So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

「教師の哲学」岬龍一郎 PHP研究所 2003年 ④ [読書記録 教育]

今回は、1月13日に続いて、岬龍一郎さんの、
「教師の哲学」の紹介 4回目です。





出版社の案内には、


「後という言葉も遠くなり、平成も15年になってしまった。振り返れば戦後の日本は文
 字どおり献身的な努力と勤勉なる働きにおいて、この国を廃墟から経済大国へと復興さ
 せた。しかし、その繁栄もつかの間、どこでどう間違ったのか、バブル崩壊後の日本は
 いまだ立ち直れず未曾有の不況にある。中高年はリストラのもとに解雇され、若年層の
 就職率は悪化する一方だ。それにともない、人心は荒廃し世の中にはびこる無節操な倫
 理観の欠如は夢想だにしなかった悪質な犯罪やわけのわからない変質的な事件を生み出
 している。その一方では、もっとも倫理観の強かったはずの教育者、警察官、医療関係
 者といった人びとまでもが常識では考えられないような不祥事を起こしている。こうし
 たモラルの喪失はなぜおこったのか? 本書は、そういった問題の本質にある一因とし
 てあげられる学校の教育者の質の低下を憂い、理想の教師とはどのような人かについて
 とりあげたものである。」


とあります。




今回紹介分(「安岡正篤」さん)から強く印象に残った言葉は…

・「教師とはタネを蒔く仕事である 」


・「身近に師がいない場合は古人に求める」


・「上に立つ者には哲学が必要である」
- 文科大臣、教育長の哲学は…


・「最高の生き方とは
①心に喜神をもつこと  ② 感謝すること  ③ 陰徳を積むこと 」







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆「教師の哲学」岬龍一郎 PHP研究所 2003年 ④

1.gif

◇安岡正篤

□安岡正篤(やすおかまさひろ)

 1898-1983 思想家 大阪生


 昭和2(1927)年 (財)金鶏学院


 昭和6(1931)年  日本農士学校


 東洋思想の研究と後進の育成  昭和24(1949)年 師友会




□教師とはタネを蒔く仕事である

「私淑」




□「歴代総理の指南役」といわれた安岡正篤

 保守体制の思想的支柱


「上に立つ者の精神のあり方」
   広田弘毅、吉田茂、岸信介、佐藤栄作、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘
山口勝郎(全国師友協会事務局長)


「安岡の本領は国家と民族との進むべき方向を指し示すところにあった」



 上に立つ者には哲学が必要である


 首相として安岡最後の弟子 ~ 中曽根康弘

           |

 それ以後、理念や哲学を持った首相はいなくなった

 
 安岡の死 = 明治の精神の死




□安岡教学の神髄

 「王陽明研究」1922(大正11)年 

   誠 「誠は天の道なり」
     

 「人間学の思想」 - 天命 
                                           



□師がいることによって身が引き締まって良いか

 身近に師がいない場合は古人に求める


 安岡のもとに人が集まる
   戦前 金鶏学院 日本農士学校

戦後 郷学研修所 成人教学研修所 全国青年研修会
            

 全国師友協会 照心講座



 「美しき日本人の精神」
   



□一燈照隅・万燈照国

 玉音放送の原文執筆 
   生涯独立不羈(ふき)市井の碩学


 片隅を照らすことから
一隅を照らす 最澄の「山家学生式」

安岡師友会のモットーに「一燈照隅・万燈照国」
   



□「修身斎家治国平天下」 

 戦後の教育は人間を作ってこなかった               


 安岡 「教育の基本は 敬 」 


 人間陶冶の学問
  「まず自分を磨け」

→ この原理原則をないがしろにしたのが戦後教育


 天下の徳は古人の「身を修める」人間形成が基本

「格物・致知・誠意・正心」「修身・斎家・治国・平天下」




「天子よりもって庶民に至るまで、いつにこれみな身を修めるをもって本と為す。その本
 乱れて末(国家)治める者は否ず」



世が良くなるのも悪くなるのもすべて国民一人一人の「修身」にかかっている




□最高の生き方とは

 ① 心に喜神をもつこと
     
 ② 感謝すること
     
 ③ 陰徳を積むこと 






nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

時を超える「おばさん、ありがとう!」  河合敦 (上) <中日新聞 1月15日付> [読書記録 教育]

今回は、中日新聞より、河合敦さんの、
「時を超える『おばさん、ありがとう!』を紹介します。


1月15日付中日新聞「文化」人生のページの記事に目がとまりました。
このごろテレビでよく拝見する河合敦さんの文章があったからです。



新卒で養護学校に勤務していた頃のお話でした。




(上)と記されていますので、(下)の記事を期待してしまいます。





わたしも特別支援(浜松市では発達支援)教育に関わるようになってから、
子どもたちの素直さに多くのことを教わっています。










<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆時を超える「おばさん、ありがとう!」  河合敦 上 <中日新聞 1月15日付>

12.jpeg

 私は今、歴史作家、歴史研究家として活動しているが、もともとは高校の日本史の教員
になるのが夢で、1988年、念願かなって東京都の教員採用試験に合格した。


 翌年4月に配属されたのは町田養護学校(現町田の丘学園)。


 ただ、期待とは裏腹に、そこでは授業で日本史を教えることはかなわなかった。

 それどころか、いきなり高校1年生を受け持った。

 クラスの生徒は全員で10人、担任は3人のチームティーチングだった。

 摂食補助や排泄補助など初めてづくしで、とまどうことばかりの毎日が始まった。



 2年目の春、クラスで小田原(神奈川県)へ遠足に出かけた。この時、私は忘れられない
経験をした。


 昼食に、混み合っている食堂に入ったときのこと。

 年輩の女性店員が注文を取りに来たが、字の読めない生徒が多く、メニューに写真が付
いていないので、なかなか決まらない。


 業を煮やしたのか、店員はプイと向こうへ行ってしまった。忙しいのはわかるが、その
態度に腹が立った。


 ようやく注文が決まり、別の店員に頼んだ。


 待っている間、押し入れの奥に座布団があったので、生徒に配り始めたところ、先刻の
年輩の店員が血相を変えてやってきて「これは使わないでください!」と私からひったく
り、別の場所から持ってきた座布団を投げつけるような乱暴さで生徒たちに渡したのだ。



 さすがに頭に来て、一言いってやろうと口を開きかけたその時、座布団を受け取った勇
太(仮名)が、にっこりと店員に笑いかけて「おばさん、ありがとう!」と言ったのだ。


 
 一瞬、私は体が動かなくなった。


 すると、ほかの生徒たちも「ありがとう!」と言い、言葉を発することができない生徒
は感謝の気持ちを込めて手を合わせている。



 「だれかに、なにかを、してもらったら、ありがとうと、いいなさい」



 それは、私がいつも生徒達に教えていることだった。


 われに返った私は、自分の短気を深く恥じた。


 それまで乱暴な態度をとっていたあの店員も、この言葉を聞いて人が変わったように、
よく世話をしてくれ、生徒たちといろいろと話し、帰り際には見送りにまで出てくれたの
だ。



 勇太の一言が、帰りの列車の発車時間が迫って焦る私や忙しさで苛立っている店員の心
を、一瞬にして正気に立ち返らせてくれたのだ。


 何とこの子たちから学ぶことが多いことか。


 この子たちとともに生きている自分が幸福だと思った。


 そして、この子たちが、心から好きになったのだ。


 この体験を、多くの人に知ってもらいたくて91年、「NTTふれあいトーク大賞」とい
うエッセーの公募に、「おばさん、ありがとう!」と題して出したところ、優秀賞をいた
だいた。

 24歳の時に書いた文章なので拙いものだが、鮮烈な感動は今でもよく覚えており、私
の中では作家活動の出発点となる記念碑的受賞だった。


 しばらく前、民放の「ぶっちゃけ寺」というお坊さんのバラエティー番組に、歴史解説
者として出演させていただいた。


 司会は爆笑問題と阿川佐和子さんだが、実は「NTTふれあいトーク大賞」の選考委員
に、阿川佐和子さんがいた。


 阿川さんに

「あなたのおかげで作家になることができました」

と告白したところ、はじめは奇妙な顔をされていた阿川さんだったが、事情を説明すると、
大変喜んでくださった。



 30年後にこうした日が来るとは、人生というのはつくづく「縁」だなと思う。



◇河合敦(かわいあつし)
 歴史作家、多摩大客員教授。1965年生まれ、東京都出身。
 早稲田大大学院博士課程取得満期退学(日本史専攻)。
 91年郷土史研究賞優秀賞(人物往来社)、2018年雑学文庫大賞(啓文堂書店)を受賞。
 主な著書に『逆転した日本史』(扶桑社新書)、『日本史は逆から学べ』(光文社知恵の
森文庫)など。「世界一受けたい授業」などテレビ出演も多数。
                   
               <中日新聞 1月15日付>
                  
nice!(141)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | -