So-net無料ブログ作成
検索選択

21世紀に伝えたいこと② [読書記録 一般]

今回は 6月13日に続いて、出典は不明なのですが、
「21世紀に伝えたいこと」②を紹介します。


松井孝典さん、佐倉統さん、美輪明宏さん、有馬朗人 さん、鎌田東二さんの
「21世紀に伝えたいこと」です。



今回紹介文から強く印象に残った言葉は…

・「21世紀を生きる知恵  = レンタルの思想」


・「本当の意味のインテリになって欲しい - 知性を身につけて真理を見極める人に」


・「太陽バッテリー ロボット → 倫理遵守」


・「神道の感覚 - サムシング・グレートに対する畏れと敬い」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。
浜松ジオラマファクトリー





☆21世紀に伝えたいこと②


◇松井孝典(東大助教授)
  
□21世紀を生きる知恵 

 = レンタルの思想

人間圏 年鑑消費・穀物換算で約一トン



地球が支えられるのはせいぜい数百億年
   
         ↑

□所有の問題

 →レンタルの思想
 





◇佐倉統
  
□文化の脊椎動物はすでに出現しているのか?

 「古書巡礼」 品川力著


 遺伝子とミーム(文化)情報の自己複製子


 文化と生物






◇美輪明宏 
  
□滅ぶべきものと護るべきもの

 音楽の優美 魂のエレガンス


 美なるものの永却
  本当の意味のインテリになって欲しい - 知性を身につけて真理を見極める人に


□美学と哲学の新世紀

「宗教で商売するのはやめよ」






◇有馬朗人 
  
□来るべき科学・来るべき技術
 
 科学技術という言葉 
  = 科学と技術 
    科学を楽しむ 技術の美しさ

            ↓

21世紀は生物の世界 生命の起源・脳の構造

技術 
太陽バッテリー ロボット → 倫理遵守







◇鎌田東二
  
□祭りの未来と「神道の感覚」の変容

 大神山と三輪山 

  山 - 木と石と土と水

「× そのものの中に何かある」
    

 神道の感覚
 - サムシング・グレートに対する畏れと敬い
   「恐み恐みも日す」


 月面宙返り講 
  - 御神体~御霊代(みたましろ)

   二見浦 御神体は岩の間の朝日

1961年 ソ連 ソユーズ1号のガガーリン
「地球は青かった。宇宙のどこを見渡しても神はいなかった。」



 ケネディが反発
対 唯物論的イデオロギー



宇宙開発戦争 
  ・軍事的優位性
・神の存在



地球  この場そのものに何かある


 巡行祭・本殿遷座祭・奉祝祭り - 祭りの伝承と創造

nice!(135)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

東井義雄さんの言葉 35「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ② [読書記録 教育]

「伸びたがっているのは草や木ばかりではありません。本当はいい子になりたがって
 いるのではないでしょうか。」


子供達と接していると「伸びたがっている」心を感じます。





今回は 6月 9日に続いて、  
東井義雄さんの東井義雄さんの言葉35「どの子も必ず救われる」の紹介です。





今回紹介文から特に印象に残る言葉は…

・「繁栄=フグ ~ 毒をうまく取り除けばたいへんおいしい」
- 豊かではなかったからこそ得られた大切なものがあったということを このごろ感じ
 ます。


・「人間は人間に育つとは限らない。五千通りの可能性がある。」


・「人間も本当は命の光を輝かせたがっている」

・「伸びたがっているのは草や木ばかりではありません。本当はいい子になりたがっ
  ているのではないでしょうか。」


伸びたがっている子供達の心をうまくつかみ、上手に火を点ける
-指導者に必要なことです。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー


 



☆東井義雄さんの言葉 35「どの子も必ず救われる 私の家庭教育論」 東井義雄 明治図書 1983年 ②

1.jpg

□欲望の充足が幸せであるか?

 繁栄 = フグ

 ~ 毒をうまく取り除けばたいへんおいしい



 繁栄の毒とは?
人間が欲望の奴隷に成り下がること-人間の弱さ


 「心のプリズム」(朝日新聞)
サル欲望の恐ろしい実験
麻薬実験  
    → サルは欲望の充足を求めてその生命を使い果たして自壊


 サルは戦後の日本人の姿
快適さ便利さ快感・快楽の奴隷に成り下がった
すぐ後ろに「七びの淵」人間の弱さの証明
 





□人間というもの 

 島秋人『遺愛集』(東京美術)
   反省の死刑囚



 東昇(京大名誉教授・電子顕微鏡)
『生命の深奥を考える』(柏樹社)

  「人間は人間に育つとは限らない。五千通りの可能性がある。」






□みんな一生懸命生きている

 埼玉県 林芳和先生 

 松崎移翠『みみずの唄』 

 横山義雄『泥蛙』

 坂村真民






□人間だって本当は

 人間も本当は命の光を輝かせたがっている

 町田知子『十七歳のオルゴール』(柏樹社)

『いまわたしは風になる』(柏樹社)
障害という圧迫があるために逆に人間本来の碧血が沸騰して、我々を見事に圧倒して
 いる






□ある女子中学生の手紙

 伸びたがっているのは草や木ばかりではありません。本当はいい子になりたがって
いるのではないでしょうか。



nice!(132)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校