So-net無料ブログ作成

「坂東先生の教育講座」坂東義教 テレビ朝日 1978年 ⑩(最終) [読書記録 教育]

今回は、4月17日に続いて、坂東義教さんの
「坂東先生の教育講座」10回目の紹介最終です。


随分前に出版された本ですが、大変勉強になる本です。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「撫でながら叱る効果」


・「よりよい親子関係への近道
  ① 親は愛情正しく表現する
  ② 溺愛や猫かわいがりにならぬこと
  ③ 支配的になりすぎない」
- 八ツ塚実さんの言葉「見くびらず買いかぶらず」と同様のことですね。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「坂東先生の教育講座」坂東義教 テレビ朝日 1978 ⑩(最終)

1.jpg

◇心からありがとうが言えますか

□大学生に難しかったこと - 「ありがとう」

 「知るは愛なり」

 「最高の理解こそ無二の愛情」



□相手の心を理解したとき怒りと憎しみは消え去り相手に愛情を感じるもの



□労苦に耐えた母親の話

 - 主人の理解



□感情の行き違った夫婦の話








◇ふれあい

□皮膚と愛情



□愛撫が乳児の死亡率を低めた



□髪でつながる母娘 髪を切ることが母親の愛を失うこと?



□爪切り父さんのこと
                                                                                            □撫でながら叱る効果







◇よりよい親子関係への近道

□まず子供の価値を求めよう 

 ① 親は愛情正しく表現する



□子供の不適応は親の責任

 親の冷たさが不良化の原因



□精神的親子心中      

 ② 溺愛や猫かわいがりにならぬこと



□自分の不安を子供に押しつけるな


□過剰支配の親の盲点 ③ 支配的になりすぎない

nice!(134)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

山本夏彦さんはこんなことを⑮-「完本 文語本」文藝春秋③ [読書記録 一般]

今回は、4月6日に続いて、わたしの要約ノートから、
キーワード「山本夏彦さんはこんなことを」15回目の紹介、
山本夏彦さんの「完本 文語本」③です。




出版社の案内には、

「祖国とは国語である。日本人は文語文を捨てて何を失ったか。明治以来流入した欧米の
 文物は、混乱と活気と迷惑をもたらした。中江兆民、二葉亭四迷、樋口一葉、萩原朔太
 郎、佐藤春夫、中島敦たち諸家の名文を引き、失った父祖の語彙を枚挙し、現代口語文
 の欠点を衝く。 」

とあります。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「(樋口一葉は)萩の舎きっての才女であるのに,貧乏故に下女同然の扱い」


・「今,詩は全く読者を持たない。持たないと詩は難解になる。どうせ読まれないのだか
  らアバンギャルドになることを許される」


・「(谷崎) 口語文の欠点は文末  「です」「だ」しかない」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






☆山本夏彦さんはこんなことを⑮-「完本 文語本」文藝春秋③

1.jpg
 
◇一葉の日記

□樋口一葉 

 文語の中の文語で育ち世間が口語になる寸前に死んだ


 中島歌子の「萩の舎」塾で古典と和歌を学ぶ
萩の舎きっての才女であるのに,貧乏故に下女同然の扱い


 朝日新聞お抱えの記者半井桃水の弟子になる
→ 名は上がったが収入は伴わない

「三文商い」駄菓子と荒物




□昭和20年敗戦までは官庁に文語文と候文



文語文は文と筆者が密接していない
皮膜を隔てている 『文藝春秋』1997.2

 




◇萩原朔太郎

 詩集『永島』昭和9年 晩年


 萩原朔太郎 
   明治19年上州前橋生まれ

父は県立病院副院長 のち開業医


 北原白秋明治18年  室生犀星明治22年  佐藤春夫、芥川龍之介明治25年

          |

 朔太郎は文語臭のない口語の詩を書いた一人者
文語で育ったが世の中は口語の時代に

口語中の口語でありながら文語育ちだから朗誦に耐える



 『永島』では全部文語で表れた
口語自由詩になってこの方,詩は明治の昔あれほどいた読者を失った。


  今,詩は全く読者を持たない

持たないと詩は難解になる。どうせ読まれないのだからアバンギャルドになることを
 許される
                    『文藝春秋』1996.6

 




◇佐藤春夫

 佐藤春夫 
   明治25年生  
   谷崎潤一郎 明治19年生


  佐藤は谷崎の妻に惚れ,別れたいと思っていた矢先なので譲っていいと言ったが何故
 か譲らず。絶交。(大正10年)『秋刀魚の歌』


 昭和5年 9年後に妻を譲る


 晩年になるまで文語を棄てず


 谷崎 → 口語文の欠点は文末  「です」「だ」しかない
↑↓
      文語文 ~  けりにする

            べしにする = 一つとして重ならないようにする

          のみにする

nice!(150)  コメント(1) 
共通テーマ:学校