So-net無料ブログ作成

「大遺言 永六輔の今に生きる言葉」永拓実 小学館 2017年 ③(最終) [読書記録 一般]

「生きていることは誰かに借りを作ること。生きていくということはその借りを返してい
 くこと」

- ありがたいことに、亡父からいただいたものにようやく気づく年齢になりました。
  いただいた分だけ子どもたちに返しているのかと考えると恥ずかしくなります。 





今回は、12月26日に続いて、永拓実さんの
「大遺言永六輔の今に生きる言葉」の紹介3回目 最終です。


出版社の案内には、


「著者に何も残さず逝ってしまった祖父。著書と手帳やノート、メモを読み漁り、ゆかり
 の人々を訪ね歩いた。著名人に加え、「命を救われ、すべてを教わった」と泣きながら
 語る若い女性ファンまで、約30人に突撃取材!!祖父について教えてもらったこと。」


とあります。



覚えていたい 永六輔さんの大切な言葉がたくさん載せられています。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「人間関係に順位をつけない。損得を考えずに人とつきあおう。」


・「聞くことは話すことよりずっと難しい。」


・「人間は皆例外の生き方をしている。」


・「辛いことがあっても、笑っている間は気にならない。笑うことは、弱い人にとって武
 器になる。」




今夜は毎年恒例の小中学校有志による1泊2日の忘年会。
20年以上同じ場所、浜名湖畔の民宿に行きます。
男ばかり十数人、大いに話してきます。
1年ぶりに会う人ばかり、楽しみです。


<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「大遺言 永六輔の今に生きる言葉」永拓実 小学館 2017年 ③(最終)

1.jpg

◇他人に見返りを求めない

□尊敬されるよりも愛されることは難しい

 18 人間関係に順位をつけない。損得を考えずに人とつきあおう。
 


□久米さんに「送りっぱなし」と皮肉  

「歩く盗聴器」 
  目を見つめ一緒に笑い、一緒に泣く気持ちがないのなら、聞いていることにはならな
 い。だから、聞くことは話すことよりずっと難しい。

 19 聞くことは話すことよりずっと難しい。
 


□永六輔のイメージは十人十色

 人間は皆例外。一人一人前例の生き方をしている。
  
 20 人間は皆例外の生き方をしている。一対一のつきあいを大事にしよう。
 


□新人への批判ファックスに内緒で反論 

 21「他人のために」は目立たないように引いてやる。その含蓄こそ粋。
 


□「いつもいない存在」がありがたい。 

「自分を叱ってくれる相手は探してでも見付ける。」

 22 自分を叱ってくれる人は探してでも見付けよう
 


□嵐の大野繁さんに助けられた思い出

 23「生きていることは誰かに借りを作ること。生きていくということはその借りを返し
   ていくこと」 


 24 自分で変えられないときは変えてもらえばいい。人間はまだ変われる。

   佐渡島 和太鼓集団「鼓童」
 


□年間4万通ものハガキを書く意味

 1日百枚以上 渥美清 母へ「おれ元気」

 25 分かりやすく伝えようとするが説明はしすぎない。わかりやすさの裏にある言葉の
  複雑さを楽しもう。



□他人の悪口を言う暇がなかった?

 26 他人と比べても仕方がない。他人のことが気になるのは、自分が一生懸命にやって
  いないからだ。



□なぜ一人旅にこだわったのか

 独りでいることは旅をしているということ。旅をするということは出逢いがあること。
  
 27 人から人へとつながっていくというのが旅。一人旅をしていれば出会いがある。








◇老いも病も死も怖くない
 
□永六輔と太宰治の共通点  笑うことの大切さ 

 28 辛いことがあっても、笑っている間は気にならない。笑うことは、弱い人にとって
  武器になる。



□自分の年齢に36億を足して感謝する。

 29 生きているだけで運がいい。何もしなくてもおもしろい。
 


□引退せず、人前に出続けた理由

 30 自分の体を張ってみせる。誰も反対しないようなことをやっても誰も何かやったと
  は思わない。
 


□生を考えるのに最適な場所

 32 宇宙に比べれば人間の生というのは一瞬。死ぬと分かっているのだからやりたいこ
  とをやろう。


 33 死は誰にでも訪れる。本人の納得のいく弔い方で看取ってあげよう。
 


□人の死は一度だけでない

 34 忘れられない限り、その存在が消えることはない。大切な人を心の中で生かし続け
  よう。

 
 35 死に方というのは生き方。人生の最大のテーマはいつ死ぬかどう死ぬかということ。


 36 子どもや孫たちに死というものを教えよう。「死んで見せる」ということが人生最
  後の仕事になる。
nice!(126) 

nice! 126