So-net無料ブログ作成

キーワード「家庭教育」23(最終)-「小学4・5・6年生の家庭学習法」松原達哉 産心社(4) [読書記録 教育]

今回は、9月28日に続いて、
キーワード「家庭教育」でまとめたもの23回目の紹介 最終です。

主に、松原達哉さんの
「小学4・5・6年生の家庭学習法」の紹介 4回目です。




出版社の案内には、



「本書では、教育心理学の立場から四・五・六年生の各学年の子どもの心身の発達の特徴
 を述べ、学校では大体どんなことを学ぶのか、そして、効果的な家庭学習をするにはど
 のようなことに気をつけたらよいかをのべました。いわば“勉強のさせ方”をのべた本
 です。」




とあります。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「誰かに点検してもらう」
- それを自分で確認する、訂正することがはさらに大切だと思います。


・「重要かそうでないかを判別する力 = 判定」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆キーワード「家庭教育」23(最終)-「小学4・5・6年生の家庭学習法」松原達哉 産心社(4)

1.jpg
 
◇毎日少しずつ

(1)漢字の練習 

   毎日20~30個練習

・前後の文と結びつける

  ・漢字の成り立ちを考える

   → 誰かに点検してもらう



(2)計算の練習 

   時間を決めてできるだけ

    交換法則・分配法則・結合法則



(3)文章の練習 

   毎日テーマを決める
  言葉から連想をする

  言葉を言い換える



(4)暗記の練習 

   早く多く繰り返し

   6原則 
    ① 集中させる

② 意味づけする

③ 反復する

  ④ 時間をかけない

⑤ 多くの感覚知覚



(5)速読の練習

 






◇テストに強くなる

 重要かそうでないかを判別する力 = 判定


 上手なテストの受け方
① 自信を持って

   ② 易しい問題から

   ③ 問題は正確に二回以上読む

   ④ 答えを早く順番を整理してから板書

   ⑤ 誤字脱字に注意

   ⑥ 必ず答案を読み直す

   ⑦ 必ず確かめる




 答案の活用法
① 見直す 
      「間違いは直す」

   ② 一年保存

   ③ 友達と反省しよう

   ④ 表やグラフを作る

 





◇性格にあった勉強法

 ① 社交型の子 

 ② 神経質型の子 

 ③ 依頼心型の子 

 ④ 情緒不安定の子

 ⑤ 劣等感型 

 ⑥ まじめ型の子


nice!(144)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 144

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。