎の小笠原漂流と鳥島漂流民の救出

□八戸から江戸へ 

 1739.1.13州崎沖の遭難



□ 奇樹と鳥と亀の島々 

 船頭富蔵
  伝馬船を残して本船没 母島と父島か



1735.5.6 3人と出会う



□遠州人側の証言



□鳥島脱出

 二組20人 


 一か月出帆の日を待つ


平三郎が伝馬船を修繕

→ 島を去るにあたりいくつかの道具を残す



□八丈島に上陸

 5月1日 八丈の三根村へ 神湊


 → 温情あふれる取り調べ
 
  「浦手形」海難証明書



□小笠原貞任事件の余波

「無人島については内緒に」 = 探検を命じられるのを恐れた

   ↓

偽証をするよう役人から
   証言には役人による作為



□八丈島から江戸へ

 御用船で本土へ


 5月17日便乗 御赦免28名とともに


 5月22日隅田川河口へ



□将軍吉宗に謁見
      
 吉宗は3人を哀れみ一生安泰にと生涯扶持(一人3人扶持)を命じる



□事件の反響

 松平豊後守資訓の長屋へ

 「時の人」-芝居にまでなる



□郷里への第一報 

 第一報5月16日 八丈島滞在中



□「メッポウ島」について

 飛騨・三島勘左衛門(1749-1832)
  「伊豆七島風土便覧」父親看病のため新島へ


 メッポウ島 = メッポウ遠い島



□懐かしき新居の風 

 厚遇 - かご 

 6月17日江戸出発 → 6月24日 無事帰郷



□遠州人たちの晩年

「新居町方流録」6月24日から死に至るまで毎日扶持米支給


 平三郎 就職を願い出たが聞き届けられず



織田作之助『漂流』

 1740.11 甚八病死

 1741.8  仁三郎 死亡

 1750  平三郎 死亡 → 末裔 佐原孝征氏 
   


□宮本善八郎船乗組員の消息

 自由な身に
nice!(158)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「土のいろ」集成 第八巻 75~83号 1981年 ②(後半) [読書記録 郷土]

今回は 3月24日に続いて遠州地域の郷土雑誌の復刻である 
「土のいろ集成」第八巻の紹介 2回目(後半)です。



かつて郷土の出版社「ひくまの出版」から出されていました。


柳田国男の民俗研究に連動して生まれた全国に広まった郷土誌の発刊。
遠州地方では『土のいろ』が知られています。
今回紹介するのは、昭和7年から昭和8年、およそ80年前以上前のものです。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「 9月9日の節句は祝わなくなった」
- 重陽の節句を祝わないようになったとのことですが、
  このような伝説は各地に残っています。


・「他の古戦場 ・白須賀の潮見坂・入出の宇津山・井伊谷・三嶽・大平・三方原等」
- 「井伊谷」(大河ドラマで知られるようになった)が入っていますね。


・「『土のいろ』…大正13年1月26日 宮殿下御婚儀に発刊 
 浜松子供協会 民俗学資料蒐集・研究主眼」


・「『古の時,和地・祝田・都田三村のまぐさ場たり。故に三方原という』
 『箕形から箕方原といったが,合戦の後敵の味方原』」
- 三方原の合戦で知られる三方原の謂われですが、いろいろありそうです。



『土のいろ』 

本を開いているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
全国各地に郷土誌運動が盛んだったと言われています。



昭和15年 戦争の影響により年2回の発行となったことが分かります。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー






☆「土のいろ」集成 第八巻 75~83号 1981年 ②(後半)

1.jpg

◇第15巻第3号 通刊77号 昭和13年8月 交通
  
□浜名湖を中心とせる水陸交通の歴史地理的研究 

 武士の農民支配強化が交通を発達 太田文平





◇第15巻第4号 通刊78号 昭和13年10月 
  
□佐久城主堀川城物語 

佐久城-浜名氏 


○浜名氏家臣に裏切り者 → 家康浜松に          


○鹿島 → 池田 → 妙恩寺 → 入城 


○浜松城主退城

 永禄11年 明け渡し


○堀川城 
  堀江城主・大沢氏と共に武田方へ

永禄12年3月27日 攻防戦 対家康

徳川軍16人討ち死に 700余命捕虜
9月9日 斬られて獄門

    気賀地方

9月9日の節句は祝わなくなった
    


□他の古戦場 
 ・白須賀の潮見坂 

 ・入出の宇津山

・井伊谷

 ・三嶽

 ・大平

 ・三方原等
  


□初山龍文坊と祥統和尚  近藤用一 

 遠州黄檗史 正一位 初山龍文和尚








◇第15巻第5号 通刊79号  昭和13年12月
  
□我が国紡績史に見えた遠江 中村精 

○二俣紡績 

 明治16,17年 品質が悪く明治26年解散

 大資本不足→水路埋め立て
    
○岡田良一郎,竹山謙三(長上村),堀内五郎(長野村) 
  


□「土のいろ」十五年回顧 岡眞萩 

○大正13年1月26日 宮殿下御婚儀に発刊 
                
 浜松子供協会 民俗学資料蒐集・研究主眼



□遠江絵画史 中道朔爾







≪戦時体制 年2回≫

◇第16巻第1号 通刊80号 昭和14年4月
  
□演劇に見えたる遠江 渥美静一  
 
 遠江が出る演目 

 酒井の太鼓 - 現在見付小学校



□遠江郷土カルタ







◇第16巻第2号 通刊81号 昭和14年8月
  
□謡曲に見えたる遠江 相良常明
  


□幕末外艦トライに付沿海諸藩に対する通牒書 増田又右衛門  



□仮字庭訓 故人 八木美庸挨







◇第17巻第1号 通刊82号 昭和15年5月
  
□三方原開拓史 富田準作 

「古の時,和地・祝田・都田三村のまぐさ場たり。故に三方原という」


「箕形から箕方原といったが,合戦の後敵の味方原」
   

○入り会いの争い絶えず
   入り会い村 108 → 138か村
    

○正徳年間

 駿府豪商 松本新右衛門


○明治2年 

 旧藩士族 - 気賀林,横田保 が 「百里園」



□ひらてんさま  渥美実

○平手堅物汎秀の碑(平手長政)

信長の命 - 家康援軍 → 三方原後に戦死

鴨江村・伊場村の間にびってんさま
  

○遠江伝説カルタ 浜松子ども協会
     
 ひ 「燈ともし山の功名の噺」 
    浜松北部・燈ともし山の伝説 








◇第17巻第2号 通刊83号 昭和15年9月
  
□浜松地方の気候概況 大竹玄吾 

○気候とは 
 
 ・短時間-天候 

 ・日々の天候-天気

○気候 - 「 気象 + 土地に結び付いたもの(気象学と地理学) 」


○気候要素

気候因子
 (1)天文的因子
    緯度 
              
 (2)地理的因子
海抜,水陸分布,海岸距離,地形,土質,土地の裸被

(3)気象的因子 
卓越風,海流

nice!(160)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 郷土 ブログトップ