So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑥ [読書記録 一般]

今回は、1月16日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)6回目の紹介です。



静岡県、郷土の出版社、羽衣出版。
素晴らしい本を出しています。




今回は、「念仏池」「鮎つり」「赤子淵」「瀬戸淵」の話です。 
川や淵の近くで不思議な出来事があったのでしょう。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑥

1.jpg

2 池、淵、泉・井戸などの話 続き

(5)念仏池 (引佐郡三ケ日町只木)

 只木の山のふもとに小さな池がある。

 土地の人は、これを念仏池といって、誰も知らぬ人が無い程の有名な池である。

 昔、この裏山に効験の高い仙人が住んでおられたそうで、この行者がいつも使用してい
たのがこの池である。そのため、この池を土地の人は神の住む池と言うようになった。

 その後、行者はどこかへ姿をかくしてしまったが、この池の不思議は今でも噂となって
いる。

 だれでも池のほとりに立って、南無阿弥陀仏の六字の妙号を唱えると、池の下から不思
議にもたくさんの泡が吹き出して来る。
                               (山本ふみ)






(6)鮎つり (周智郡城西村・現磐田郡佐久間町)

 明治32年ころ、島中の長さという人が、出崎という所のおかぶち(淵)に鮎つりに行
った。


 そこには大きな栗の木があって、長さは夕立のためにその木の下に逃げ込んだ。


 すると長さの前に、7、8歳位の子供が来て、にこにこ笑って立っている。


 長さがどこへ行くのかと聞くと、子供は、にわかにそばへ近付き、長さの足にとっつき、
ずるずると引っ張りはじめた。その子供は年に似合わず大力であった。


 さて、長さは、やらずよ-がなくて(仕方がなく)鮎の腹かき出刃で突こうとした、す
ると、その子供はたちまち水の中に入り、それっきり、かいもく分からなかった。


 それで長さは、鮎釣りはせぬと神にちかった。長さは今なお生きている。
                                  (荒山つる)







(7)赤子淵    (周智郡城西村相月・現磐田郡佐久間町)

 水窪川(切開の地)に赤子淵という淵がある。


 昔、乱世のころ、一族が皆滅ぼされた城主の奥方が、敵の手をのがれて、その淵の辺りまできた時、淵にさえぎられて渡れず、ついに敵に捕らわれた。


 だが、その奥方は、抱いていた子供だけでも敵の手に渡すまいと、やにわに赤子をその淵に投げ込み、自分はついに切られたという。
                                (荒山つる)







(8)瀬戸淵 (磐田郡上阿多古村・現天竜市)

 上阿多古村字阿寺という所に、阿多古川の流れがよどんで、一つの瀬戸淵という淵にな
った所がある。

 今でも水が青黒くよどんで、非常に気味悪い所である。


 昔、ここに大蛇が住んでいた。ある時、蛇取りが来て取ろうとしたが、それが黒い蛇で
あったので、取らずに帰ったという。それで、今なお瀬戸淵には大蛇がいるという。


 また、この瀬戸淵はどんな日照りの時でも、大念仏をしてここへ雨乞いに行けば、必ず
雨が降ったという。                        (鈴木とき)


nice!(143)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

nice! 143

コメント 1

tai-yama

用水路に河童の看板を立てて危険を通告しているのと同じ様な意味合い
もありそうですね。水際に近づく時は気を付けないと・・。
by tai-yama (2018-01-30 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。