So-net無料ブログ作成
検索選択
読書記録 歴史 ブログトップ
前の2件 | -

「日本文化史研究(上)」内藤湖南 講談社学術文庫 1976年 [読書記録 歴史]

今回は 内藤湖南さんの
「日本文化史研究(上)」を紹介します。


出版社の案内には

「日本文化は、中国文化圏の中にあって、中国文化の強い影響を受けながらも、日本独自
 の文化を形成してきた。著者の日本文化を見る視点は、1つは中国の歴史の専門家とし
 て、もう1つは、日本人としての立場から、その本質をするどく洞察する。また、歴史
 への考察はもとより、書道・水墨画など幅広く日本文化を論じ、歴史家としての知識と
 その見透しの確かさ、秀れた芸術家としての資性との融合から生れた日本文化論の名著
 (全2巻)。」

とあります。




今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「文化の基礎  智識 道徳 趣味」


・「平安朝 仏教が神社占領
鎌倉期 武家が寺社領地占領」


・「神社  中古 - 保護者がいなくなり → 氏子」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆「日本文化史研究(上)」内藤湖南 講談社学術文庫 1976年

1.JPG

◇序文 日本文化とは何ぞや

□文化の基礎  
 ○智識 
 ○道徳 
 ○趣味



□日本文化   
 ただ文化になるべき成分があったところへ、他の国の文化によって、だんだんそれが寄
せられてきて、ついに日本文化という一つの形をなした

 東洋文化はシナ中心






◇日本上古史

□大和 - 大委 - 倭

 太子の時代まで、委、倭が使われた






◇近畿地方の神社

□京都北部全体 

 出雲氏 → 小野氏 → 加茂氏



□寺から神社の侵略 

 比叡山-日枝神社

 平安朝 仏教が神社占領

 鎌倉期 武家が寺社領地占領

   ・平家-弁財天 

     ・源氏-八幡様



□神社 

 記録のない時代の補いをつけることができる



□外国から来た神   

 伴信友「蕃神考」 
   京都平野神社の研究



□神社  

 中古 - 保護者がいなくなり → 氏子



□兵主神社 

 シナから



□天照大神






◇飛鳥朝のシナ文化編入

□「十七条憲法」



□経書  

 書経 詩経 周礼 左伝 論語 漢詩外伝



□史書  

 史記 漢書 後漢書



□書誌類 

 老子 管子 韓非子 孫子 等






◇内藤湖南

 1866年 秋田生 

 秋田師範 → 小学校訓導 →「日本人」「大阪朝日新聞」記者 → 京都帝国大学教授
    
東洋史学 
nice!(149)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「AERA MOOK 古代史がわかる」朝日新聞社 2002年 [読書記録 歴史]

今回は アエラムック
「古代史がわかる」を紹介します


豊富な写真や絵図により
古代の歴史への想像を楽しむことができる本です




今回紹介分から 強く印象に残った言葉は

・「邪馬台国以外にも多くの国=29か国ほどの緩やかな政治連合 → 卑弥呼の共立」


・「対立 南方に狗奴国(考古学的には東海を推定)」
- 「狗奴国は袋井市にあった」と久野さん(知人)は力説していましたが…







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまち 浜松
 山田卓司さんのすばらしい作品が 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください

浜松ジオラマファクトリー











☆「AERA MOOK 古代史がわかる」朝日新聞社 2002年

1.JPG

◇古代史への誘い 門脇禎二
 
 日本列島に多数あった王国と独自の文化
  古墳時代のキーワード 
     ① 地域王国 

     ② ヤマト王国                              
     ③ 交流
     それぞれの交流



 大古墳は民族形成進展の証か



 マンガのイメージとは違う蘇我氏
6世紀初 
   継体天皇 - ラホト王は地域王国のより自立する道を

    ∥

   筑紫の磐井との武力決戦
欽明朝 - 蘇我氏の主導の下,出雲王国への強圧

地域 ・ヤマト朝廷からの軍勢・官人の進駐

        ・大和への貢納や強いられた旅



飛鳥時代:文化創造の時代



 注目させる国際性と民族的文化






◇倭国乱は政治の混迷  寺澤薫

 卑弥呼共立は3世紀初めか



 イト国の王こそ「倭国王」
   イト王国 - 2世紀後半,後ろ盾をなくした



 纒向遺跡に卑弥呼のいた可能性 
   ヤマト王権最初の王都

イト王国 → ヤマト国内へ権力の転換



 壮大な政治的談合






◇邪馬台国論の今  鈴木靖民

 北は秋田から南はジャワ島まで



 邪馬台国以外にも多くの国
29か国ほどの緩やかな政治連合 卑弥呼の共立

↑↓

対立 南方に狗奴国(考古学的には東海を推定)



 鉄の交易を独占していた王権



 倭にあった階層社会 「大人」と「下戸」と「生口」






◇狗奴国の研究  赤塚次郎

 カリスマの象徴・墳丘墓
二世紀後半(弥生時代終わり) - 墳丘墓の巨大化

   邪馬台国は墳丘墓の時代



 狗奴が広がる時代
三世紀前半 前方後円墳地域

  前方後方墳地域 - 東海系文化



 狗奴国との構想
伊勢湾沿岸部の狗奴国
nice!(215)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 歴史 ブログトップ