So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 25 (最終) [読書記録 郷土]

今回は、10月30日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)25回目 最終の紹介となりました。



戦前に女子師範学校の学生さんがまとめた昔話集です。
その努力のおかげで、現在のわたしたちが楽しむことができます。





今回も前回に続き「植物に関する話」です。

 木に関する話が多いのですが、家康さんに関わる伝説が浜松近辺に如何に多いのか、
ということに本書が改めて気付かせてくれました。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー















☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 25(最終)

1.jpg

11 植物の話 続き


(5)雲立の楠 (浜松市)

 浜松市八幡町にある八幡神社の拝殿の左側に、三抱えも四抱えもある大きな楠の木があ
る。


 非常によく茂って、根元には大きな穴が出来ている。そこに「雲立の楠」と刻んだ石が
立っている。


 これは、以前は御旗の楠と言っていたという。


 それは、前九年の役に八幡太郎義家が奥州に向かう途中、この楠の元に源家の旗を建て
て武運長久を祈ったからだといっている。

 それが「雲立の楠」というようになったのは、徳川家康が三方原の合戦に敗れ、この所
に退いて祈願をこめた時、たちまち瑞雲が現れた。それからだという。  
                                  (金原せつ)







(6)小判松 (浜松市)

 市内の刑務所の近くに大きな松があった。

 それが沖を通る船から見ると、小判が一ぱいなっているように見えたというので、小判
松といった。

 現在は無い。(金原せつ)






(5)幡懸松(引佐郡三ケ日町)

 大福寺境内の西北隅に、幡懸松といって、周り二丈(約6.1㍍)余りで、実に千歳の
寿を保ったかと思われる松の木があったが、明治初年に枯死したとか。


 鳳来山の幡教寺(現大福寺の旧名)を現在の地へ移転した時、幡教寺の和尚は開山の故
智にならい、幡を高く投げ上げて占った。


 すると幡は高く舞い上がり、紫の雲につつまれて、はるかに飛んで、堂山のふもとの松
の梢にかかった。


 それで、この松の所に堂答を建立して移転した。


 ここは時の帝の勅願所となり。勅額を賜って幡教寺を改めて、大福寺と号した。
                                 (掘川てる子)






(6)大楠 (引佐郡三ケ日町)

 いつのころに芽生えたのか分からないけれど、五風十雨の恵みをうけ、数知れぬ星霜を
重ね、世にも珍しい大木よ、神木よと、はやされた日比沢の楠は、幹の周り実に五丈一尺
(約15.5㍍)、高さ十二、三間(約22~23㍍)、枝を張ること五畝に及び、根は
四方に広がり、所々に狐の穴等があった。


 冬時は狐が朝早く鳴くこともあり、人々が「楠木様が鳴く」などと言っていた。


 それが不思議にも明治十年、風も凪いだ静かな朝、百雷の一時に落ちるような大音響と
共に、大きな枝(枝とはいえ、なかなか、木の幹にもまさる)が落ちて来たが、その枝の
空洞に巣くつていた朽縄蛇も枝と共にちぎれて落ちた。


 その後の明治21年にも、再び同様の事があったという。


 樹の下に楠木神社、稲荷明神の二社を祀り、毎年2月初午の日を例祭とした。


 上下の旅人の立ち寄る者が多かった。


 昔、薩州侯 (薩摩の殿様)が家臣に三間(約5.4㍍)の槍を横に構えさせ、この木
をへだてて、これを見たが、一向に穂先も石突きも見えなかたという。


 いかに大きかったかがわかる。


 だが、明治23年、商人に買われてその形を断たれた。


 昔、東照権現(家康)がこの空洞に隠れたとか、または忠臣、楠正成はこの所に生まれ
たのだとか、種々の伝説もある。
                                 (掘川てる子)







(7)家康の隠れ松(引佐郡あら玉村・現浜北市)

 浜名郡赤佐村小野の山に石碑のような石が立っていて、松が5、6本生えている所があ
る。


 これは戦国のころ、徳川家康が武田氏と戦って敗れ、浜松へ逃げる途中、ここに隠れて
敵の目をくらましたといわれる。       
                                 (大西とき子)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「物語と夢」井上ひさし 岩波書店 1999年 ② [読書記録 一般]

今回は、11月11日に続いて、井上ひさしさんの
「物語と夢」の紹介2回目です。



出版社の案内には、



「『難しいことをやさしく,やさしいことを深く,深いことを面白く』が信条の“現代の
 戯作者”が,時代をユニークに切り抜いてきた各界の11名と縦横無尽に交わしたやり
 とりの数々.登場するのは,俵万智,ミヒャエル・エンデ,ロジャー・パルバース,黒
 澤明,菅原文太,安野光雅,山口昌男,佐高信,鶴見俊輔,川本三郎,山田詠美の各氏.」




とあります。


今回は要約が過ぎて、組み立てられないところもあるかもしれません。


今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「(忠敬は)西暦1800年 56歳で出発」


・「忠敬は35億のうち半分ぐらいは持ち出し = 15億円以上が持ち出し」


・「忠敬の死が隠された(2、3年) ← 地図の完成を待った(から)?」


・「自分の周りを見ることが一番グローバル」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「物語と夢」井上ひさし 岩波書店 1999年 ②

1.jpg

◇安野光雅 

「伊能忠敬 歩く論理」
       


「四千万歩の男」 
  今のお金で35億円ぐらいの商家



 小説の目的 
  ① 定年後頑張ってほしい

  ② NHKで買いに来ないか


 一度を測る 間重富・高橋至時(麻田剛立の弟子)
「緯度一度 - 地表では何里か」



測ってみよう
直線距離で真北に行くには幕府の力が必要
   <幕府の通行状>


 しかし、幕府は 「船で行け」 → 蝦夷地の地図


 西暦1800年 56歳で出発



 身体が物差し 
   結局歩測 
   
   二間を五歩 → 体に覚え込ませる

  馬糞を踏んづけても…



 海岸線を歩く 
   坂   

   村の人を十間おきにおき、6尺高さに提灯

   海岸線
     干満の中 - 水に入っても

    一町歩いて変化なければでこぼこ消して直線に

   調査4年後 陸奥~越後 地図
 ↑
   将軍「見事だ」



  少し増額


 スチーブンソン「宝島」23億の計算
  海賊頭がもっているはずがない



 忠敬 35億のうち半分ぐらいは持ち出し
= 15億円以上が持ち出し



 地図のない時 
   財産を持ち出してまで地図づくりにのめり込んだ

地形だけが平面図であとの山・人家は見取り図風
(航空写真 + 鳥瞰図)



 国家機密   
   会う人(小説)
  二宮尊徳,間宮林蔵,林子平,高田屋嘉兵衛、最上徳内,菅江真澄


   シーボルト事件
  忠敬の地図 - 4部
①枚目は幕府(紅葉山文庫) ②枚目は至時 ③枚目は自分用 ④枚目は予備
・至時の子景保がシーボルトに
・忠敬の死が隠された(二三年)
地図の完成を待った?



 地図と言葉  
   言葉と実態 言葉だけが増えている

自分の周りを見ることが一番グローバル




nice!(130)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -